Excel使いこなしの基礎と応用

数字データを柔軟に抽出して手軽に分析できる「数値フィルター」

「数値フィルター」では、様々な数字データを視点を変えて柔軟に抽出できます。限られた時間内で手軽に分析できるよう「トップテン」「平均以上・以下」がその場で表にまとめられる親切設計。

目次


数値フィルターの概要

金額、数量、点数など数値の入力されたフィールドでフィルターボタンからメニューを引き出すと「数値フィルター」という項目が表示され、ここをポイントすると補助メニューが引き出されます。
数値フィルターの補助メニュー
ここには4バージョン7項目の比較条件と、「トップテン」「平均より上」「平均より下」が並んでいます。

比較条件でデータを抽出

「数値フィルター▶」の補助メニューから比較条件を選んで設定してみましょう。

スポンサーリンク

追試ラインは全科目50点です。「数学」のフィルターボタンからメニューを引き出し、「数値フィルター」を経て、「指定の値より小さい」をクリック。
数値フィルターから「指定の値より小さい」をクリック
オートフィルター オプション」の最初の条件に追試ラインの「50」と入れます。比較条件が「より小さい」になっているのを確認して「OK」。
オートフィルター オプションで設定
数学の追試者が抽出されました。
追試ラインでフィルターされたレコードが抽出された

より小さい」と「より大きい」は指定した数値を含まずにデータを抽出し、「以上」と「以下」は指定した数値を含みます。

トップテンを抽出

試験成績のトップ10をまとめてみましょう。
総合点」フィールド横のフィルターボタンから、「数値フィルター」を経て、「トップテン」をクリックします。
数値フィルターから「トップテン」をクリック
トップテン オートフィルター」ダイアログが開き、「上位と下位」「項目とパーセント」の選択と、抽出する件数(または割合の数値)の増減をコントロールできます。
トップテン オートフィルター
「上位」「10」「項目」でOKしてみると、下図のように抽出されました。
上位成績トップ10が抽出された
確かにトップ10の成績が抽出されましたが、単純に連番通りの並び順になってしまっています。成績順になるようフィルターボタンから「降順」で並べ替えましょう。
成績順になるよう降順で並べ替え
総合点トップから順に並びました。
トップから順に並んだ
このように、フィルター機能は並べ替えと併用することで、より分析に役立つデータ抽出が可能になります。特に、数値フィルター適用後は並べ替えの必要があるかないかを意識的に確認しましょう。
▶並べ替えの基本
▶複数の条件で並べ替える・ユーザー設定で並べ替える

パーセント」での設定例も挙げておきます。
成績上位5%以内に入った者に優秀賞を付与することになり、以下のように「トップテン オートフィルター」を設定しました。
トップテンオートフィルターで成績上位5%以内を抽出
優秀賞を付与される2名が抽出されました。
上位2名が抽出された
▶フィルター機能で複数の条件を指定してデータを抽出する
▶期間ごとにデータ抽出できる「日付フィルター」


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。