ワード使いこなしの基礎と応用

Word文書はナビゲーションで管理しよう

「ナビゲーション ウィンドウ」には文書の階層構造が自動的に表示されるため、ページ数の多い文書全体の把握がスムーズ。見出しやページをクリックすれば即座にその場所へ移動します。特定の語句を検索する機能も便利です。

スポンサーリンク

目次


ナビゲーションウィンドウの表示

ナビゲーション機能を使うには、「表示」タブにある「ナビゲーションウィンドウ」にチェックを入れます。
表示タブの「ナビゲーションウィンドウ」にチェック
画面の左端に「見出し」「ページ」「検索」の3つのタブがある「ナビゲーション」作業ウィンドウが開きます。
ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションの「見出し」で移動

作業ウィンドウの最初のタブ「見出し」には、見出しの文字列が適用したレベル順に入れ子式で並んでいます。
ナビゲーションウィンドウを表示
この見出しのテキストをクリックすると、瞬時にその位置までジャンプします。
見出しをクリックして移動
長文になればなるほど、特定の箇所を探すだけでも一苦労ですが、見出しが適切に設定されていればナビゲーションを使って素速く目的地にたどり着けるわけですね。修正作業時にはとてもありがたい機能です。

ナビゲーションの「ページ」で移動

ページ単位で移動することもできます。ナビゲーションウィンドウのタブを「ページ」に切り替え、目当ての画像をクリックするとそのページに飛びます。
ページの画像をクリックして移動

検索の使い方

ナビゲーションウィンドウには「見出し」「ページ」の他にもう一つ、「結果」というタブがありますが、ここは検索結果を表示します。

スポンサーリンク

上部にある検索窓にテキストを入力すると、該当する箇所の前後の文章を抜き出して表示してくれます。太字になった検索語をクリックすると、その場所へジャンプします。
ナビゲーションウィンドウで検索
この時、文書内の検索語もハイライトされています。
文書内の検索語がハイライトされる


▶表示を「アウトライン」にすると、編集作業が更に効率化できます


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。