ワード使いこなしの基礎と応用

文字の効果で作る凹み文字のアレンジ例

「文字の効果」の規定スタイルからアレンジして作る文字デザイン【3】。「影」の効果を内側に適用すると、彫り込んだような凹み文字ができます。この効果を引き立てる背景色の利用、この効果を土台にしたピローエンボス風のアレンジ方法を図解します。
▶「文字の効果」規定のデザインを基に文字を加工するコツ

目次


ページの背景色を入れると効果的

凹み文字は文字効果のリストに入っているので、それを適用後に修正を加えていきます。

効果をつける文字列を選択して、「ホーム」タブ「フォント」グループにある「文字の効果と体裁」ボタンをクリック。
文字の効果と体裁ボタン
展開したリストから凹み文字のスタイルをクリックします。
文字効果のリストから凹みを選んでクリック
下図↓は効果が適用された文字列です。
凹み効果が適用された文字列
このままでも完成度の高いオシャレな仕上がりですが、凹み効果をもう少しだけ強めに見せるため、ページの背景色を使ってみようと思います。

「デザイン」タブ「ページの背景」グループ→「ページの色」をクリック。パレットで色を指定します。
ページの背景色を設定
下図はモノトーンでまとめた例です。
凹み文字の効果・適用例1
凹み文字の文字色を薄いグレーから「白」に変え、背景色を暗くした例。
凹み文字の効果・適用例2
文字色に目立つ色を適用した例。
凹み文字の効果・適用例3

浅いピローエンボス風にアレンジ

文字色に目立つ色を適用する例で、凹みの効果に加えて「輪郭の線」を入れると、印象の違う仕上がりにアレンジできます。

上記の効果のリストをもう一度引き出し、下部の「」をクリック、展開した影の効果のリスト最下部にある「影のオプション」をクリックします。
影の効果のオプション
「文字の効果の設定」作業ウィンドウ左側のアイコン「文字の塗りつぶしと輪郭」に切り換え、「文字の輪郭」をクリックして展開し、「色=ライトグレー」「透明度=30%」「線幅=0.75pt」に設定します。
文字の輪郭を設定
「色」は背景色と同系統で1~2段明るめを選ぶのがコツです。
浅め細めのピローエンボス風にアレンジできました。
凹み文字の効果・適用例4
元の効果との比較です。
元の文字の効果との比較
▶このページで作成した文字をダウンロードできます

▶「光彩」でぼかした縁取りのある文字を作る


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。