ワード使いこなしの基礎と応用

使うスタイルだけリボンに表示

スタイルギャラリーの領域は限られているので、使用頻度の高いスタイルだけを表示させておきたいものです。長文の文書作成では特に、無駄のない作業環境を整えておく必要があります。

使用しないスタイルを非表示にする

スタイルギャラリーの表示を確認し、必要なものと不要なものを選り分けます。

スポンサーリンク

「ホーム」タブ「スタイル」の「その他」▼をクリックして、
「ホーム」タブ「スタイル」の「その他」▼をクリック
スタイルギャラリーを展開。
スタイルギャラリー
文書で使用しないと思われるスタイルを見定めておきます。

スポンサーリンク

次に、「スタイル」の右下角にある斜め矢印をクリックし、
「スタイル」の右下角にある斜め矢印をクリック
スタイルの作業ウィンドウを開いて、最下部にある「A✓」の「スタイルの管理」ボタンをクリックします。
「スタイルの管理」ボタンをクリック
スタイルの管理」ダイアログが開いたら、画面を「推奨」に切り換えます。
ギャラリーに表示されるのは推奨スタイルだけなので、「推奨スタイルのみを表示」にチェックを入れます。
「推奨スタイルのみを表示」にチェック
使用しないスタイルをCtrlキーを押しながら選択していきます。(※ギャラリーに無い規定外のスタイルまで選択する必要はありません)
選択が完了したら、「スタイルを推奨スタイルとして表示するかどうかを設定してください」とある下の「表示しない」をクリックします。(※「表示しない」をクリックしてもスタイルがなくなる訳ではなく、この画面からいつでも元に戻せます)
使用しないスタイルをCtrlキーを押しながら選択
これで「OK」すると、ギャラリーの表示が必要なスタイルだけに変わります。
スタイルギャラリーがカスタマイズされた
折りたたんだ状態だと↓こう。(画面サイズにもよります)
折り畳まれたスタイルギャラリー
もし、一番使いたいスタイルが隠れてしまったりしてたら、優先順位を変更することもできます。
→▶スタイルギャラリーを並べ替える


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。