ワード使いこなしの基礎と応用

アウトライン レベルと階層構造

アウトラインレベル」は段落に付ける階位のことです。
段落書式の一つで、整理された文書を組み立てる骨格の要になります。

最上位の段落には「レベル1」が付き、数値が上がるほど位は下になります。最下位レベルは「9」で、その下に位無しの「本文」がきます。「本文」は貴族社会で言うところの「一般庶民」のポジションですね。

基本的な階層構造で、アウトラインレベルを付ける段落は「見出しです。
目次作成の番外テクニックなどで「見出し」以外にレベルを設定する場合もありますが、通常は「レベル1」=「見出し1」、「レベル2」=「見出し2」・・・です。

下図は見出し1~3までを使った構成例です。
上位レベルが下位レベルと本文を配下に従える構図がイメージできると思います。
アウトラインレベルの構成例

アウトラインレベルは、白紙から作っていくこともできますし、既に章立て(章・節・項に分岐させる)して完成された文書に後から設定することもできます。
章立てについては、▶長文の文書を作成する練習|基本構成(章・節・項)を決める

また、階層構造に特化した「アウトライン」という表示モードもあります。これは文書の作成段階で使うというより、全体の構成を確認する時や修正作業の時に役立ちます。
▶アウトライン表示での操作


    文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。