YEARFRAC関数の使い方|その期間が1年に占める割合を求める

Excel(エクセル)YEARFRAC関数の使い方
Excel関数

Excel(エクセル)YEARFRAC関数の使い方|その期間が1年に占める割合を求める

YEARFRAC関数について、その使い方を初心者にも分かりやすく解説しています。YEARFRAC関数の引数の指定方法、YEARFRAC関数を使った年齢計算の方法、DATEDIF関数との違いなど。

使用関数:YEARFRAC

YEARFRAC(イヤーフラクション)関数とは?

YEARFRACは「開始日」と「終了日」で指定した期間が1年に占める割合を求める関数です。関数名YEARFRACは、YEARイヤー=年とFractionフラクション=分数・比・割合の略語を組み合わせています。

YEARFRAC関数の引数と書式

「数式」タブ「関数ライブラリ」→「日付/時刻」→ YEARFRACをクリックします。
「関数ライブラリ」→「日付/時刻」→ YEARFRAC
YEARFRACの引数は「開始日」「終了日」と「基準」です。

書式の構成はこうなります。
YEARFRAC関数の書式の構成

YEARFRAC関数の使い方

YEARFRAC関数を使って、一つの案件にかかった日数が1年に占める割合を求めてみましょう。

受注した案件の制作が4月5日から30日で完了しました。非稼働日も含めて制作に費やした期間が1年に占める割合を計算します。
YEARFRAC関数で割合を求める開始日と終了日

第一引数「開始日」の指定

期間が開始された日付をセル参照、シリアル値、日付文字列で指定します。

この例では、「案件Aの割合/年」のセルを選択して、YEARFRAC関数の引数ダイアログボックスを開き、「開始日」の日付セルをクリックで指定します。
YEARFRAC関数の引数「開始日」に日付セルをクリックして指定

第二引数「終了日」の指定

期間が終了した日付をセル参照、シリアル値、日付文字列で指定します。

この例では、「終了日」の日付セルをクリックで指定します。
YEARFRAC関数の引数「終了日」に日付セルをクリックして指定

第三引数「基準」の指定

割合の基準になる1年間の日数を指定します。1年を360日として計算する米国やヨーロッパ方式などから選択するわけですが、あまり深く考えず、閏年にも対応する「1(実際の日数を元にした基準)」を指定しておけばまず間違いはないでしょう。

YEARFRAC関数の引数「基準」に指定する番号の一覧

番号基準日数
0または省略30日/月 360日/年(米国方式)
1実際の日数/月・年
2実際の日数/月 360日/年
3実際の日数/月 365日/年
430日/月 360日/年(ヨーロッパ方式)

この例では「1」を入力します。
YEARFRAC関数の基準に1を指定

一つの制作に費やした期間が1年に占める割合がYEARFRAC関数で取得できました。
一つの制作に費やした期間が1年に占める割合をYEARFRAC関数で取得
小数点以下がズラッと並ぶので桁数を減らしますが、「ホーム」タブにある桁数増減ボタンを使うと四捨五入されてしまうのでROUNDDOWN関数に入れ子して切り捨てにしました。また、表示形式を「パーセンテージ」の小数点以下の桁数1に設定してあります。
YEARFRAC関数で取得した数値をROUNDDOWN関数で丸め、表示形式を%に変換

YEARFRAC関数で年齢を求める

年齢や勤続年数を求める関数にはDATEDIFがありますが、バグや#NUM!エラーが発生したり不正確な結果が返されたりして使いにくい関数です。関数の挿入からも選べない非推奨のExcel関数なので今後使えなくなる可能性もあります。その代替として利用できるのがYEARFRAC関数です。

生年月日のデータからYEARFRAC関数で年齢を取得します。
生年月日のデータからYEARFRAC関数で年齢を取得する表

YEARFRAC関数の引数「開始日」には生年月日のセルをクリックで指定、「終了日」にはTODAY関数を「TODAY()」と入力、「基準」には数値で1を入力します。
YEARFRAC関数の引数の指定

ポイントは引数「終了日」にTODAY関数を入れること。生年月日から今日までの経過年数はそのまま返り、誕生日から今日までの期間が1年に占める割合が端数で返ります。
YEARFRAC関数で年齢が取得された

端数はROUNDDOWN関数で切り捨てます。
YEARFRAC関数の戻り値の端数をROUNDDOWN関数で処理

最終的な数式 =ROUNDDOWN(YEARFRAC(C2,TODAY(),1),0)

NETWORKDAYS.INTL関数の使い方 まとめ
  • YEARFRAC関数は「開始日」と「終了日」で指定した期間が1年に占める割合を求めます
  • YEARFRACはYear(年)Fraction(割合)の略語です
  • YEARFRAC関数の引数は「開始日」「終了日」と「基準」です
  • YEARFRAC関数の引数「基準」には対応する方式の番号を「1~4」の数値で指定します(通常は1を指定)
  • YEARFRAC関数は年齢や勤続年数を求めるDATEDIF関数の代替として利用されます
タイトルとURLをコピーしました