ワード使いこなしの基礎と応用

「図の効果」の「3-D回転」で写真を変形させる操作と適用例

写真を変形させる効果です。遠近感を手軽に表現でき、テーブルの上に置いた写真、壁に貼り付けてちょっと傾いた写真などにワンクリックで変身させられます。

目次


「3-D回転」の変形リスト

スポンサーリンク

画像を選択すると、画面の上部に並ぶタブの更に上に「図ツール」というタブが出現します。この下の「書式」を選択し、「図のスタイル」一覧の右横に縦に並ぶテキストボタンの真ん中「図の効果▼」をクリック。展開したメニューの「3-D回転」→変形リストが表示されます。
「図の効果」→「3-D回転」→変形リスト
リストは、投影法別に3つのカテゴリーに分かれています。
「3-D回転」の投影法別カテゴリー

平行投影

多数の視点で平行に対象物を捉えて作画する投影法です。画像を色んな視点で柔軟に変形させます。机上に置いたような写真や真横から見たような写真を表現したいなら、ここから選びましょう。
平行投影
「平行投影」の適用図のリストです。
「平行投影」の適用図のリスト
机上に置いたような写真にしたいなら、下図の3スタイルから選べばいいわけです。
机上に置いたように変形させる3つのタイプ
「影―外側」を適用した例です。
平行投影を適用した写真に「影―外側」を適用した例

透視投影

スポンサーリンク

一つの視点から対象物を捉えて作画する投影法です。画像の変形度は小さく、上下左右に視点を移して眺めたような感じで向きを変えます。少し仰向かせたいとか、右を向かせたいとかいう時には、ここから選びましょう。
透視投影
「透視投影」の適用図のリストです。
「透視投影」の適用図のリスト
「影ー透視投影」と組み合わせた例です。
3-D回転の透視投影を適用した写真に「影―透視投影」を適用した例

斜投影

図形のオーソドックスな直方体は「斜投影」で作画されます。
図形で描いた直方体
正面の四角形に斜めに奥行きを描き足した感じの図で、4つのバリエーションがあります。
斜投影
写真は平面的なオブジェクトですから、通常、この効果ではほとんど変化しません。
「面取り」効果で写真をやや立体化させてから適用したのが下図です。
「斜投影」の適用図のリスト
光の当たり具合がちょっぴり変わるくらいですね。


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。