ワード使いこなしの基礎と応用

文字の効果の「影」で、背景からの距離感を表現

「文字の効果」の規定スタイルからアレンジして作る文字デザイン【1】。「影」の効果を使って、背景から離れて浮き上がる文字を作ります。
▶「文字の効果」規定のデザインを基に文字を加工するコツ

ダイアログで影の数値を設定

効果を付ける文字列を選択し、「ホーム」タブ「フォント」グループにある「文字の効果と体裁」ボタンをクリック。
文字の効果と体裁ボタン
文字効果のリストから、影付きのシンプルなタイプを選びます。
文字効果のリストから選んでクリック
下図↓が適用後の文字列です。最小限の影が付いて、軽いニュアンスを与えるデザインですね。この効果の数値を修正して、違った印象を演出してみましょう。
文字の効果を適用した文字列
上記の効果のリストをもう一度引き出し、下部の「」をクリック、展開した影の効果のリスト最下部にある「影のオプション」をクリックします。
影の効果のオプション
スタイルと色以外の数値を下図のように修正しました。
文字の効果の「影」の数値を変更
ポイントは「ぼかし=6pt」と「距離=13pt」です。
この効果は影のぼかしと距離の数値を上げることで得られます。他は変えなくてもいいくらいです。変えるなら、様子を見ながらちょっとずつ数値を増減しましょう。

背景と文字の距離感を強調した修正です。文字が背景から離れて浮き上がったように見えます。
背景から離れて浮き上がったように見える文字効果
▶このページで作成した文字をダウンロードできます

▶ 「影」を内側に適用して、凹んだ文字を作る


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。