ワード使いこなしの基礎と応用

スタイルのインポート

他の文書やテンプレートのスタイルをコピーして、作業中の文書に反映させる操作です。幾つかのスタイルだけを取り込むことも、全部のスタイルを同期させることもできます。

他文書のスタイルを新規文書に取り込む

新規文書を作ったら時短で書式を整えましょう。
一番手っ取り早い方法は、他文書のスタイルを流用することです。

新規の白紙ファイルで規定のスタイルを適用した文書(下図)に、他文書のスタイルをインポートします。
規定のスタイルを適用した文書
取り込むスタイルのファイル名や保管場所が分かっていることがこの作業の前提条件になります。
ここでは下図のスタイルをインポートしてみます。
インポートするスタイルのある文書
「スタイル」の右下角にある斜め矢印をクリックし、
「スタイル」の右下角にある斜め矢印をクリック
スタイルの作業ウィンドウを開き、最下部に並んだボタンの内、Aに✓が絡んだ「スタイルの管理」ボタンをクリックします。
「スタイルの管理」ボタンをクリック
スタイルの管理」ダイアログが開いたら、画面の最後部にある「インポート/エクスポート」をクリックします。
「インポート/エクスポート」をクリック
構成内容変更」ダイアログが開きます。 2つのエリアに分かれ、この時点ではどちらも「コピー元」になっています。
画面の左側が現在作業している文書、スタイルを取り込んで使う側です。インポートの場合は右側のエリアがコピー元になり、初期画面では全文書対象のテンプレートの内容が表示されているので、これを「ファイルを閉じる」ボタンをクリックして閉じます。
構成内容変更ダイアログボックス
今クリックしたボタンが「ファイルを開く」に変わるので、もう一度クリック。
「ファイルを開く」をクリック
取り込みたいスタイルが格納されたファイルがテンプレートじゃなくて普通のWord文書なら、「すべてのWordテンプレート」を「すべてのファイル」に変更します。
開くファイルの種類を「すべてのWordテンプレート」から「すべてのファイル」に変更
ファイルの保存場所に移動して、使いたいスタイルが格納されたファイルをダブルクリックするか、選択して「開く」を押します。
使いたいスタイルが格納されたファイル
右のコピー元に、開いたファイルのスタイルが表示されました。
この中のスタイルをどれか選択することによって、インポートの体制が整います。
左側が「コピー先」表示になり、中央の「コピー」ボタンの方向が右から左への矢印に変わります。
コピー元に、開いたファイルのスタイルが表示
スタイルのすべてをインポートするなら、一番上のスタイルを選択し、スクロールして一番最後のスタイルをShiftキーを押しながらクリック。すべてのスタイルが選択できたら、「<‐コピー」ボタンをクリックします。
すべてのスタイルを選択して「<‐コピー」ボタンをクリック
既存のスタイルを上書きしますか?」という確認画面が出たら、「すべて上書き」をクリックします。
確認画面で「すべて上書き」をクリック
左のコピー先に右側のすべてのスタイルが移植されたら、「閉じる」ボタンを押します。
コピー先にすべてのスタイルがインポート
適用されたスタイルに応じて、書式が変更されました。
文書の書式が変更された
注! 色やフォントがコピー元の書式と違ってしまう場合があります。これは、両ファイルのテーマか配色が異なっているためで、「デザイン」タブでコピー元と同じに修正すれば一致させることができます。
色やフォントが違ったら、テーマ・配色を修正

スタイルの幾つかを抜き出してコピーする場合は、コピー元のスタイル名をCtrlキーを押しながらクリックして選択してから「<‐コピー」をクリック。選択されたスタイルだけがインポートされます。
スタイルを選択してコピー

▶文書のスタイルを他文書にコピーする(エクスポート)


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。