ワード使いこなしの基礎と応用

「図の効果」の「影」を使う詳細解説と適用例

「図の効果」で、画像や写真に「影」を付ける設定方法と、影の種類(外側[オフセット]・内側・透視投影)それぞれの詳細なカスタマイズについてです。「影」の効果的な使い方も、適用例と共に解説します。

目次


「影」を設定する操作

「挿入」タブ→「画像」クリックでイラストや写真をファイルに取り込みます。

スポンサーリンク

画像の挿入や移動がうまくいかない時は、▶画像の挿入

画像が挿入されると、画面の上部に並ぶタブの更に上に「図ツール」というタブが出現します。この下の「書式」を選択し、「図のスタイル」一覧の右横に縦に並ぶテキストボタンの真ん中「図の効果▼」をクリック。展開したメニューの「影」→影の適用スタイルの一覧が表示されます。
「図の効果」→「影」→影の適用スタイルの一覧
この中から、適用したい「影」を選べば適用されます。

「影」の種類と詳細設定

「影」は「外側」「内側」「透視投影」の3つのタイプに分かれています。
「影」の種類「外側」「内側」「透視投影」
実際、どんな風に「影」が適用されるのか、種類ごとに見ていきましょう。

スポンサーリンク

外側(オフセット)

「外側」に付く「影」です。
メニューのアイコンにポイントすると「オフセット:右下」というような表記が出ます。この「オフセット」とは「本体から位置をずらす」ことで、この影は画像のシルエットをずらして作られています。
外側(オフセット)の影の適用方向一覧
9つのアイコンは「影」が付く方向を示しています。
(※分かりやすくするため、影の距離を少し大きくしてあります)
画像に適用した方向別の「外側」の影

簡易メニューから設定するオフセットの「影」は適用度が弱めです。
オフセットの「影」の初期設定
これを強めにしたい時は、「図の効果」→「影」→メニューの最下部にある「影のオプション」をクリックします。
「図の効果」→「影」→メニューの最下部「影のオプション」をクリック
「図の書式設定」の「影」の詳細設定が開きます。この画面で「影」の適用度を修正していきます。
「図の書式設定」の「影」の詳細設定

「外側(オフセット)」の詳細設定

内側

画像の内部に影を付けて凹ます効果を与えます。
内側の影の適用方向一覧
9つのアイコンは「影」が付く方向を示しています。
画像に適用した方向別の「内側」の影

「内側」の詳細設定

透視投影

画像に奥行き感・距離感を与える影です。
透視投影のタイプ一覧
透視投影は大きく分けて3つの型があります。
画像の下端の位置を基準に、「影」が後ろに伸びるタイプは、左方向と右方向の2種。
直立した画像にリアルな奥行きを与える影です。
「影」が画像の後ろに伸びる透視投影の適用例
画像の下端の位置を基準に、「影」が前に伸びるタイプは、左方向と右方向の2種。
これも直立した画像に適した影で、水や氷、アスファルトなど前景を印象付けたい時に効果的です。
「影」が画像の前に伸びる透視投影の適用例
画像の下方向に距離を持って配置される「影」は、画像が空中に浮いている効果を与えます。ボールや飛行する物体などに使用される影です。
画像の下方向に距離を持って配置される透視投影の適用例

「透視投影」の詳細設定


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。