数学/三角

関数

TRUNC関数の使い方|数値や日付の切り捨て

指定した桁数で数値を切り捨てるTRUNC関数の使い方を図解します。ROUNDDOWN関数、INT関数とTRUNC関数の違い、TRUNC関数の引数「桁数」の指定方法と切り捨ての結果、日付や時刻をTRUNC関数で切り捨てた結果など。
Excel

ローマ数字(正式と略式)とアラビア数字↔ローマ数字変換

ローマ数字について詳細に図解。法則と読み方、ローマ数字の正式な書式と略式の違い、変則的なローマ数字4と9について、Excelでアラビア数字をローマ数字に変換する関数、大文字のローマ数字を小文字に変換する関数、ローマ数字の一覧など
関数

AGGREGATE関数の使い方|SUBTOTALを拡張した集計関数

AGGREGATE関数の使い方を初心者にも分かりやすく解説。AGGREGATEとSUBTOTALの違い、集計方法1~19に対応する関数のリスト、非表示の行やエラー値を除外するオプション0~7の詳細リストの掲載、集計方法4、5、14の使用例など。
関数

SUBTOTAL関数の使い方|集計方法の指定で様々な種類の集計を実行

SUBTOTAL関数の使い方を初心者にも分かりやすく解説。SUBTOTALが実行できる集計(合計・平均・分散・個数・標準偏差・最大値と最小値など)について、集計方法に指定する番号9、109、1、101、11、111の使い分けなどについて。
関数

SUMIFS関数の使い方|複数の条件を検索して合計する

ExcelのSUMIFS関数は複数の条件に合う値をAND条件で合計。SUMIFSの使い方、SUMIFSの範囲を複数列で指定する方法、条件をワイルドカード(部分一致)や比較演算子(以上・以下・未満・以外)で指定するコツなどを初心者にも分かりやすく図解。
関数

SUMIF関数の使い方|同じ条件の値を検索して合計

SUMIF(サムイフ)の基本的な使い方と応用、SUMIFの条件をワイルドカード(部分一致)や比較演算子(以上・以下・未満・空欄以外)などで指定するコツ、範囲と合計範囲を複数列で指定するルールなどを初心者にも分かりやすく図解します。
関数

SUMPRODUCT関数の使い方|配列の積を合計する

SUMPRODUCT関数の意味や使い方、引数「配列」の指定方法、論理値(TRUE、FALSE)を利用して複数条件で抽出したデータを合計、個数をカウントする方法、COUNTIF、ROW、SUM、MODなどと組み合わせた応用、よくあるエラーなど詳しく図解。
関数

PRODUCT(プロダクト)関数の使い方|複数の数値を掛け算

PRODUCTは複数の数値をまとめて掛け算する関数です。PRODUCTの意味、PRODUCT関数の使い方、連続したセル範囲をPRODUCT関数で掛け算する方法、飛び飛びに離れたセル同士を掛け算させる方法を解説します。
関数

ROUND(ラウンド)関数の使い方|自由な桁数で四捨五入

ROUND(ラウンド)関数は桁を指定して数値を四捨五入します。ROUNDの意味や構成、使い方を詳しく図解。税抜価格から消費税を四捨五入で求める操作、平均値を四捨五入するやり方、ROUND関数で五捨六入する方法なども併せて解説しています。
関数

ROUNDUP(ラウンドアップ)関数の使い方|自由な桁数で切り上げ

ROUNDUP(ラウンドアップ)関数は桁を指定して数値を切り上げます。ROUNDUPの意味や構成、使い方を詳しく図解。ROUNDUPの引数「桁数」の指定方法、切り上げ例として、食品を購入した消費税込の価格から税抜価格を求め、ROUNDUP関数で切り上げる操作を解説。
タイトルとURLをコピーしました