ワード使いこなしの基礎と応用

「本文」の段落同士の間隔を狭めたい時の対処法

段落前後の間隔設定の番外編。
「見出し」と「本文」の間隔は広く、「本文」と「本文」の間隔は狭くしたい時の簡単な設定方法です。

レポートや論文など長文の文書で、下図のように段落分けが為されていると仮定します。
段落分けした文書
「見出し」と「本文」の各「段落後」には適宜「間隔」が設定されていますが、「本文」の段落が並ぶ箇所ではスペースが空きすぎる感じです。
本文の段落同士の間隔が広すぎる
本文段落同士のスペースだけを縮めるためには、「ホーム」タブの「スタイル」で本文に適用された「標準」スタイルを右クリック、開いたメニューから「変更」をクリックします。
「スタイル」の標準スタイルを右クリック、メニューの「変更」をクリック
スタイルの変更」ダイアログボックスが開いたら、画面左下にある「書式」をクリックします。
段落ダイアログボックスの「書式」をクリック
書式のリストから、「段落」をクリック。
書式のリストの段落をクリック
段落ダイアログボックス「インデントと行間隔」が開きます。
「間隔」にある「同じスタイルの時は段落間にスペースを追加しない」にチェックを入れます。
ダイアログボックスの「同じスタイルの時は段落間にスペースを追加しない」にチェック
見出しとの間隔を損なうことなく、本文の段落同士のスペースが縮まりました。
本文の段落同士のスペースが縮まった

地味に役立つ簡単機能の一つで、長めの文書作成時には使う場面が出てくると思います。
基本の設定はこちら▶「行間」と「段落の間隔」を思い通りに整える


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。