ワード使いこなしの基礎と応用

余白の基本設定と余白を無しにする設定

文書の余白は読みやすさや見栄えに大きく影響します。基本的な設定方法と上下左右の余白を全て0㎜にして、余白の無い文書を作る設定を図解します。

目次


最適な余白を設定

余白は文書の体裁やテキスト量によって変わるべきものですが、文書の作成途中で変更するとレイアウトが崩れる可能性もあるので、できれば作成前に決めておくのがベストだと思います。

スポンサーリンク

最適な余白を決めるためには、作ろうとする文書と同タイプのテンプレートを参考にするのが近道かもしれません。または、1ページ目をを入力してみて、印刷プレビューを見ながら余白が適正か判断してもいいでしょう。
「ちょっと広め」「かなり狭く」みたいな大雑把な判定をした上で、「レイアウト」タブ「ページ設定」グループの「余白▼」をクリック、引き出されたリストから近いものを選びます。
「レイアウト」タブ「ページ設定」グループ「余白▼」のリスト
下図は「標準」から「やや狭く」に変更した文書です。
余白を「標準」から「やや狭く」に変更
ここから更に修正が必要だと思ったら、「余白▼」のリストの「ユーザー設定の余白」をクリックします。
「ユーザー設定の余白」をクリック
「ページ設定」ダイアログボックスが開き、「余白」の画面が表示されると、画面上部に上下左右の余白を個別に修正できるエリアがあります。
「ページ設定」ダイアログボックスの「余白」

余白を0にする

フチ無し印刷するハガキのように余白を全て無くした文書を作りたい時は、ダイアログボックスの上下左右の余白の数値を全て0㎜に修正します。
ダイアログで上下左右の余白の数値を全て0㎜に修正
「OK」をクリックすると、こんな↓注意喚起画面が出現しますが、慌てずに「無視」をクリックして下さい。
余白設定の注意画面で「無視」をクリック
文書の四隅にあったトンボが消えて、余白が無くなったことが分かります。
トンボが消えて、余白が無くなった
▶「はがき」のページ設定


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。