ROW関数の使い方|行番号を取得する

Excel(エクセル)のROW関数の使い方
Excelの一覧

Excel(エクセル)のROW関数の使い方|行番号を取得する

行の番号を求めるROW関数の基本的な使い方から応用までを、できるだけ分かりやすく解説していきます。

使用関数:ROW

ROW(ロウ)関数とは?

ROW(ロウ)は横並びを意味する英語ですが、IT関連では行列で構成される表の行を指します。Excelのシートでは縦に1・2・3・・・が振られた「行」を指します。
Excelの行(ROW)と列(COLUMN)
ROW関数はセルの行番号を返すシンプルな機能で、INDEXやVLOOKUPなど他の関数の引数にネストして使われることの多い関数です。

ROW関数の引数と書式

「数式」→「関数ライブラリ」→「検索/行列」からROWを選択します。
関数ライブラリの「検索/行列」からROWを選択
ROW関数の引数は「参照」だけです。引数を省略すると、選択セルの行番号が返ります。

ROW関数の書式の構成はこうなります。
ROW関数の書式の構成

ROW関数の基本的な使い方

ROW関数の簡単な使用例で機能を確認しましょう。

担任教師を割り振った以下の表から、担当学年を取得します。
ROW関数で担当学年を求める表

引数「参照」

行番号を求めたいセルを参照します。セル範囲を指定した場合は範囲の左上端のセルの行番号が返ります。

この例では担当教師の名前のセルをクリックで指定します。
ROW関数の引数「参照」にセルをクリックして指定

先頭行には列見出しがあるので、数式バーのセル番地の後に「-1」を付けて引き算します。
ROW関数の数式の後に-1を付けて見出し行を引き算する

当該セルの行番号から1を引き算した数値が返りました。
ROW関数で行番号-1が取得された

ROW関数で連番を振る

ROW関数のポピュラーな使い方の一つに、連続した番号を振るというのがあります。簡単で、覚えやすい操作です。

以下の表の「伝票No.」にROW関数で連番を振ってみましょう。
ROW関数で連番を振る表

この操作ではダイアログは使わず、連番を振るセルまたは数式バーに直接「=ROW()」と入力します。連番を振る最初のセルは5行目にあるので、ここから4を引き算するため「=ROW()」に続けて「-4」と入力します。
ROW関数で連番を振るセルまたは数式バーに=ROW()-4と入力

オートフィルコピーして連番を振ります。
ROW関数をオートフィルコピー

表の行を追加・削除しても連番は自動で振り直されます。
ROW関数で振った連番は追加削除しても自動で振り直される

連番を振る操作のもっと詳しい解説は以下の記事にまとめています

自動で入れ替わる連番を振る基本と応用例と行を追加・削除するコツ

ROW関数とINDEX・COLUMN関数を組み合わせて表を分割する応用例

一つの列範囲を幾つかの行列に分割して表を作り変える操作です。INDEX関数の引数にROW関数とCOLUMN関数をネストして実装します。
ROW関数とINDEX・COLUMN関数を組み合わせて表を分割

詳しい手順は以下のページの最終章にあります

INDEX関数の使い方|指定した行と列の交差セルを返す
ExcelのINDEX関数の使い方を初心者にも分かりやすく解説。「配列形式」「セル参照形式」の組み立て、引数の省略とエラーの対処法、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせて複数条件でデータを抽出する使用例、INDEX関数とROW・COL...

ROW以外で行列の情報に係るExcel関数 ADDRESS・COLUMN・COLUMNS・ROWS

COLUMN関数と関わりの深い関数をピックアップしました。

ADDRESS セルの位置を列番号と行番号の文字列で返します
COLUMN セルの列番号を取得します
COLUMNS セル範囲の列数を取得します
ROWS セル範囲の行数を取得します
ROW関数の使い方 まとめ
  • ROWはセルの行番号を求めるシンプルな関数です
  • ROW関数の引数「参照」には行番号を取得したいセルを指定します
  • 「参照」を省略した場合はROW関数が入力されているセルの行番号が返ります
  • ROW関数を使って、行を追加削除しても振り直される連番を振ることができます
  • ROW関数は多くの場合、VLOOKUP、INDEX、COLUMNなど他の関数と組み合わせて使われます
  • ROW以外で行列の情報に係るExcel関数にはADDRESS・COLUMN・COLUMNS・ROWSなどがあります
タイトルとURLをコピーしました