ワード使いこなしの基礎と応用

「スタイル」にデザインと配色をセット

規定のスタイルにはデザイン書式がほとんど適用されていません。一つ一つカスタマイズするのは時間も手間もかかります。時短でデザインと配色が整ったスタイルを組み込む操作を図解します。

規定のスタイルのデザインを変える

Wordの文書を開くと、「ホーム」タブリボンの右寄り中央に「スタイル」の一覧があります。
スタイルの一覧
文書にテキストを入力して主だったスタイルを適用してみましたが、この規定のスタイルには、装飾的な書式が最小限しか施されていません。
規定のスタイルを適用したテキスト
これを一つ一つ修正していってもいいんですが、ここでは手間を省いて手軽にデザインを設定します。

画面を「デザイン」タブに切り換え、リボンに長く伸びた「ドキュメントの書式設定」に並ぶ書式スタイルのセットを順にポイントしていきます。
「デザイン」タブのドキュメントの書式設定
マウスを移動させるごとに文書のスタイルが変わるので、気に入ったデザインのところでクリックして決定します。
書式セットをポイントするとデザインが変わる

デザインが決まったら、次は自分の好きな色合いに変えてみましょう。
同じ「デザイン」タブの「配色▼」をクリック。リストのカラーセットを順にポイントしていくと文書の配色が切り替わります。
「デザイン」タブの「配色」
気に入った配色のところでクリックして決定します。
カラーセットをポイントすると配色が変わる
「ホーム」タブの「スタイル」にデザインと配色が反映されています。
「スタイル」にデザインと配色が反映された
※Wordのお勧めテンプレートには文書の種類に応じたスタイルが組み込まれています。作成したい文書のタイプがはっきりしているなら、テンプレートのスタイルを使用する方法もあります。コンテンツのサンプルも使えて便利です。
▶Wordテンプレート活用の裏技


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。