ワード使いこなしの基礎と応用


「行間」と「段落の間隔」を思い通りに整える

「行間」の最適な設定はWordの文章の体裁を決定付けるといっていいでしょう。行間と共に、段落と段落の間にも十分なスペースを設ける必要があります。読みやすく、分かりやすい文書を作成するためには、この二つの「間隔」を思い通りに整える操作を覚えるのが一番の近道かもしれません。

目次


段落の間隔を広げる

まず段落の間隔を広げてみましょう。

段落の区切りを明確にすることは、文章の読みやすさと理解しやすさのために必須の条件と言えます。(それだけでなく、Wordにおいては様々な機能を設定する単位として「段落」がかなり重要な位置を占めているのです。詳細は▶「行」と「段落」を常に意識して文章を入力するへ)

文章を全て選択し、
文書を全て選択
ホーム」タブの「行と段落の間隔」ボタン行と段落の間隔ボタンを押してリストを展開。

「余白」が既に適正に設定されていることを前提に、ここでは「段落後に間隔を追加」をクリックします。
段落後に間隔を追加をクリック
Enterキーで改行した段落の後ろにやや広めのスペースが入りましたね。
段落の間隔が広がった
文章全体を見てみると、↓明らかにレイアウトの第一段階が整ったという感じです。
段落の間隔が広がり、文書の体裁が整った

この選択範囲に続けて「段落前に間隔を追加」を適用すれば更に倍の間隔が広がるかというと・・・・そういうものでもありません。

規定の幅より間隔を広げる(または狭める)には数値を入力する必要があります。

「段落」ダイアログボックスで思い通りの間隔幅を設定する

「ホーム」タブ「段落」グループ(前述した「行と段落の間隔」ボタンがある場所)右下角にある小さな斜め矢印をクリックしてダイアログボックスを開きます。
段落のダイアログボックスを開く矢印

段落」ダイアログボックスが開いたら、「インデントと行間隔」タブの「間隔」の数値を指定します。
段落の間隔の数値を指定
「段落前」と「段落後」があり、上図を見て分かるように「行」と「pt(ポイント)」での指定ができます。横の▼▲を押すと「行」の場合は0.5行ずつ増減し、「pt」は6ptずつ増減します。例えば「1.8行」とか「14pt」みたいな数値にしたければボックス内の数値をドラッグで選択して入力し直せばOK。「行」「pt」も手入力で変更できます。

「行間」は倍数を選んでうまくいけばラッキー

行間の設定で一番ラクなのは「ホーム」タブの「行間」ボタンでリストを表示させて1.0~3.0までの倍数から選ぶこと。数値にポイントすれば値に応じた行間に広がるので「これ!」ってとこでマウスを放せばいいだけ。
行間を倍数から選ぶ
この操作だけでジャストな行間が設定できればラッキー。

数値を入力して思い通りの行間に設定

上記の倍数指定で決まらない場合は、段落の間隔と同様に「段落」ダイアログボックスを開いて詳細設定します。
段落ダイアログボックスで行間の詳細設定
「行間」の▼からリストを展開し、「最小値」「固定値」「倍数」から選びます。

「倍数」を選ぶのは3.0以上に広げたい時になりますね。ただ、ここでちょっととまどうことがあるかもしれません。1.0とか2.0だとパッと見でフォントサイズの倍数かな?って思いがちなんですが、3.0以上になると「あれ、広がり過ぎじゃない?」って感じ。

これには、Wordにおいて「行間」とはどこまでの範囲を指すのかが関わってきます。

Wordにおける「行間」の定義を知る

「行間」というと行の間にある隙間だと思いがちですが、Wordでの「行間」は一つの行から次の行までの間の距離になります。
Wordでの「行間」とは一つの行から次の行までの間の距離

つまり、倍数の「3行」とはフォントサイズ+規定の隙間の3倍ってことです。そして、pt(ポイント)で入力する場合はフォントサイズと隙間のサイズを足した数値になるわけですね。例:フォントサイズ12pt+隙間6pt=18pt

このことを頭に入れておくと数値指定がスムーズにいきます。

固定値で指定する

デザイン上の理由で「行と行の隙間を0にしたい」という時など、絶対的な行間を指定したい場合は「固定値」を選びます。

フォントサイズが16ptなら、固定値を「16pt」とすれば隙間は0になります。(※もっと近づけたければ「15.5pt」とかにします。更に小さい数字にすると文字が切れます)
固定値で行間を0間隔にしたサンプル

最小値で指定する

一部の文字列のフォントサイズを大きくしている場合などで「固定値」指定にすると行間が揃いません。
文字列の一部を大きくした時の行間
「絶対に行間は20ptでそれ以外は認めず!」という指定なので柔軟性に欠けます。
固定値での行間指定
もっと大きな数値を入力していって見栄えを見ながら適正な行間を見つければいいんですが、ちょっと手間。

そんな時は「最小値」を選びます。
ダイアログボックスで行間を最小値で指定
状況に応じて柔軟な行間に修正してくれるので、きれいな間隔になります。
最小値で行間指定した文章サンプル
※この指定で不具合が起きた時は「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外すとうまくいくかもしれません。
「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外す

Officeで作れるもの