ワード使いこなしの基礎と応用

最適なルビの振り方

Wordでルビを振るのは簡単な操作ですが、文字との間隔の調整や、それに伴う行間のバランスで問題が生じることもあります。

目次


ルビを振る基本操作

ルビを振りたい範囲を選択して、
ルビを振りたい範囲を選択
その場に表示するミニツールバーにある縦に小さな2文字形の「ルビ」ボタンをクリックするか、
ミニツールバーの「ルビ」ボタン
「ホーム」タブ「フォント」グループにある「ルビ」ボタンをクリックします。
ホーム→フォントの「ルビ」ボタン
「ルビ」ダイアログボックスが開きます。
まずは最初に、ルビの文言に間違いがないかを確認します。
「ルビ」ダイアログボックス
「OK」して表示を見ると、文字列に均等にルビが振られています。
均等にルビが振られた文字列

ルビの誤記を訂正する

文字列を選択して、
ルビを振る文字列を選択
「ルビ」ボタンを押すと、ダイアログが開きますが・・・、
時には下図のように「!」なルビが表示されることがあります。
誤った表示のルビ
これを修正する前に、右端に並んだボタンの一番上「文字列全体」をクリックします。
「ルビ」ダイアログの「文字列全体」をクリック
2つに分解されていた文字列が一つにまとまりました。
文字列が一つにまとまった
「ルビ」のテキストを選択して、正しい読みに入力し直します。
「ルビ」のテキストを訂正
正しくルビが表示されました。
正しくルビが表示
※文字単位でルビを振りたければ、ルビのテキストを修正してから「文字単位」ボタンを押します。修正前に文字単位にすると、手間が数倍になります。
なお、▶「文字列全体」と「文字単位」と「熟語単位」の使い分けについてはこちら

オフセットで文字とルビの間隔を調整する

「ルビ」ダイアログボックスにある「オフセット」の値を変更することで、文字とルビの間を広げたり縮めたりできます。「オフセット」とは、基準となる位置(文字の上端)からの距離を意味します。
「ルビ」ダイアログのオフセット
オフセットの初期値は「0pt」、上図では判りやすいように2ptに設定していますが、通常は「1pt」で十分です。
オフセット0ptとオフセット1ptのルビの比較
オフセットの数値を上げた(文字とルビの間隔を広げた)時には行間に注意が必要です。

行間を調整する

ルビを振ると、その行の行間が若干広がります。「オフセット」で文字とルビの間隔を広げれば、更に行間は広がり、文書全体のレイアウトにも影響を及ぼします。
オフセットを広げたルビ付きの行間

ルビの有る無しで行間が変わるのは、行間を「行数」「倍数」で指定しているためです。
これを「固定値」で指定すれば、ルビのサイズに影響されることなく行間が保たれるはずです。
行間についての詳細は▶「行間」を思い通りに整える

さて、ここで最も注意しなければならないのが「固定値」の数値です。

ルビの文字が切れる・表示されない時の行間指定

行間を「固定値」にした時、数値を小さく見積もって指定してしまうと、ルビの上が切れたり、全く表示されなくなってしまったりといった現象が起こります。

文書のフォントサイズが10ptとして、5pt+オフセット1ptのルビを収めるには行同士の隙間が最低でも6pt+2~3ptくらいは必要でしょう。即ち、行間を18pt以上に設定すればルビが切れることもないはずです。

下図は「フォント10pt、ルビ5pt、オフセット1pt」で、行間を固定値「16pt」と「18pt」に設定した比較です。
行間を固定値「16pt」と「18pt」に設定したルビ表示の比較
16ptでは明らかにルビの上部分が切れています。図にはありませんが、17ptでもかすめる程度に切れます。このケースで、ルビが適正に表示される行間の最小値は18ptということですね。

下図は、見栄えを考慮して、行間を「20pt」に設定した文書の1段落です。
均等に揃った行間で、ルビにも余裕があります。ルビが隠れない最小値に2~3pt程度を足したあたりが最適な行間と言えそうです。
最適な行間でのルビ表示


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。