ワード使いこなしの基礎と応用

ページ番号を削除する

ページ番号の削除方法です。メニューの「ページ番号の削除」をクリックして削除できるものは限定されます。確実に削除するには…

スポンサーリンク

目次


「ページ番号の削除」ボタン

「挿入」タブ「ヘッダーとフッター」グループにある「ページ番号▼」から引き出せるメニューには「ページ番号の削除」という項目があります。
「ページ番号▼」→「ページ番号の削除」
初見だと、どのページ番号でもここをクリックすれば一発クリアできるに違いない、と思うかもしれません。・・・が、そうはいかないのがWord。
このボタンで削除できるのは「ページ番号▼」→「ページの上部」「下部」「余白」から挿入したページ番号のみ。
「ヘッダー▼」「フッター▼」から挿入したページ番号には効きません。

確実にページ番号を削除するには…

スポンサーリンク

ページ番号を削除する最も手っ取り早く確実な方法は、ページ番号を選択した上でDeleteキーかBackSpaceキーを押すことです。
ページ番号を選択した上でDeleteキーかBackSpaceキーを押す
このやり方なら、「ヘッダー▼」「フッター▼」から挿入したページ番号でも、「ページ番号▼」から挿入したページ番号でも、クリアできます。
連続しているページ番号なら、どれか一つを削除すれば全体が削除されます。
セクションごとにページ番号を振っている場合は、セクション単位での削除が必要です。

※ページの余白に挿入したページ番号はテキストボックスで配置されるので、テキストボックスを選択(辺が破線から実線になる)してDeleteかBackSpaceを押します。
ページ番号の入ったテキストボックスを選択


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。