STDEVPA関数の使い方|データで標準偏差を求める

Excel(エクセル)STDEVPA関数の使い方

Excel(エクセル)STDEVPA関数の使い方|データで標準偏差を求める

使用関数:STDEVPA

標準偏差については以下の記事で詳しく解説しています

Excel(エクセル)で標準偏差を求める
Excelで標準偏差を求める方法を初心者にも分かりやすく解説。標準偏差を求めるのはなぜか? 分散・標準偏差の関係、標準偏差から何がわかるか? 計算式、標本標準偏差と不偏標準偏差の違い、Excelの標準偏差関数の種類(STDEV.P・STDEV.S)と使い方など

STDEVPA関数とは?

STDEVPA関数はデータ(数値・文字列・論理値)の標準偏差(標本標準偏差)を求めるエクセルの関数です。

母集団(標準偏差を求める全データ)すべてを対象範囲にして求める標準偏差で、比較的少ないデータ数の表に使われます。

STDEVPA関数の引数

STDEVA関数は「数式」タブ「関数ライブラリ」→「その他の関数」→「統計」にあります。
「数式」タブ「関数ライブラリ」→「その他の関数」→「統計」→STDEVPA

STDEVPA関数の引数の構成は以下の通りです。「値1」だけが必須で「値2」以降は任意、「値255」まで指定できます。
STDEVPAの引数の構成
STDEVPA関数は数値だけでなく、文字列と論理値も含めて標準偏差の計算対象にします。

  • 文字列と論理値のFALSE : 0として計算されます
  • 論理値のTRUE : 1として計算されます

STDEVPA関数の引数に連続したセル範囲を指定する場合は、「値1」にドラッグで入力します。
STDEVPA関数の引数に連続したセル範囲をドラッグで指定
離れたセル、飛び飛びのセル範囲なら「=STDEVPA(B2:B4,D2:D4)」のように半角カンマで区切って指定します。

STDEVAとSTDEV.S関数の違い

STDEVPAとSTDEV.Pはどちらも母集団全体から標準偏差を求める関数です。STDEV.Pは数値だけを対象に計算しますが、上述したようにSEDEVPAは文字列や論理値を含めて計算します。

下図は同じ表を使ってSTDEV.PとSTDEVPAで標準偏差をそれぞれ計算した結果です。
STDEV.PとSTDEVPAで標準偏差をそれぞれ計算した結果

数値だけを対象に計算するSTDEV.P関数の結果は3チームともばらつきの度合いに大きな差がありません。失格になった競技者のデータが無視されているためですが、これでは得点が低い競技者がいるチームは失格者がいるチームより不利な分析結果になります。

対するSTDEVPA関数は文字列を「0」として計算するため、失格者がいるチームの標準偏差が大きくなり、チーム内の実力に著しい個人差があると分かります。

標準偏差を求めるエクセル関数の種類

エクセルには標準偏差を計算するための関数が数種類あります。その一覧をまとめました。

関数名ライブラリ標準偏差の種類仕様
STDEV.S統計不偏標準偏差抜き出した標本の数値を対象に母集団の標準偏差を推定する
STDEV.P統計標本標準偏差母集団の数値を対象に標準偏差を求める
STDEVA統計不偏標準偏差抜き出した標本のデータを対象に母集団の標準偏差を推定する
STDEVPA統計標本標準偏差母集団のデータを対象に標準偏差を求める
DSTDEVデータベース不偏標準偏差条件を満たすデータから不偏標準偏差を求める
DSTDEVPデータベース標本標準偏差条件を満たすデータから標本標準偏差を求める

STDEVPA関数のまとめ

STDEVPA関数で計算する「標準偏差(標本標準偏差)」は母集団(全データ)を範囲とします。対象は数値だけでなく、文字列・論理値も含みます。空白は無視されます。
文字列と論理値のFALSEは「0」として、論理値のTRUEは「1」として計算されます。

タイトルとURLをコピーしました