ワード使いこなしの基礎と応用

文字を縦・横に引き伸ばす操作

文字の比率を変えて、縦に長く伸ばしたり、横に平たく引き伸ばす操作です。文字列を1行に収めたい時、デザイン的に印象を変えたい時に手軽に実行できます。

縦横の比率を変えたい文字、または文字列を選択し、
縦横の比率を変えたい文字を選択
「ホーム」タブ「段落」グループにある、横に引き伸ばされたAの形をした「拡張書式」ボタンをクリック、メニューから「文字の拡大/縮小」にポイントし、リストから横幅に設定したい倍率を選択します。
文字の拡大/縮小リストで横幅の倍率を選ぶ
66%」を選択した結果です。細長い「長体」文字になりました。
長体になった

幅広の「平体」にしたい時は、倍率を100%より大きく設定すればいいわけですね。
そこで、タイトル全体を横幅150%に設定してみます。
横幅150%に設定
フォントの横サイズが1.5倍になるためレイアウトが大幅に崩れてしまうので、とりあえずフォントサイズを小さくします。
フォントサイズを小さく修正
まだバランスが悪いようなら、文字幅の倍率を調整しましょう。
文字の拡大/縮小」のリスト最下部にある「その他」をクリック。
文字の拡大/縮小リストの「その他」をクリック
フォント」ダイアログボックスの「詳細設定」画面が開くので、「文字幅と間隔」の「倍率」の値を入力し直します。
「フォント」ダイアログで「倍率」の値を修正
下図が修正後です。
倍率130%に設定した文字列
倍率の数値を変更するだけでは納得いかない状態なら、文字間隔の調整を行いましょう。
▶文字間隔を詳細に調整する


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。