ワード使いこなしの基礎と応用

「図の効果」の「反射」を使う詳細解説と適用例

「反射」は画像の下方向に反転した映り込みを作る効果です。「反射」の設定・修正と主な使い方を適用例と共に解説します。光沢のある床面を表現する手法も掲載。

目次


「反射」を設定する操作

「挿入」タブ→「画像」クリックでイラストや写真をファイルに取り込みます。

スポンサーリンク

画像の挿入や移動がうまくいかない時は、▶画像の挿入

画像が挿入されると、画面の上部に並ぶタブの更に上に「図ツール」というタブが出現します。この下の「書式」を選択し、「図のスタイル」一覧の右横に縦に並ぶテキストボタンの真ん中「図の効果▼」をクリック。展開したメニューの「反射」→「反射の種類」が表示されます。
「図の効果」→「反射」→「反射の種類」
3段階の適用範囲と距離から「反射」を選びます。
「弱」は映り込む範囲が画像の下側1/3程度、「中」は半分くらい、「強」はほぼ全体。
オフセットとは画像からの距離を表し、一番上は0pt、真ん中は4pt、一番下は8pt。
反射の距離と適用度のリスト

詳細設定

反射をもっと細かく調整したい時は、「図の効果」→「反射」→「反射の種類」の下にある「反射のオプション」をクリックします。
「反射のオプション」をクリック
「図の書式設定」の「反射」の詳細設定が開きます。
ここでは反射の「透明度」「サイズ」「ぼかし」「距離」を数値で指定できます。
「図の書式設定」の「反射」の詳細設定

透明度
反射の透明度は0%で画像と同じ濃度で表示され、100%で消えます。
下図の右は透明度90%表示。うっすら映り込む感じです。下左図(0%)と下右図の濃淡の範囲で数値指定します。
反射の透明度の比較

サイズ
反射のサイズとは映り込みの範囲です。100%(下右図)が上限で、画像全体が映り込み範囲に入ります。下左図はサイズ10%。0%指定で消えます。
反射のサイズの比較

ぼかし
映り込みのぼかしを調整します。下左図はぼかし0。右は5ptぼかしています。
反射のぼかしの比較

距離
本体と映り込みの距離を指定します。上限は100pt(下右図)、下限は0pt(下左図)。
反射の距離の比較

「反射」の効果的な使い方

スポンサーリンク

「反射」効果の多くは、床面や水面への映り込み表現に使われます。
そうした画像との接地面を図形で描いて合成すれば、表現の幅が広がります。

光沢のある床面を描き足す

図形で床面を描いて画像と合成する手順を簡単に説明します。

透明度設定グラデーションで塗りつぶした図形と合成した応用例です。
反射を適用した画像と図形を合成した応用例
図形でトリミングして枠線・パターン塗りつぶし、内側の影を適用した画像をコピー、「図」として貼り付け、上下左右反転した例。反射はサイズ90%、透明度・ぼかし・距離は0。
図形でトリミングして枠と背景を付け、ミラーコピーした例


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。