IFNA関数の使い方|#N/Aエラーに対処する

Excel(エクセル)IFNA関数の使い方|#N/Aエラーに対処する
Excelの一覧

Excel(エクセル)IFNA関数の使い方|#N/Aエラーに対処する

使用関数:IFNA

IFNA(ノン・アプリカブルまたはイフ・エヌエー)関数とは?

NAはNon applicableの略語で、「当てはまるものがない」を意味します。Excelを操作すると必ず出くわす#N/Aは返すべき値がない場合に出現するエラーです。
IFNAは、この#N/Aエラーだけに特化して対処する関数です。IFNA関数はExcel2013から追加されました。

IFNA関数とIFERROR関数の違い

Excelのエラー値には色々な種類があります。IFNA関数は#N/Aだけに対処しますが、IFERRORは指定した値が#DIV/0!、#N/A、#VALUE!、#NAME?、#NULL!、#REF!、#NUM!のどのエラー値であっても対処します。

そうであれば、IFERRORだけでIFNAは不要なんじゃないかと思うかもしれませんが、IFERRORだとエラーの正体が分かりにくいデメリットがあります。

下図はVLOOKUP関数でよくあるエラー2つを比較しています。
上のエラーは列番号の指定間違いで参照エラーの#REF!が返っています。下は検索値の未入力で#N/Aが返っています。
VLOOKUP関数でよくあるエラー2つを比較
IFERRORでは両方同じ値「エラー」が表示されましたが、IFNAでは#REF!はそのまま、#N/Aだけに「見つかりません」と表示されました。この表示で未入力や検索値の誤記入など、エラーの要因を特定しやすくなります。

IFNA関数の引数と書式

「数式」タブ「関数ライブラリ」→「論理」→ IFNAをクリックします。
「関数ライブラリ」→「論理」→IFNA
IFNA関数の引数は「値」、「NAの場合の値」です。

IFNA関数の書式の構成はこうなります。
IFNA関数の書式の構成

IFNA関数の基本的な使い方

では、実際にIFNA関数を使ってみましょう。

前章で使ったVLOOKUPの数式で、IFNAの引数の指定を確認していきます。顧客コードから会社名を引き出す単純な表です。
IFNA関数でVLOOKUPのエラーを処理する表

第一引数「値」の指定

#N/Aエラーかどうかの判定の対象となるセルを参照するか、判定の対象を割り出す数式を入力します。

この例では、VLOOKUP関数の数式をペーストします。
IFNA関数の引数「値」にVLOOKUP関数の数式をペースト

第二引数「NAの場合の値」の指定

#N/Aエラーだった場合の値を文字列や数値で入力します。
この例では、文字列で”見つかりません”と入力します。
IFNA関数の引数「NAの場合の値」に文字列で"見つかりません"と入力

#N/Aエラーと判定されたセルに「見つかりません」と表示されました。
IFNA関数で#N/Aエラーのセルに文字列が表示された

IFNA関数の使い方 まとめ
  • IFNA関数は#N/Aエラーだけに対処する関数です
  • IFNA関数はExcel2013から装備された関数です
  • 全エラーを対象にしたIFERROR関数がありますが、IFNA関数は#N/Aだけに特化することでエラーの要因を特定しやすくできます。
  • IFNA関数の引数は「値」と「NAの場合の値」の2つです

Excelのエラー一覧

エラー値を知って、Excelを使いこなそう!
エラー表示 読み方 エラーの意味と原因
#DIV/0! ディバイド‐パイ‐ゼロ 0除算エラー。ある数値を0で割り算した時に表示されるエラー。Excelでは0、空白が除数になると#DIV/0!が返る
#VALUE! バリュー 数式に入力した(または参照した)値の形式が間違っている時に表示されるエラー
#N/A ノー・アサイン VLOOKUP・XLOOKUPなどの検索関数で検索値が見つからない時に表示されるエラー
#REF! リファレンス 数式での参照が正しくない、参照するセル範囲が無効である時に表示されるエラー
#NAME? ネーム 関数名や参照したセルやセル範囲に定義された名前が無効である時に表示されるエラー
#NUM! ナンバー 数式に入力(または参照)されている数値が無効である時に表示されるエラー
#NULL! ヌル 半角スペース(参照演算子)で指定した複数の範囲に共通部分がない時に表示されるエラー
#スピル!(#SPILL!) スピル 複数の結果を一括で表示できるスピル機能を妨げる不具合がある時に表示されるエラー ※Microsoft365(旧Office365)、Excel2019、2021対応
記号文字 読み方 詳細
#### ナンバーサイン 日付のセルにマイナスの数値を入力、または桁数の多い数値を入力した時に表示される。俗にシャープシャープとも呼ばれる
nE+n n掛ける10のn乗 Excelで大きすぎる・小さすぎる数値を入力、または12桁以上の数値を入力した時に表示される。指数表示
緑の三角マーク エラーインジケーター セルの右上に表示。セルにエラー値ではなく、入力値や数式の結果が表示されている場合はエラーの可能性を意味する
エラー処理の関数 読み方 詳細
IFNA関数 イフ・エヌ・エー VLOOKUP・XLOOKUPなどの検索関数で検索値が未入力の場合に#N/Aエラーを指定した値に置き換える
IFERROR関数 イフ・エラー 未入力から発生するようなエラーを指定した値に置き換える
ISERROR関数 イズ・エラー エラー値かどうかを判定し、論理値(TRUE・FALSE)で返す ※Excel2003以前のバージョンでIFERRORの代替で使われる事が多い
\ この記事をシェアする /
タイトルとURLをコピーしました