Excel(エクセル)バイト(Byte)数で文字をカウント

Excel(エクセル)バイト(Byte)数で文字をカウント

Excel(エクセル)バイト(Byte)数で文字をカウント

Excelで文字数をカウントする単位には2種類あります。単純に文字の個数を数える「文字数」と半角を1と数える「バイト数」です。ここでは「バイト数」で文字列を操作する関数について解説していきます。

使用関数:LENB、FINDB、SEARCHB、MIDB、LEFTB、RIGHTB、REPLACEB

バイト(Byte)数とは?

バイト(Byte)はデータの容量の単位ですが、Excel関数で文字列操作に用いるバイト数は文字幅の単位と考えて下さい。

基本的に半角が1バイト文字、全角が2バイト文字です。漢字・かな文字は2バイト文字で、絵文字や丸数字なども2バイト文字です。
(※文字コードUnicode utf-8では3バイト文字や4バイト文字もあります)
半角記号、半角スペース、改行文字などは1バイト文字です。

半角カタカナの濁音・半濁音のバイト数に注意

半角カタカナの「カ」や「ハ」は1バイト文字ですが、濁音・半濁音の「ガ」や「パ」は濁点・半濁点が別文字とされるため2バイトになります。
半角カタカナの濁音・半濁音のバイト数

因みに、半角カタカナの濁音・半濁音は「文字数」でも2とカウントされます。全角カタカナの「ガ」や「パ」は「文字数」では1とカウントされます。

1バイト文字と2バイト文字の主な分類

1バイト文字半角英数字
(1,2,3)(A,a)
半角カタカナ
(ア,イ)
半角記号
(*,?)
2バイト文字全角英数字
(A,1)
漢字・かな
(亜,あ,パ)
濁音・半濁音の半角カタカナ
(ガ,パ)
全角記号
(*,?)

バイト数で文字を検索・取得する関数

以下のリストで分かるように、文字列をバイト単位でカウントする文字列操作の関数名には皆「B」が末尾に付いています。Bは「Byte(バイト)」の略です。これらの関数名からBを除いた関数は全て文字列を「文字数(1文字=1)」でカウントします。

関数名機能戻り値
LENB文字列の長さをバイト数で測る数値
LEFTB文字列をバイト数で抽出する(左・先頭から)文字列
MIDB文字列をバイト数で抽出する(任意の位置から)文字列
RIGHTB文字列をバイト数で抽出する(右・後ろから)文字列
FINDB文字列の位置をバイト数で求める(完全一致)数値
SEARCHB文字列の位置をバイト数で求める(曖昧検索)数値
REPLACEB文字列をバイト数で検索し、置き換える文字列

Excel「バイト(Byte)数」に係る記事一覧

関数

SEARCHB関数の使い方|曖昧検索してバイト数で位置を返す

SEARCHB関数の使い方を分りやすく解説。SEARCHB関数でワイルドカード文字を使った曖昧検索をする場合の引数「検索文字列」「対象」の指定、複数の検索文字列がある時、引数「開始位置」を指定してバイト数を取得する使い方、FINDB関数との違いなど
関数

FINDB関数の使い方|特定の文字列までのバイト数を返す

FINDB関数の使い方を分りやすく解説。FINDB関数で特定の文字列の位置をバイト数で求める場合の引数「検索文字列」「対象」の指定、複数の検索文字列がある時、引数「開始位置」を指定してバイト数を取得する使い方、SEARCHB関数との違いなど
関数

MIDB関数の使い方|任意の位置から文字をバイト数で抽出

MIDBはバイト数で文字を検索して任意(自分の思い通り)の位置から抽出する関数。MIDB関数の使い方を分かりやすく図解します。引数「文字列」「開始位置」「バイト数」の指定、MIDB関数で半角スペースが前後に付いた文字列を取り出す簡単な方法など
関数

REPLACEB関数の使い方|バイト数で検索した文字列を置換

REPLACEBはバイト数で文字を検索して他の文字列と置き換える関数。REPLACEB関数の使い方を分かりやすく図解します。引数「文字列」「開始位置」「バイト数」「置換文字列」の指定、REPLACEBで特定の文字を開始位置の前に入れる方法など
関数

RIGHTB関数の使い方|右(後ろ)から文字をバイト数で抽出

RIGHTBはバイト数を単位にして文字を右(文字列の後ろ)から抽出する関数。1バイト文字は半角。全角文字は2バイト。RIGHTB関数の引数「文字列」と「バイト数」の指定、RIGHTB関数で先頭に半角スペースが付いた文字列を取り出す方法など
関数

LEFTB関数の使い方|左(先頭)から文字をバイト数で抽出

LEFTBはバイト数を単位にして文字を左(文字列の先頭)から抽出する関数。1バイト文字は半角。全角文字は2バイト。LEFTB関数の引数「文字列」と「バイト数」の指定、LEFTB関数で半角スペースが付いた文字列を取り出す簡単な方法など
関数

LENB関数の使い方|文字数をバイトで数える

LENBはバイト数を単位にして文字数をカウントする関数。1バイト文字は半角。全角文字は2バイト。LENとLENBを組み合わせ、半角・全角それぞれを数えたり、データの半角(または全角)をチェックできます。LENBで文字数を制限する方法も記載。
Excel

Excel(エクセル)で文字数をカウントする|半角・全角、複数範囲、特定文字など

Excelで文字数をカウントする操作を初心者にも分かりやすく図解。半角・全角をそれぞれカウント、複数のセル範囲の入力値をまとめてカウント、特定の文字のカウント、改行のカウントなど。スピル前のExcelとスピル後のExcelでの計算式の違いなども解説。
タイトルとURLをコピーしました