Excelで行列を固定して常に表示させる方法とショートカット

Excelの一覧

※ Microsoft365(旧Office365)Excelの画像を使って解説しています。

Excelで縦に長い表や列項目が多く横に長い表をスクロールして作業する時に、1行目2行目に並んだ見出し、A列B列のデータ項目を画面に固定して常に表示させておきたいことがあります。

そんなときは「ウィンドウ枠の固定」で、行や列がスクロールの動きに追従するように設定しておきましょう。

記事の内容

今回の記事内容は「Excelで行列を固定する「ウィンドウ枠の固定」の設定方法の解説と行列を固定・削除するショートカットキーの一覧」になります。

Excel表で固定するものとは?

Excelの表で「ウィンドウ枠の固定」を使って固定させる主なものは以下の通りです。固定範囲に目次や表の使い方の説明文、副題などを含めたいなら、3行目以降、2列目以降の固定もできます。

「行」で固定するもの
  • 【1行目】「タイトル」や自社・作成者の「名前」、作成・更新した「日付」など
  • 【2行目】「見出し(列項目)」
「列」で固定するもの
  • 【1列目】検索のキーになるデータ、顧客や商品の「名前」、取引が発生した「日付」など

先頭にある行を固定させる方法

ワークシートの一番上の行だけを固定させます。

  1. 「表示」タブに切り替える
  2. 「ウィンドウ」グループの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする
  3. プルダウンリストの「先頭行の固定」をクリックする

Excelで行列を固定して常に表示させる方法1

以上で、先頭行が固定されます。

先頭にある列を固定させる方法

ワークシートの一番左の列だけを固定させます。

  1. 「表示」タブに切り替える
  2. 「ウィンドウ」グループの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする
  3. プルダウンリストの「先頭列の固定」をクリックする

Excelで行列を固定して常に表示させる方法2

以上で、先頭列が固定されます。

複数の「行」を固定させる方法

  1. 固定したい複数の行の1つ下の行番号をクリックして選択する
  2. 「ウィンドウ」グループの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする
  3. プルダウンリストの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする

Excelで行列を固定して常に表示させる方法3

以上で、選択行の上にある複数の行が固定されます。

複数の「列」を固定させる方法

  1. 固定したい複数の列の1つ右の列番号をクリックして選択する
  2. 「ウィンドウ」グループの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする
  3. プルダウンリストの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする

Excelで行列を固定して常に表示させる方法4

以上で、選択列の左にある複数の列が固定されます。

「行」や「列」を素早く選択する操作はこちらの記事に詳しくまとめています。

Excelの行列を選択する最速技とショートカットキー

行と列の両方を固定させる方法

  1. 固定したい行範囲の1つ下で、尚且つ、固定したい列範囲の1つ右にあるセルをクリックする
  2. 「ウィンドウ」グループの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする
  3. プルダウンリストの「ウィンドウ枠の固定」をクリックする

Excelで行列を固定して常に表示させる方法5

以上で、行と列の両方が固定されます。

固定を解除する方法

  1. 「表示」タブに切り替える
  2. 「ウィンドウ」グループの「ウィンドウ枠の固定の解除」をクリックする

Excelで行列を固定して常に表示させる方法6

以上で、ワークシート内に設定されている「ウィンドウ枠の固定」がすべて解除されます。

行と列を固定・削除する「ウィンドウ枠の固定」ショートカットキーの一覧

マウスが使えない時は以下のショートカットキーで「ウィンドウ枠の固定」が実行できます。

ショートカットキー 押し方 操作内容 選択する位置
Alt ➔ W ➔ F ➔ R 順番に押す 先頭行の固定 シート内の任意の位置
Alt ➔ W ➔ F ➔ C 順番に押す 先頭列の固定 シート内の任意の位置
Alt ➔ W ➔ F ➔ F 順番に押す 複数の行の固定 固定行範囲の1つ下の行を選択
Alt ➔ W ➔ F ➔ F 順番に押す 複数の列の固定 固定列範囲の1つ右の列を選択
Alt ➔ W ➔ F ➔ F 順番に押す 行と列の固定 固定行範囲の1つ下で、固定列範囲の1つ右のセルを選択
Alt ➔ W ➔ F ➔ F 順番に押す 行・列の固定解除 シート内の任意の位置
タイトルとURLをコピーしました