ワード使いこなしの基礎と応用

「タブとリーダー」ダイアログでリーダー設定がうまくいかない理由

「タブとリーダー」ダイアログボックスでリーダーを設定したにもかかわらず、リーダー線が表示されない!・・・時には、以下のことを確認・実行してみて下さい。

目次


リーダー設定する段落を選択していない

灯台下暗しというか、意外と多いのがこれです。

タブ及びリーダーは段落に適用される書式です。設定する時も修正する時も範囲を選択する必要があります。
リーダーの設定時は段落範囲を選択
選択しないで設定すると、カーソルがある段落だけに適用されます。その段落が範囲外でタブと無関係ならリーダーは表示されません。
リーダーが表示されない時は、範囲がちゃんと選択されているか確認してみて下さい

リーダーを設定すべきタブ位置を間違えている

タブ揃えの設定をした段落にダイアログボックスでリーダー線を付ける設定をしようとすると、「タブ位置」の選択を誤ることがあります。

下図の赤○がリーダーを表示させる位置です。
「身長」は「中央揃え」でタブ設定してあり、数値は「小数点揃え」でタブ設定してあります。ルーラー上にそれぞれのタブ位置のマーカーが装着されていますね。
リーダーを表示させる位置とタブ位置
ダイアログボックスでリーダーを設定するときは、この「タブ位置」のどちらかを選択します。
ダイアログボックスでタブ位置を選択
結論を言うと、下のタブ位置「5.37字」を選択するのが正解です。
「0.93字」を選択してしまうとリーダーは表示されません。
この状況の詳細については前記事▶「タブとリーダー」で文字列間を点線でつなげる で解説しています。
リーダーが表示されない時は、設定した「タブ位置」を確認してみて下さい

複数のリーダー設定の際に、手順を抜かしている

「タブとリーダー」ダイアログボックスで複数のリーダーを一括設定する時、一つの「タブ位置」の設定が終わったら「設定」ボタンをクリックします。
これは必須の手順で、「タブ位置」ごとに行う必要があります。
「設定」ボタンをクリック
この手順を抜かすと、一番最後の設定だけが適用され、その前の設定は全て無かったことになります。

リーダーが表示されない時は、「設定」ボタンをクリックしたかを確認してみて下さい

リーダーを表示させる間隔が十分でない

リーダーでつなぐ文字列同士の間隔が狭いと、表示されないことがあります。
文字列同士の間隔が狭くてリーダーが表示されない
ルーラー上のタブマーカーをずらして間隔を広げれば表示されます
タブマーカーをドラッグして間隔を広げる

タブ揃えの設定手順——-▶タブの種類と使い方
リーダーの設定手順——-▶「タブとリーダー」で文字列間を点線でつなげる

リーダー設定の【まとめ】

  • リーダーを設定する時は必ず範囲を選択する
  • リーダーを設定するタブ位置を間違わないようにする
  • 複数のリーダーを設定する時は、1タブ設定ごとに「設定」ボタンを押す
  • リーダーの表示位置の幅を適正にする


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。