Excel(エクセル)で足し算するSUM(サム)関数の使い方|数値の合計

Excel(エクセル)SUM(サム)関数の使い方|数値の合計

Excel(エクセル)で足し算するSUM(サム)関数の使い方|数値の合計

使用関数:SUM

Excel関数一覧

SUM関数は足し算をする関数で、Excel(エクセル)の集計機能の基本です。
初心者が表計算で最初に実行するのは、おそらく「合計」でしょう。数値を正確に素早く足し算するSUM関数の使い方と初歩的な応用を解説します。

SUM関数の構成|条件はシンプル

SUM関数の条件となる引数は「合計するセル範囲」だけ。実にシンプルな構成です。
SUM関数の構成

オートSUMは自動で足し算する機能

ただ規則的に並んだ数値を足し算するだけならSUM関数で数式を組み立てることはありません。Excel(エクセル)にはボタン一つで瞬時に自動で集計を行う機能「オートSUM」があります。

自動の集計機能オートSUMはよく使うので「数式」タブの右端「関数ライブラリ」にあるボタンの他、「ホーム」タブの「編集」グループにもあります。
数式タブとホームタブにある自動の集計機能オートSUMのボタン

操作はとても簡単。足し算したい表データの「合計値」が入るセルを選択して、オートSUMをクリックするだけです。
オートSUMは自動で集計する範囲を推測し、破線が範囲の周囲を回ります。
「合計値」が入るセルを選択して、オートSUMをクリック
自分が足し算したい範囲であることを確認したらEnterを押して決定。集計結果が表示されます。
合計セルにオートSUMの結果が表示された

オートSUMが自動で指定した範囲を修正するには?

オートSUMは集計する範囲を自動で推測してくれますが、間違うこともあります。
オートSUMが間違った範囲を指定

こんな時は、破線が選択範囲を回っている状態で、適正な範囲をドラッグして指定し直します。
適正な範囲をドラッグして指定

離れたセル、飛び飛びのセル範囲を指定するには?

オートSUMで離れたセル範囲、飛び飛びのセルを指定することもできます。SUM関数の集計から除外したい列やセルがある場合などに役立ちます。

例として、下図のように「パスタ」と「ドリンク」の総計を求めてみます。それぞれ4行目と7行目にデータがあるので、5・6行目のデータを除いて範囲指定します。
オートSUMをクリックすると、範囲が選択されます。
離れたセル範囲の総計を求めるセルを選択してオートSUMをクリック

集計する最初の範囲をドラッグで指定します。
オートSUMで集計する最初の範囲をドラッグで指定
続いて、Ctrlキーを押しながら、離れたセル範囲をドラッグして指定します。
Ctrlキーを押しながら、離れたセル範囲をドラッグして指定
Enterを押すと、総計が求められました。
オートSUMで離れたセル範囲が足し算された

Ctrlキーを押しながらセルをクリックしていけば、下図のように飛び飛びになったセルの足し算もできます。
Ctrlキーを押しながらセルをクリックして飛び飛びになったセルを足し算

小計・合計・総計をオートSUMは一発で集計できる

列ごと、行ごとに小計・合計の欄があり、その列と行が交わった角のセルに総計を入れるデータ表では、小計・合計・総計のすべてをオートSUM一発で集計できます。
小計・合計・総計の欄があるクロス表
小計・合計・総計の数値が入るセル範囲も含めて、データ範囲をすべて選択します。
小計・合計・総計の数値が入るセル範囲も含めて、データ範囲をすべて選択
オートSUMをクリックすれば、すべての計が一度に集計されます。
小計・合計・総計をオートSUMで一発で集計

【「小計」「合計」「総計」とは? その違いについて】
簡単に示すと、小計<合計<総計となります。
小計とは一番小さな集計です。上記の表では商品ごとの計になります。合計はそれより一段大きな括りでの計になります。上記例では月別の売上高です。
そして、総計はすべてをトータルした値ということです。

SUM関数で複数のシートをまたいで集計する

幾つかのスプレッドシートに分けてデータ表を管理している場合、各シートをまたいでデータを集計したいことがあると思います。これもオートSUMで簡単に実行できます。

下図のように、A店・B店・C店の売上を別シートで管理していて、全店のデータを足し算して全店の総計を出したい、といったケースです。
幾つかのスプレッドシートに分けてデータ表を管理

この集計機能を実行するためには、またぐシートの表が同じ位置、同じ形式であることが前提条件となります。

SUM関数の集計の結果を表示させる表を別シートに作成します。これも集計するシートと同じ位置、同じ形式にします。
SUM関数の集計の結果を表示させる表を別シートに作成
SUM関数の集計の結果を表示させる表(シート名「全店」)のデータ範囲を選択してオートSUMをクリック。
データ範囲の最初のセルにSUM関数が自動入力された状態になります。
SUM関数の集計の結果を表示させる表のデータ範囲を選択してオートSUMをクリック

集計する最初のシート名(ここでは「A店」としました)をクリックして切り替えます。
集計する最初のシート名をクリックして切り替え
A店のシートに切り替わったら、選択範囲の最初のセル(数値の入った最初のセル:この例ではC4)をクリックします。
切り替えたシートの数値の入った最初のセルをクリック
そのまま、次は集計する最後のシートのシート名をShiftキーを押しながらクリックします。
集計する最後のシートのシート名をShiftキーを押しながらクリック

最後に、もう一度「オートSUM」をクリックして決定。「全店」の集計表にシートをまたいだ合計の数値が表示されました。
シートをまたいでオートSUMで集計した結果が表示された

SUM関数の集計で0を表示させない方法

データが十分に揃ってない表では合計が「0」になる箇所が出てきます。「0」を表示させず、空欄にする方法は幾つかあります。

一番手っ取り早いのは、Excel(エクセル)の「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外すことです。
Excel(エクセル)の「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外す

この方法の詳細な解説と、IF関数を使って0を出現させずに計算式を適用する操作の解説は以下の記事で。

0が表示されないようにする一番簡単な方法と定番の方法

SUM関数で計算されないエラー(0になる)に対処

下図の表では数値データのセルに設定されている表示形式が全て「文字列」になっています。

数字だけが入力された列(5月と6月)は文字列であってもExcel(エクセル)が数値と認識するのでちゃんと計算されていますが、数字以外の文字列が含まれる列(4月)は計算されず「0」が返っています。
数値のセルが文字列になった表でSUM関数を使った例

このエラーを修正するのに表示形式を変えてもダメです。とりあえず、横に列を増やしてセルの表示形式を「数値」にしておきます。
横に列を増やしてセルの表示形式を「数値」にする
増やした列の最初のセルを選択し、「文字列操作」のVALUE関数のダイアログを開き、数字以外の文字列が含まれる列の最初のセルを引数に指定します。
VALUE関数のダイアログを開き、数字以外の文字列が含まれる列の最初のセルを引数に指定
Enterで数値に変換されたら、これをフィルコピーして列データをすべて数値に直します。
フィルコピーして列データをすべて数値に直す

VALUE関数の数式のままだとトラブルの元なので、セル範囲をコピーして、そのまま「値」として貼り付けておきましょう。
VALUE関数の数式が入ったセル範囲をコピーして、そのまま「値」として貼り付け

SUM関数で引き算するには?

SUM関数に引き算を組み込んで計算させることもできます。
数式を修正する必要はありません。SUM関数の範囲の中の引き算したい数値に「-(マイナス)」を付けるだけです。
SUM関数の範囲の中の引き算したい数値に「-」を付ける

Excel関数一覧
タイトルとURLをコピーしました