ワード使いこなしの基礎と応用

「光彩」「グラデーション」「輪郭線」で発光する文字を作る

暗い背景で月や星のように発光する文字の作り方です。輪郭線を効かせたネオンサイン風の文字の作り方も併せて図解しています。

目次


グラデーションと光彩で月光のような文字

「デザイン」タブの「ページの背景」→「ページの色」背景色に黒を指定します。
「デザイン」タブの「ページの背景」→「ページの色」で黒を指定
効果の適用サンプルとして「☽月の満ち欠け●」と入力して選択し、
効果の適用文字列を入力して選択
「ホーム」タブ「フォント」グループにある「文字の効果と体裁」ボタンをクリック。
文字の効果と体裁ボタン
展開したリストの「光彩」からリストを引き出し、最下部にある「光彩のオプション」をクリックします。
光彩のオプションをクリック
「文字の効果の設定」作業ウィンドウが開き、「光彩」が展開されています。
「色=明るい黄色(基本色)」「サイズ=20pt」「透明度70%」に設定しました。
※作業ウィンドウでは設定の変更がそのまま選択中の文字列に反映されるので、目で確認しながら数値を増減して下さい。
「文字の効果の設定」作業ウィンドウで光彩を設定
同じ画面の左側のアイコン「文字の塗りつぶしと輪郭」に切り替えて、「塗りつぶし」を線形グラデーションに設定します。
文字の「塗りつぶし」を線形グラデーションに設定
グラデーションの分岐点は全てゴールドの同系色です。
グラデーションの分岐点
下図↓は効果が適用された文字列です。
月光文字の効果が適用された文字列

輪郭線と光彩でネオンサインのような文字

前章の続きで、「文字の効果の設定」作業ウィンドウが表示されているものとします。
効果の適用サンプルとして「☆冬の星座☆」と入力して選択し、
効果の適用文字列を入力して選択
作業ウィンドウの「光彩」を「色=ブルー(基本色40%)」「サイズ=20pt」「透明度65%」に設定。
ネオン文字の光彩を設定
同じ画面の左側のアイコン「文字の塗りつぶしと輪郭」に切り替えて、「塗りつぶし」を「単色=薄いブルー(基本色80%)」、「輪郭」を「単色=暗いブルー(黒+基本色25%)」「透明度=50%」「線幅=0.25pt」に設定します。
ネオン文字の塗りつぶしと輪郭を設定
下図が使用した色です。参考にして下さい。
パレットの使用色
効果が適用された文字列はこう↓なりました。
ネオン文字効果の適用文字列
異なる色のバージョンを作ってみました。
ネオン文字の異なる色のバージョン
▶このページで作成した文字をダウンロードできます

▶「3-D書式」で立体文字をアレンジする


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。