Excel使いこなしの基礎と応用

SUMIF関数の使い方と範囲の指定ルール

使用関数:SUMIF

SUMIF関数は同じ条件の値を検索して合計します。条件の指定にワイルドカードも使えて、利用場面が多い関数です。その基本的な使い方、条件を検索する範囲と合計する値を取り出す範囲を指定するルールなどを図解します。

目次


SUMIFの基本的な使い方

SUMIF(サムイフ)はフィルターとVLOOKUPをちょこっと取りしてSUMを足したような便利関数です。

スポンサーリンク

売上表から施術ごとの件数を別表に表示したいと思います。
売上表サンプル
施術メニューの「カット」の件数を表示するセルを選択し、
件数を表示するセルを選択
「数式」タブ「関数ライブラリ」の「数学/三角」から一覧をスクロールして「SUMIF」をクリックします。
「関数ライブラリ」の「数学/三角」からSUMIFをクリック
関数の引数ダイアログが開きます。
最初の引数「範囲」とは条件を検索する範囲のことです。ここで指定した中から、次の引数「検索条件」で指定した値を探すわけですね。
ここでは、「ヘアサロン売上表」というテーブルの、[施術メニュー]フィールドを指定します。
範囲に[施術メニュー]フィールドを指定

次の引数「検索条件」は「カット」と入った「E2」セルをクリックしてを指定します。文字列で「"カット"」と指定してもOK。
文字列のカットを検索条件に指定
最後の引数「合計範囲」は合計する数値が入ったセル範囲です。ここでは「ヘアサロン売上表」テーブルの、[数量]フィールドを指定。「カット」と同じレコード内で、[数量]フィールドに相当するセルの値を合計するということです。
合計範囲に[数量]フィールドを指定
数式は「=SUMIF(ヘアサロン売上表[施術メニュー],"カット",ヘアサロン売上表[数量])」となります。「[施術メニュー]フィールドからカットを探し、それに対応する[数量]フィールドの数値を合計する」

「範囲」と「合計範囲」を指定するコツ

SUMIFを使いこなすポイントは、引数の「範囲」と「合計範囲」の指定にあります。この2つの範囲指定のコツを掴みましょう。

スポンサーリンク

SUMIFの範囲指定はVLOOKUPに比べれば柔軟と言えます。列方向でも行方向でも指定できますし、検索範囲を左端列に置く必要もありませんが、それでも、守るべきルールはあります。

「範囲」と「合計範囲」は相対させ、行(列)数を合わせる
前章の例では同じテーブルのフィールドを指定しましたから、行数は同じです。
表内の特定の範囲を指定する時も、行数(または列数)を同じにします。異なった行数範囲を指定すると、正常な結果が得られません。
「範囲」と「合計範囲」の行数(列数)を揃える

複数列を指定する/「範囲」と「合計範囲」を相対させるとは?

「範囲」と「合計範囲」を相対させるとは具体的にどのようなことか、複数列の範囲指定で解説します。

SUMIFで複数列指定をするのは、商品カテゴリーと金額のフィールドが交互に並ぶ下図の表のような例です。
商品カテゴリーと金額のフィールドが交互に並ぶ表
この中から、同色の商品を検索して売上を合算してみましょう。
同色の商品を検索して売上を合算

最初の引数「範囲」の指定は「A2:E10」。条件を検索するセル範囲を、間の売上列までひっくるめて指定します。
引数「範囲」に条件を検索するセル範囲を、間の売上列までひっくるめて指定
検索条件」にはワイルドカードを使って「*赤*」と指定。
最後の引数「合計範囲」の指定は「B2:F10」。合計する値の入ったセル範囲を、間の列までひっくるめて指定します。
引数「合計範囲」に合計する値の入ったセル範囲を、間の列までひっくるめて指定

指定した「範囲」と「合計範囲」は共に5列で、相対位置にあるのが分かりますね?
「範囲」の1列目で検索した値を「合計範囲」の1列目から抜き出し、「範囲」の3列目で検索した値を「合計範囲」の3列目から抜き出します。5列目も同様。
これらを合計した値が返されるということです。
「範囲」と「合計範囲」は相対位置にある

関数の引数ダイアログボックスはこう↓なります。
SUMIFの関数の引数ダイアログボックス
数式は「=SUMIF(A2:E10,"*赤*",B2:F10)」。
赤のオフィス用品の売上総額が表示されました。
赤のオフィス用品の売上総額表示
▶複数の条件を指定する時はSUMIFS関数を使う

まとめ

  • SUMIF関数は条件に一致した値を合計する
  • 条件の指定にはワイルドカードが使える
  • 引数「範囲」と「合計範囲」は相対させる
  • 「範囲」と「合計範囲」は行(列)数を揃える


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。