図形の「塗りつぶし」「枠線」を編集する操作と実装例

図形の塗りつぶしと枠線を編集

図形の「塗りつぶし」「枠線」を編集する操作と実装例

図形のカスタマイズ。「塗りつぶし」「枠線」を編集してグラデーション・テクスチャ・図を適用する操作、編集後に書式を維持したまま図形を変更する操作を図解します。

スポンサーリンク

「図形」の塗りつぶしと枠線を変える

ファイルに図形を挿入して下さい。

図形をファイルに挿入する基本操作についてはこちらへ。

図形を選択すると、「描画ツール-書式」タブが表示されます。
描画した図形を編集するコマンドは「図形のスタイル」グループ右端にある「塗りつぶし」「枠線」「効果」の3つです。文字のコマンドと間違えやすいので注意しましょう。
図形の編集コマンド「塗りつぶし」「枠線」「効果」

色の置き換え

図形の塗りつぶし」をクリックすると、カラーパレットが引き出されます。
「図形の塗りつぶし」をクリック
好きな色をポイントしていくと図形に反映されるので、これ、という色のところでクリックします。
図形に適用する色をクリック
文字色を変えるときと同じですね。パレットに好みの色がなければ、「その他の塗りつぶしの色」→「色の設定」で指定します。
「その他の塗りつぶしの色」→「色の設定」

枠線の修正

図形の枠線」をクリックして、引き出されたメニューのカラーパレットで枠線の色を指定します。枠線が不要なら、「枠線なし」をクリック。
「図形の枠線」のメニュー
枠線の「太さ」、線種「実線/点線」の設定もここで変えられます。
枠線の「太さ」、線種「実線/点線」の設定
図形「コネクタ:カギ線矢印」を描画して、線の色を「赤」、線の太さを「6pt」、線種を「長2点鎖線」、矢印を「スタイル10」に設定した例です。
図形の枠線の修正例

グラデーションの適用

「図形の塗りつぶし」→「グラデーション▶」をクリック、バリエーションの一覧を引き出します。
「図形の塗りつぶし」→「グラデーション▶」をクリック
ポイントしていくと図形に反映されるので、これ、というグラデーションのところでクリックします。
適用するグラデーションのアイコンをクリック
分岐点の位置とか細かい修正がしたい時は、「その他のグラデーション」→「図形の書式設定」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」で指定します。

グラデーションの基本設定に詳しい解説があります。

テクスチャの適用

「図形の塗りつぶし」→「テクスチャ▶」をクリック、画像の一覧を引き出します。
「図形の塗りつぶし」→「テクスチャ▶」をクリック
ポイントしていくと図形に反映されるので、これ、というテクスチャのところでクリックします。
適用するテクスチャをクリック
テクスチャを適用すると、「描画ツール-書式」に並んで「図ツール-書式」のタブが出現したことに気付くと思います。
「描画ツール-書式」と「図ツール-書式」が並ぶ
塗りつぶしたテクスチャには「図の書式」を設定・修正できるということで、色の変更やアート効果の適用ができます。
色の変更・アート効果を適用したテクスチャで塗りつぶした図形

色の補正やアート効果を施す操作については、以下の記事を参照して下さい。

写真やイラスト画像の色を調整・補正する
タッチを変えて、アートな写真・画像を作る

図形を図(写真や画像)で塗りつぶす

図形に好きな写真やイラストなどを挿入することもできます。

「図形の塗りつぶし」→「図」をクリック
「図形の塗りつぶし」→「図」をクリック
次の画面で、挿入したい画像の保存場所を選択。
挿入したい画像の保存場所を選択
図の挿入」ダイアログで画像の保存場所へアクセス、目当ての画像を選択して「挿入」をクリックします。
画像を選択して「挿入」をクリック
図形に画像が取り込まれました。
図形が図で塗りつぶされた
画像の縦横比が気になる時は、「図ツール-書式」に切換え、「トリミング▼」→「塗りつぶし」をクリックして修正します。
バランスが悪い時は「トリミング▼」→「塗りつぶし」をクリックして修正
このケースでは、写真に合わせて図形の横幅を広げました。
写真に合わせて図形の横幅を拡大

トリミングを修正する操作は以下の記事の→ 3.描画した図形でトリミングする で詳しく解説しています。自由に描いた図形でトリミングする方法も記載しています。

画像・写真を図形で切り抜くトリミングと枠と図のキレイな合わせ方

塗りつぶした「図」も、テクスチャと同様に色の変更やアート効果の適用、画質の修正などができます。
色の変更・アート効果を適用した図で塗りつぶした図形

図形の変更

上記の修正作業で分かるように、このオブジェクトは「図形」で「写真」をトリミングして作成されています。
図形と写真をトリミングで合成したオブジェクト
「図形」と「写真」が一つのオブジェクト内で合成されている状態のため、「図形」そのものを変更することが可能なのです。

「描画ツール-書式」→「図形の挿入」グループ「図形の編集」→「図形の変更」をクリック。図形の一覧から、変更したい図形をクリックします。
「図形の編集」→「図形の変更」をクリック
書式を引き継いだまま、図形が変更されました。
図形が変更された

もちろん、「図形の効果」を適用したり、調整ハンドルで変形させることもできます。
「図形の効果」を適用、調整ハンドルで変形させたオブジェクト

タイトルとURLをコピーしました