ワード使いこなしの基礎と応用


ページ番号を自動で振る

ページのヘッダーやフッターに自動でページ番号を挿入させます。ファイルのページに番号を振る基本設定とヘッダー・フッター・左右余白それぞれのページ番号表示例を図解します。

目次


ページ番号の基本設定

ページ番号は通常ヘッダーかフッターに表示させます。▶ヘッダーとフッター詳細

挿入」タブをクリック。
挿入タブをクリック
ヘッダーとフッター」グループの「ページ番号▼」からメニューを展開させて番号を表示させたい位置を選んでポイントします。
ページ番号のメニューから表示場所を選択
ページの上部」はヘッダー、「ページの下部」はフッター、「ページの余白」は左右の余白、「現在の位置」はあらかじめ番号を表示させたい位置にカーソルを置いてから選びます。

ここではフッターに表示させることにして「ページの下部」にマウスポインタを合わせ、右横に出現するスタイルの一覧を下へスクロールして好みのものを選びます。
ページ番号のスタイルを選択
これ!っていうデザインがなくても一番近そうなのを選んでおけば、後で書式は修正できます。

ページ番号の表示例

ヘッダーに表示させた例
ヘッダーにページ番号を表示させた例(ページ全体)
描画ツール-書式」で「図形の編集」⇒「図形の変更」。更に図形のスタイルを適用、フォントサイズを少し大きくして位置を修正しました。
ヘッダーにページ番号を表示させた例(拡大)

フッターに表示させた例
フッターにページ番号を表示させた例(ページ全体)
シンプルな表示例。フォントの色とサイズをちょっとだけ変更。
フッターにページ番号を表示させた例(拡大)

余白(右)に表示させた例
右の余白にページ番号を表示させた例(ページ全体)右の余白にページ番号を表示させた例(拡大)
図形のスタイルを適用し数字の位置を中央揃えに修正。図形の位置もドラッグで変更。



文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。