Excel使いこなしの基礎と応用

生年月日から満年齢を表示させるDATEDIF関数

使用関数:DATEDIF、TODAY

生年月日のデータから現在の満年齢を表示するならDATEDIF関数を使います。ただ、これライブラリに載っていないのでダイアログで操作できません。手入力です。

目次


始点は誕生日、終点は今日の日付のTODAY関数

DATEDIF(デート・ディフ)は指定した「開始日」と「終了日」までの年数・月数・日数を指定した「単位」で表示してくれます。

下図の名簿の「生年月日」のデータから、「年齢」を表示させてみましょう。
名簿の生年月日データから年齢を表示

冒頭で述べた通り、この関数はダイアログを開くことができませんが、専用のダイアログボックスがあれば下図のような構成だろうと思います。
DATEDIF関数の引数ダイアログボックスの擬似画像
引数「開始日」は年数を計算する始点となる日付。即ち、生年月日ですね。
引数「終了日」は年数を計算する終点となる日付。今日現在の年齢を表示させるのなら、TODAY関数を入れればいいわけです。
▶今日の日付を入力して自動更新させる方法させない方法

入力すると、こんな↓感じになります。
「開始日」=「$C2」「終了日」=「TODAY()」
DATEDIFの開始日に生年月日、終了日にTODAY関数を指定

年齢の計算「単位」を指定

最後の引数の「単位」は文字列として入力します。
生年月日を年齢に置換えるのですから、ここでは一番上の「"Y"」(満年数を計算する)を指定します。

"Y" 満年数を計算する
"M" 満月数を計算する
"D" 満日数を計算する
"YM" 1年に満たない月数
"YD" 1年に満たない日数
"MD" 1月に満たない日数

これで引数の指定値が揃いました。
DATEDIFの3つの引数
これを数式バーかセルに直接入力していきます。

数式の手入力

数式を入力する時は、何はともあれ「=」を冒頭に置きましょう。続けて「DATEDIF」と入力し、「(」半角丸括弧を入力。その後「開始日」に当たる生年月日のセルをクリックして指定します。
数式バーにDATEDIF関数を手入力
半角カンマ「,」で区切り、「終了日」のTODAY関数を「TODAY()」と入力して、半角カンマ「,」で区切ります。
数式バーに第2引数まで入力
引数「単位」は文字列指定なのでダブルクォーテーションで囲って満年齢の単位の「"Y"」と入力。最後に「)」半角丸括弧で閉じるのを忘れずに。
満年齢賀表示された
数式は =DATEDIF($C2,TODAY(),"Y")
生年月日から今日の日付までの満年数を計算する」

引数の位置のおさらいです。
DATEDIF関数の引数の位置

数式を下までオートフィルでコピーして完了。
数式を下までオートフィルでコピー
▶日付が文字列だった時、日付に変換する2通りの方法
▶WEEKDAY関数+CHOOSE、MIDで曜日を表示する
▶EOMONTH関数なら翌月末や月初が簡単に呼び出せる
▶指定日の~ヶ月先の日付・~週間後の日付を表示


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。