Excel(エクセル)の関数一覧

Excel関数の一覧

Excel(エクセル)の関数一覧

関数はExcelユーザーのために様々な作業を実行、または手助けしてくれるマシンのようなものです。このページはExcelの関数ライブラリ属性別にまとめた関数の一覧です。

数学/三角

数学関数、三角関数が格納された関数ライブラリです。Excel(エクセル)表計算の基本とも言えるSUM関数、条件を指定して合計するSUMIF、SUMIFS関数や小数点を四捨五入するROUND関数が含まれます。

関数名 使い方
ABS 絶対値を求める
ACOS 逆余弦(アーク・コサイン)を求める
ACOSH 双曲線逆余弦を求める
AGGREGATE 様々な集計を実行。SUBTOTALを拡張した集計関数
ARABIC ローマ数字を数値に変換する
ASIN 逆正弦(アーク・サイン)を求める
ASINH 双曲線逆正弦を求める
ATAN 逆正接(アーク・タンジェント)を求める
ATAN2 x-y座標から逆正接(アーク・タンジェント)を求める
ATANH 双曲線逆正接を求める
BASE 十進数表記をn進数に変換する
CEILING.MATH 数値を最も近い基準値の倍数に切り上げる
COMBIN 総数から抜き取り数を取り出す組み合わせ数を求める
COMBINA 総数から抜き取り数を取り出す組み合わせ数(重複OK)を求める
COS 余弦を求める
COSH 数値の双曲線余弦を求める
COT 角度の余接を求める
COTH 双曲線余接を求める
CSC 角度の余割を求める
CSCH 双曲線余割を求める
DECIMAL n進数表記を十進数に変換する
DEGREES 角度の値を度単位に変換する
EVEN 数値を一番近い偶数に切り上げる
EXP 自然対数の底eのべき乗を求める
FACT 階乗を求める
FACTDOUBLE 二重階乗を求める
FLOOR.MATH 数値を最も近い基準値の倍数に切り下げる
GCD 数値の最大公約数を求める
INT 小数点以下を切り捨て整数を返す
LCM 最小公倍数を求める
LN 自然対数を求める
LOG 指定した数値を底とする対数を求める
LOG10 数値の常用対数を求める
MDETERM 指定した配列の行列式を求める
MINVERSE 指定した配列の逆行列を求める
MMULT 2つの配列の積を求める
MOD 割り算の剰余(あまり)を求める
MROUND 数値を基準値の最も近い倍数に丸める/td>
MULTINOMIAL 多項係数を求める
MUNIT 指定した次元の単位行列を求める
ODD 数値を最も近い奇数に切り上げる
PI 円周率πの近似値を15桁で返す
POWER 数値のべき乗を求める
PRODUCT 複数の数値の積を求める
QUOTIENT 割り算の商を整数で求める
RADIANS 角度をラジアン単位に変換する
RAND 0以上1未満の実数で乱数を発生させる
RANDARRAY ランダムな数値(乱数)の入った配列を返す(365のみ)
RANDBETWEEN 最小値以上最大値以下の乱数を発生させる
ROMAN 数値(アラビア数字)をローマ数字に変換する
ROUND 数値を自由な桁数で四捨五入する
ROUNDDOWN 数値を自由な桁数で切り捨てる
ROUNDUP 数値を自由な桁数で切り上げる
SEC 角度の正割を求める
SECH 数値の双曲線正割を求める
SEQUENCE 連続した数値の配列を作成する(365のみ)
SERIESSUM べき級数を求める
SIGN 数値の符号の正負を調べる
SIN 角度の正弦を求める
SINH 双曲線正弦を求める
SQRT 数値の平方根を求める
SQRTPI 数値を円周率πに掛け、その平方根を求める
SUBTOTAL 様々な種類の集計を実行する
SUM 数値を合計する
SUMIF 同じ条件の値を検索して合計する
SUMIFS 複数の条件で値を検索して合計する
SUMPRODUCT 配列の積を合計する
SUMSQ 平方和(数値の2乗を合計)を求める
SUMX2MY2 2つの配列要素同士の平方差を合計する
SUMX2PY2 2つの配列要素同士の平方和を合計する
SUMXMY2 2つの配列要素の差の平方を合計する
TAN 角度の正接を求める
TANH 双曲線正接を求める
TRUNC 自由な桁数で数値を切り捨てる

検索/行列

データ表を検索して値を取り出す関数、行と列で指定した位置のセルの値を取り出す関数など。よく使われる関数の代表格とも言えるVLOOKUP、その機能を拡張したXLOOKUPが含まれます。

関数名 使い方
ADDRESS 行番号・列番号からセル参照の文字列を返す
AREAS 指定した範囲に含まれる領域数を返す
CHOOSE インデックスで指定した番号の値を返す
COLUMN セルの列番号を求める
COLUMNS 配列に含まれる列数を求める
FIELDVALUE リンクされたデータの種類から一致するすべてのフィールドを返す(365のみ)
FILTER 必要なデータを抽出する(365のみ)
FORMULATEXT セルの数式を文字列で返す
GETPIVOTDATA ピボットテーブルからデータフィールドのデータを取得する
HLOOKUP 範囲を横方向に検索してデータを取り出す
HYPERLINK 指定したリンク先にジャンプするハイパーリンクを作成する
INDEX 指定した行と列の交差セルを返す
INDIRECT 文字列のセル番号やシート名で値を参照する
LOOKUP 検索した値を対応範囲または最終行・列から取り出す
MATCH 検索して条件に合うセルの位置を求める
OFFSET 基準セルから指定した位置のセル範囲を求める
ROW セルの行番号を求める
ROWS 配列に含まれる行数を求める
RTD RTDサーバーからデータを取り出す
SORT データを並べ替える(365のみ)
SORTBY データを複数の基準で並べ替える(365のみ)
TRANSPOSE 行と列を入れ替える
UNIQUE 重複しないデータを抽出する(365のみ)
VLOOKUP 縦方向に検索して値を取り出す
XLOOKUP 縦横両方向で検索して値を取り出す(365のみ)
XMATCH 検索値の相対的な位置を返す(365のみ)

論理

検索関数のVLOOKUPと並んで、よく使われるIF関数が代表する関数ライブラリです。IF、IFS関数は論理式から2つの論理値「TRUE」と「FALSE」を導き出します。エラー値を非表示にできるIFERRORも含まれます。

関数名 使い方
AND 全ての条件を満たした場合TRUEを返す
BYCOL LAMBDA関数(新しい関数の構築)を各列に適用し配列を返す(365のみ)
BYROW LAMBDA関数(新しい関数の構築)を各行に適用し配列を返す(365のみ)
FALSE 論理値のFALSEを表示する
IF 論理式を指定してTRUEとFALSEの2つの結果を導き出す
IFERROR エラーの表示を消す、変える
IFNA エラー値#N/Aの表示をを消す、変える
IFS IF関数を入れ子する複雑な構文をコンパクトにまとめる(2019~、365)
LAMBDA Excel関数で新しい関数を自作できる(365のみ)
LET 数式の計算結果や値に名前を定義して保存する(365のみ)
MAKEARRAY LAMBDA関数で作った数式で個々のセルの値を設定する(365のみ)
MAP LAMBDA関数の引数の範囲を分割し、セルごとの結果をスピルで取得する(365のみ)
NOT 条件に合致していないことを調べる。TRUEならFALSE、FALSEならTRUEが返る
OR どれか条件の一つに合致すればTRUEを返す
REDUCE LAMBDA関数を各値に適用しアキュムレーターに合計値を返すことで配列を累積値に減らす(365のみ)
SCAN LAMBDA関数を各値に適用して配列をスキャンし中間値を持つ配列を返す(365のみ)
SWITCH 複数の値を検索して最初に一致する値に対応する結果を返す(2016~)
TRUE 論理値のTRUEを表示する
XOR 条件に合致する値が奇数ならTRUEを返す

日付/時刻

日・月・年や時刻に係る関数ライブラリです。曜日を求めるWEEKDAY関数、~ヶ月前・後の期日を求めるEDATE、EOMONTH関数など生活や業務で使用頻度の高い関数が格納されています。

関数名 使い方
DATE 年・月・日の数値から日付を求める
DATEDIF 開始日から終了日までの年数・月数・日数を求める
DATESTRING 日付を和暦に変換する
DATEVALUE 日付の文字列からシリアル値を求める
DAY 日付から「日」の数値を取り出す
DAYS 開始日から終了日までの日数を求める
DAYS360 1年を360日として開始日から終了日までの日数を求める
EDATE ~ヶ月後、~ヶ月前の日付を求める
EOMONTH ~ヶ月後、~ヶ月前の月末を求める
HOUR 時刻から「時」の数値を取り出す
ISOWEEKNUM ISO8601方式で日付が同年1月1日の週から何周目かを求める
MINUTE 時刻から「分」の数値を取り出す
MONTH 日付から「月」の数値を取り出す
NETWORKDAYS 土日と祭日を除く開始日から終了日までの日数を求める
NETWORKDAYS.INTL 指定した休日を除く開始日から終了日までの日数を求める
NOW 今日現在の日付と時刻を求める
SECOND 時刻から「秒」の数値を取り出す
TIME 時・分・秒の数値から時刻を求める
TIMEVALUE 時刻を表す文字列から時刻のデータを作る
TODAY 今日現在の日付を求める
WEEKDAY 日付から「曜日」を取り出す
WEEKNUM 日付が同年1月1日の週から何周目かを求める
WORKDAY 開始日から指定した日数を経過した日付を土日と祭日を除いて求める
WORKDAY.INTL 開始日から指定した日数を経過した日付を指定した休日を除いて求める
YEAR 日付から「年」の数値を取り出す
YEARFRAC 開始日から終了日までの期間が一年に占める割合を求める

統計

統計関数のライブラリです。データの個数を数えるCOUNT、COUNTIF、COUNTIFS関数、最大値を求めるMAX関数、最小値を求めるMIN関数はよく使用されます。分散や標準偏差を求める関数も含まれます。

関数名 使い方
AVEDEV 数値を対象に平均偏差を求める
AVERAGE 数値の平均値を求める
AVERAGEA 空白セルを除くデータの平均値を求める
AVERAGEIF 条件を指定して数値の平均値を求める
AVERAGEIFS 複数の条件を指定して数値の平均値を求める
BETA.DIST ベータ分布の確率分布や累積分布を求める
BETA.INV ベータ分布の累積分布の逆関数で計算する
BINOM.DIST 二項分布の確率分布や累積分布を求める
BINOM.DIST.RANGE 二項分布を使った試行の累積確率を求める
BINOM.INV 二項分布の累積確率が基準値以上になる最小値(基準値以下になる最大値)を求める
CHISQ.DIST カイ二乗分布の確率分布や累積分布を求める
CHISQ.DIST.RT カイ二乗分布の右側(上側)確率を求める
CHISQ.INV カイ二乗分布の左側(下側)確率からカイ二乗値を求める
CHISQ.INV.RT カイ二乗分布の右側(上側)確率からカイ二乗値を求める
CHISQ.TEST 実測値と期待値からカイ二乗検定を実行する
CONFIDENCE.NORM 正規分布を利用して母集団に対する信頼区間を求める
CONFIDENCE.T t分布を利用して母集団に対する信頼区間を求める
CORREL 2つの配列の相関係数を求める
COUNT 数値・日付・時刻の個数を数える
COUNTA 空白以外のデータの個数を数える
COUNTBLANC 空白のセルの個数を数える
COUNTIF 検索条件から一致するデータの個数を数える
COUNTIFS 複数条件から一致するデータの個数を数える
COVARIANCE.P 2つの配列から共分散を求める
COVARIANCE.S 2つの配列から不偏共分散を求める
DEVSQ 数値から変動を求める
EXPON.DIST 指数分布の確率密度や累積分布を求める
F.DIST f分布の確率密度や累積分布を求める
F.DIST.RT f分布の右側(上側)確率を求める
F.INV f分布の左側(下側)確率からf値を求める
F.INV.RT f分布の右側(上側)確率からf値を求める
F.TEST f検定を実行する
FISHER フィッシャー変換した値を求める
FISHERINV フィッシャー変換の逆関数を求める
FORECAST.ETS 指数平滑法を使って将来の予測値を求める
FORECAST.ETS.CONFINT 指数平滑法で求めた予測値の信頼区間を求める
FORECAST.ETS.SEASONALITY 指数平滑法で求めた予測値の繰り返しパターンの長さを求める
FORECAST.ETS.STAT 指数平滑法を使った時系列予測の結果に対する統計値を求める
FORECAST.LINEAR 回帰直線を使って予測値を求める
FREQUENCY 度数分布表の区間に含まれる値の個数をカウントする
GAMMA ガンマ関数値を求める
GAMMA.DIST ガンマ分布の確率密度や累積分布を求める
GAMMA.INV ガンマ分布の逆関数を求める
GAMMALN ガンマ関数の自然対数の値を求める
GAMMALN.PRECISE ガンマ関数の自然対数の値を求める
GAUSS 標準正規分布で平均から累積確率を求める
GEOMEAN 数値の相乗平均を求める
GROWTH 指数回帰曲線を使って予測値を求める
HARMEAN 数値の調和平均を求める
HYPGEOM.DIST 超幾何分布の確率分布や累積分布を求める
INTERCEPT 回帰直線の切片を求める
KURT 数値の尖度の推定値を求める
LARGE 範囲の中で大きい方からの順番を求める
LINEST [yの範囲]と[xの範囲]をもとに回帰直線の情報を求める
LOGEST [yの範囲]と[xの範囲]をもとに指数回帰直線の情報を求める
LOGNORM.DIST 対数正規分布の確率密度や累積分布を求める
LOGNORM.INV 累積対数正規分布の逆関数の値を求める
MAX 数値の最大値を求める
MAXA 空白以外のデータの最大値を求める
MAXIFS 複数の条件を満たすデータの最大値を求める
MEDIAN 数値の中央値を求める
MIN 数値の最小値を求める
MINA 空白以外のデータの最小値を求める
MINIFS 複数の条件を満たすデータの最小値を求める
MODE.MULT 数値の複数の最頻値を求める
MODE.SNGL 数値の最頻値を求める
NEGBINOM.DIST 負の二項分布の確率分布や累積分布を求める
NORM.DIST 正規分布の確率密度や累積分布を求める
NORM.INV 累積正規分布の逆関数の値を求める
NORM.S.DIST 標準正規分布の確率密度や累積分布を求める
NORM.S.INV 累積標準正規分布の逆関数の値を求める
PEARSON 2つの配列の相関係数を求める
PERCENTILE.EXC 0%、100%を除く範囲の百分位数を求める
PERCENTILE.INC 0%、100%を含めた範囲の百分位数を求める
PERCENTRANK.EXC 0%、100%を除く範囲の百分率での順位を求める
PERCENTRANK.INC 0%、100%を含めた範囲の百分率での順位を求める
PERMUT 総数から抜き取った値の並べ方が何通りあるかを返す
PERMUTATIONA 総数から抜き取った値の重複も含めた並べ方が何通りあるかを返す
PHI 標準正規分布の確率を求める
POISSON.DIST ポアソン分布の確率分布や累積分布を求める
PROB 下限から上限までの確率の合計を求める
QUARTILE.EXC 0%、100%を除く範囲の四分位数を求める
QUARTILE.INC 0%、100%を含めた範囲の四分位数を求める
RANK.AVG 数値が範囲内で何番目の大きさかを求める。同じ値の場合は平均の順位が返る
RANK.EQ 数値が範囲内で何番目の大きさかを求める
RSQ [yの範囲]と[xの範囲]をもとに回帰直線の決定係数を求める
SKEW 歪度の推定値を求める
SKEW.P 母集団の歪度を求める
SLOPE [yの範囲]と[xの範囲]をもとに回帰直線の傾きを求める
SMALL 範囲の中で小さい方からの順番を求める
STANDARDIZE 標準化変量を求める
STDEV.P 数値で標本標準偏差を求める
STDEV.S 数値で不偏標準偏差を求める
STDEVA データで不偏標準偏差を求める
STDEVPA データで標準偏差を求める
STEYX [yの範囲]と[xの範囲]をもとに回帰直線の標準誤差を求める
T.DIST t分布の確率密度や累積分布を求める
T.DIST.2T t分布の両側確率を求める
T.DIST.RT t分布の右側確率を求める
T.INV t分布の左側確率からt値を求める
T.INV.2T t分布の両側確率からt値を求める
T.TEST t検定を実行する
TREND 重回帰分析を使って予測値を求める
TRIMMEAN 指定した割合のデータを上下から除外して平均値を求める
VAR.P 数値で分散を求める
VAR.S 数値で不偏分散を求める
VARA データで不偏分散を求める
VARPA データで分散を求める
WEIBULL.DIST ワイブル分布の確率密度や累積分布を求める
Z.TEST 正規母集団の平均を検定する

文字列操作

文字列に関連する関数が格納されたライブラリです。文字列の一部を指定した位置から取り出すLEFT、MID、RIGHT関数、文字列を置換するSUBSTITUTE関数、文字列を連結するCONCAT関数などが含まれます。

関数名 使い方
ARRAYTOTEXT 配列を文字列に変換する
ASC 全角文字を半角に変換する
BAHTTEXT 数値をタイの通貨表記の文字列に変換する
CHAR 文字コード(ASCII、JIS)に対応する文字を返す。改行コードでセルの文字列を改行
CLEAN 印刷できない特殊文字・制御文字を削除する
CODE 文字コード(ASCII、JIS)を確認する
CONCAT 複数の文字列を連結する
DOLLAR 数値に通貨記号($)と桁区切り記号を付けて表示する
EXACT 文字列を比較する
FIND 文字列が何文字目にあるか調べる
FINDB 文字列が何バイト目にあるか調べる
FIXED 数値に小数点と桁区切り記号を付ける
JIS 半角文字を全角に変換する
LEFT 文字列の左端から指定文字数分の文字を取り出す
LEFTB 文字列の左端から指定バイト数分の文字を取り出す
LEN 文字列の文字数を求める
LENB 文字列のバイト数を求める
LOWER 英字の大文字を小文字に変換する
MID 指定した位置から指定文字数分の文字を取り出す
MIDB 指定した位置から指定バイト数分の文字を取り出す
NUMBERVALUE 形式の違う数値文字列を通常の数値に変換する
NUMBERSTRING 数値を算用数字から漢数字に変換する
PROPER 英単語の先頭文字だけを大文字にする
REPLACE 文字列の開始位置から指定文字数分の文字を置き換える
REPLACEB 文字列の開始位置から指定バイト数分の文字を置き換える
REPT 文字列を指定した回数で繰り返す
RIGHT 文字列の右端から指定文字数分の文字を取り出す
RIGHTB 文字列の右端から指定バイト数分の文字を取り出す
SEARCH 文字列が何文字目にあるか調べる(ワイルドカードの使用可)
SEARCHB 文字列が何バイト目にあるか調べる(ワイルドカードの使用可)
SUBSTITUTE 文字列を置き換える
T 値が文字列なら文字列を、文字列以外なら空白文字を返す
TEXT 数値を書式記号で文字列に変換する
TEXTJOIN 区切り文字を入れて複数の文字列を連結させる
TRIM 文字列から不要の空白文字を削除する
UNICHAR 文字コード(Unicode)に対応する文字を返す
UNICODE 文字コード(Unicode)を確認する
UPPER 英字の小文字を大文字に変換する
VALUE 日付や時刻などの文字列を数値に変換する
VALUETOTEXT 値を文字列に変換する
YEN 数値に通貨記号(¥)と桁区切り記号を付けて表示する

情報

セルやシートの情報を得たり、エラー値や空白セルがあるか調べたりする関数を格納したライブラリです。文字列にふりがなを振るPHONETIC関数もここに含まれます。

関数名 使い方
CELL 指定したセルの情報を調べる
ERROR.TYPE エラー値の種類を取得する
INFO Excelのバージョンなど操作環境の情報を取得する
ISBLANK 空白セルかどうかを調べる
ISERR エラー値かどうかを調べる(#N/Aを除く)
ISERROR エラー値かどうかを調べる
ISEVEN 対象が偶数ならTRUE、奇数ならFALSEを返す
ISFORMULA 数式かどうかを調べる
ISLOGICAL 論理値かどうかを調べる
ISNA エラー値の#N/Aかどうかを調べる
ISNONTEXT 対象が文字列以外ならTRUE、文字列ならFALSEを返す
ISNUMBER 数値かどうかを調べる
ISODD 対象が奇数ならTRUE、偶数ならFALSEを返す
ISOMITTED LAMBDAの値がないかどうかを調べる(365のみ)
ISREF セル参照かどうかを調べる
ISTEXT 対象が文字列ならTRUE、文字列以外ならFALSEを返す
N 値を数値に変換する
NA #N/Aを表示する
PHONETIC 文字列のふりがなを表示する
SHEET ワークシートのシート番号を調べる
SHEETS 指定した範囲のシート数を調べる
TYPE データの種類を番号で返す

データベース

データベースから指定した条件でデータを抽出したり、抽出したデータで様々な計算をしたりするデータベース関数は、関数名の冒頭が「D」で始まります。平均値、個数、最大値、最小値、分散、標準偏差などを求めます。

関数名 使い方
DAVERAGE 条件を満たすデータの平均を求める
DCOUNT 複数の条件を満たす数値をカウントする
DCOUNTA 複数の条件を満たす空白以外のセルを数える
DGET 条件に合うセルを一つ抽出する
DMAX 条件を満たす最大値を求める
DMIN 条件を満たす最小値を求める
DPRODUCT 条件を満たすデータの積を求める
DSTDEV 条件を指定して不偏標準偏差を求める
DSTDEVP 条件を指定して標準偏差を求める
DSUM 条件を満たすデータの合計を求める
DVAR 条件を指定して不偏分散を求める
DVARP 条件を指定して分散を求める
タイトルとURLをコピーしました