ワード使いこなしの基礎と応用

資料文献(引用文献・参考文献)と文献目録を作成する

論文やレポートに「引用文献」「参考文献」を挿入することは、論拠の明示と著作権法遵守のために欠かせない作法です。Wordには引用文献や文献目録をスムーズに作成できる機能があります。

目次


引用文献の挿入

スポンサーリンク

引用文献(参考文献)の作成作業に入る前に、文書のテーマや分野に適したスタイルを選択しておきます。
引用文献をよく知るためにも以下の記事を御一読下さい。
▶引用文献作成はまず、スタイルの選択から

スタイルを選択したら、引用文献の挿入に進みましょう。
引用した文章、または他者の作成物を参照して執筆した文章の末尾にカーソルを置いて、
引用箇所の末尾にカーソルを置く
「参考資料」タブ「引用文献と文献目録」グループの「引用文献の挿入▼」から「新しい資料文献の追加」をクリックします。
「引用文献の挿入」→「新しい資料文献の追加」をクリック
資料文献の作成」ダイアログボックスが開きます。
一番上の「資料文献の種類」はプルダウンメニューの「書籍・書籍のセクション・雑誌/刊行物の記事・新聞記事・会議議事録・論文/レポート・WEBサイト・WEBサイト上の文書・電子情報・芸術・録音物・公演・録画物・インタビュー・特許情報・訴訟情報・その他」から選びます。
資料文献の作成ダイアログで種類を選択
その下にある文献目録フィールド(文献目録に記載する項目)は、選択した種類・スタイルによって大きく変わります。
種類の選定で切り替わった画面に並ぶ項目が、その文献で記載を推奨される情報です。
種類による文献目録フィールドの比較例
文献目録フィールドの該当箇所を入力していきます。下図の画面にある「著者・タイトル・年・発行元」は「スタイル:SIST02」「種類:書籍」で推奨される記載項目です。
文献目録フィールドを入力
「OK」を押せば資料文献が一つ登録され、選択したスタイルに応じて文中の引用末尾に「著者名、年」か「引用番号」が表示されます。
引用文献の「著者名、年」表示方式
引用文献の「引用番号」表示方式

文書の最後に文献目録を作成

上記の手順で資料文献(引用文献・参考文献)を登録したら、文書の最終ページに目録を作成しておきます。

スポンサーリンク

「参考資料」タブ「引用文献と文献目録」グループの「文献目録▼」にある3タイプ「引用文献」「参照文献」「文献目録」から選択します。
「文献目録」→「引用文献」「参照文献」「文献目録」から選択
3タイプとも表記に違いはありません。表題を選ぶだけです。
文章をそのまま直接引用した文献の一覧であれば「引用文献」、間接引用した文献の一覧なら「参照文献」、混合なら「文献目録」を選んでおけばいいと思います。
下図は「文献目録」をクリックして作成した例です。
「文献目録」の作成例

文献情報を追加・編集する

資料文献の情報を後から追加・編集する操作です。

文中に挿入した引用文献を選択して、右横▼から「資料文献の編集」をクリックします。
「資料文献の編集」をクリック
資料文献の編集」ダイアログボックス画面の左下にある「すべての文献情報フィールドを表示する」にチェックを入れると、記載する項目のエリアが広がります。
「すべての文献情報フィールドを表示する」にチェック
下へスクロールして追加したい項目を探し、入力します。
資料文献の編集ダイアログで追加したい項目を入力
Enterを押すと、以下のような確認画面が現れます。「はい」を押して承認します。
確認画面が出たら承認
最終ページの「文献目録」をクリックして上部に出る「引用文献と文献目録の更新」をクリックします。
「引用文献と文献目録の更新」をクリック
追加した「翻訳者名」が表示されました。
文献目録に追加したフィールドが表示された



文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。