HLOOKUP関数の使い方|行を横方向に検索する

Excel(エクセル)のHLOOKUP関数の使い方
ExcelVLOOKUP関数関数

Excel(エクセル)のHLOOKUP関数の使い方|行を横方向に検索する

HLOOKUPはVLOOKUP関数の行バージョンです。HLOOKUP関数の基本的な使い方から応用まで、できるだけ分かりやすく解説していきます。

使用関数:HLOOKUP

HLOOKUP(エイチルックアップ)関数とは?

HLOOKUPはHorizontal Lookupの略で「横方向の検索」を意味します。HLOOKUPは行の中で左側から右へ検査値を探し、対応する行の値を取り出します。

HLOOKUP関数の引数と書式

「数式」→「関数ライブラリ」→「検索/行列」からHLOOKUPを選択します。
関数ライブラリの「検索/行列」からHLOOKUPを選択

HLOOKUP関数の書式の構成はこうなります。
HLOOKUP関数の書式の構成

数値で近似値を取得するHLOOKUP関数の使い方

HLOOKUP関数は完全一致の値も近似値も検索することができます。引数の指定を一つずつ確認していきましょう。

以下の表から送料1000円の予算内で送れる最大個数を求めます。
HLOOKUP関数で1000円以内で送れる個数を取得する表

第一引数「検索値」

検索のキーとなる値を指定します。この例では予算1000円の入ったセルをクリックで指定します。
HLOOKUP関数の引数「検索値」を指定

第二引数「範囲」

検索するセル範囲を指定します。この例では表のデータ範囲をドラッグで指定します。
HLOOKUP関数の引数「範囲」を指定

第三引数「行番号」

値を取り出す行の番号を数値で指定します。シートの行番号ではなく、第二引数「範囲」で指定した行範囲の上から何番目かを指定します。この例では「個数」の行の「2」を指定します。
HLOOKUP関数の引数「行番号」を指定

第四引数「検索方法」

TRUE、またはFALSEで検索する方法を指定します。

  • TRUE(または省略):完全一致の値がなければ検索値より小さい値の最大値を抽出します。「検索値」未満の近似値ですね。数値の1で指定することもできます。
  • FALSE:完全一致の値だけを抽出します。数値の0で指定することもできます。

TRUEを指定した場合(またはこの引数を省略した場合)は、第三引数「行番号」で指定した行範囲のデータを昇順(小さい順)で並べておく必要があります。
この例では「1」を入力してTRUEを指定しました。
HLOOKUP関数の引数「検索方法」に1を指定

HLOOKUP関数で1000円未満の最大値に対応する個数が返りました。
HLOOKUPで検索した結果

数式 =HLOOKUP(I2,B2:F3,2,1)

HLOOKUP関数とVLOOKUP関数を組み合わせた縦横検索

VLOOKUPで列を検索し、HLOOKUPで行を検索して、その交差位置の値を取り出すことはできませんでしたが、Excel2021から加わったXLOOKUP関数を使うことで可能になりました。

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の組み合わせをXLOOKUPで実行するためには、XLOOKUPにXLOOKUPをネストします。

XLOOKUP関数でクロス抽出する方法は以下のページの中で詳しく解説しています

XLOOKUP関数の使い方|VLOOKUPが進化した便利な検索関数
XLOOKUP関数の使い方を分かりやすく解説。XLOOKUPが使えるExcelバージョン、XLOOKUPとVLOOKUPの違い、XLOOKUPの一致モード・見つからない場合・検索モードの指定、INDEX×MATCHのクロス抽出をXLOOKUPで実装など

HLOOKUPと同じ種類の検索関数

「LOOKUP」が付く検索の関数にはLOOKUP、VLOOKUP、XLOOKUPがあります。これらの関数の機能と違いをまとめました。

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数の機能とHLOOKUPとの違い

  • HLOOKUPは「行」を左側から右側へ横に検索します。範囲の「行番号」を指定して戻り値を取得します。
  • VLOOKUPは「列」を上側から下側へ縦に検索します。範囲の「列番号」を指定して戻り値を取得します。

両者の違いは「縦」か「横」かだけで、引数も「列番号」か「行番号」か以外は同じです。検索値と戻り値が表の左右に対している時はVLOOKUPを使い、上下に対している時はHLOOKUPを使います。
VLOOKUPとLOOKUPの検索方向の違い

VLOOKUP関数で検索の方法を指定する詳しい方法は以下の記事にまとめてあります

VLOOKUP関数で「FALSE」と「TRUE」をどう使い分けるか

VLOOKUP関数の使い方の詳細です

VLOOKUP関数の使い方

LOOKUP(ルックアップ)関数の機能とHLOOKUPとの違い

LOOKUPはExcelの旧バージョンや他のソフトとの互換性のために維持されている関数で、XLOOKUPが登場したことで今後更にフェードアウトしていくと思われます。
HLOOKUPとLOOKUPの違いは、HLOOKUPは検索の方法を選択できる、指定した範囲内で値を取り出す列を行番号で自由に指定できるという2点です。

LOOKUP関数の使い方は以下のページで詳しく解説しています

LOOKUP関数の使い方|表から簡単検索
LOOKUP関数の使い方を分かりやすく解説。LOOKUP関数のベクトル形式と配列形式、LOOKUPで数値の近似値を取得、LOOKUPで文字列を検索、LOOKUPで複数条件を指定する方法、VLOOKUP、HLOOKUP、XLOOKUPとの違いなど

XLOOKUP(エックスルックアップ)関数の機能とHLOOKUPとの違い

XLOOKUPはExcel2021以降、及び、Office365でのみ使用できる関数です。Excel2019以前のバージョンでは使えません。

HLOOKUPの機能とVLOOKUP の機能を合わせて拡張したのがXLOOKUP関数です。

XLOOKUPでは近似値・完全一致の二者択一だけでなく、近似値の異なる種類も選択できます。加えて、検索の方向を先頭から・末尾から・昇順・降順でモード選択することができます。また、検索値が見つからなかった時に表示されるエラーの始末も数式内で指定することができ、IFERRORにネストする必要もありません。

XLOOKUP関数の使い方は以下のページで詳しく解説しています

XLOOKUP関数の使い方|VLOOKUPが進化した便利な検索関数
XLOOKUP関数の使い方を分かりやすく解説。XLOOKUPが使えるExcelバージョン、XLOOKUPとVLOOKUPの違い、XLOOKUPの一致モード・見つからない場合・検索モードの指定、INDEX×MATCHのクロス抽出をXLOOKUPで実装など
HLOOKUP関数の使い方 まとめ
  • HLOOKUPは行を横方向に検索して値を取り出す関数です
  • HLOOKUP関数とVLOOKUP関数の違いは検索の方向が横か縦かという点だけです
  • HLOOKUP関数は数値の近似値を検索することができます
  • HLOOKUP関数とVLOOKUP関数を組み合わせてクロス抽出するには新関数のXLOOKUPを使います
  • HLOOKUPと同じ種類の検索関数にはVLOOKUP、LOOKUP、XLOOKUPがあります
タイトルとURLをコピーしました