ワード使いこなしの基礎と応用

割注の作り方と編集

内容の説明や難解な語句の注釈を、上下2段に分けたコンパクトな文字列にして括弧で括る操作です。「割注(”わりちゅう”と読みます)」といい、Wordの拡張書式の一つ。割注の作り方、折り返し位置の修正について図解します。

目次


割注の作り方

割注にしたい文字列を選択して、
割注にしたい文字列を選択
「ホーム」タブ「段落」グループにある横に引き伸ばされたAの形の「拡張書式」ボタンをクリック、プルダウンリストから「割注」を選択します。
「拡張書式」ボタンから割注をクリック
「割注」ダイアログボックスが開いたら、「括弧で囲む」にチェックを入れ、「括弧の種類」を選択します。ここは初期値の丸括弧でいきます。
「割注」ダイアログボックス
「OK」すると、割注が適用されました。
割注が適用された文字列

割注の改行位置を修正する

ここで気になるのが割注の折り返し位置です。
「様々なビジネスの円」と「滑な運営をサポート」で分割されていますね。ここはどうしても修正しておきたいところです。

割注を選択して、もう一度「拡張書式」ボタン→「割注」をクリックしてダイアログボックスを開きます。
対象文字列」のボックス内で、「の」と「円」の間をクリックし、全角スペースを入力します。割注は文字列の真ん中で折り返されるため、この場合、入力するスペースは2つになります。プレビューの表示を確認しながら作業します。
割注ダイアログで対象文字列の改行したい位置にスペースを入れる
これで「OK」すれば、意図した位置で改行されているはずです。
意図した位置で改行された割注

割注を中央揃えにする

上記の割注を中央揃えにして表示させたい場合は、「対象文字列」に入力する全角スペースの位置を上段にくる文字列の前後に割り振ります。
このケースでは、冒頭に一つ、「の」と「円」の間に一つ、スペースを入れます。
プレビューを確認して、「OK」。
割注上段の文字列の前後にスペースを入れる
下図のように作成されます。
割注が中央揃えになった

割注の文字端を揃え、均等な印象にする

割注の上段・下段を均等割り付けで揃えることはできませんが、スペースの割り振りを工夫すれば、均等な印象を演出することも可能です。
下図は、割注の上段にくる文字列に半角スペースを幾つか差し込んで文字数を調整したダイアログです。
割注の上段文字列を半角スペースで文字数調整
文章によっては難しくなるかもしれませんが、文字列の構成を考慮しながら半角・全角スペースを適宜に使い分けていけば、両端を揃えて均等に見えるよう印象操作できると思います。
両端を均等に揃えた割注


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。