ワード使いこなしの基礎と応用

蛍光ペンを書式で置換|同一文字列に一括で適用

「検索・置換」機能を使い、文書内の同じ文字列にまとめて蛍光ペンを適用する操作です。ここでは「見出し」「本文」でスタイル分けされたレポート形式の文書で「本文」にだけ適用します。

書式の「スタイル」で検索して本文内の同一文字列に蛍光ペンを適用する

▶蛍光ペンを適用する方法・消す方法

まず、「ホーム」タブの「フォント」グループにある斜めのペン型になった「蛍光ペン」ボタン横の▼をクリックして、ペン色を選んでおきます。
「蛍光ペン」ボタンから色見本
ホーム」タブのリボン右端寄りにある「編集」グループの「置換」ボタンをクリックします。
置換ボタンをクリック

検索と置換」ダイアログボックスが開き、下半分の「検索オプション」が無かったら「<< オプション」をクリックして展開します。
検索と置換ダイアログで「<< オプション」をクリック
検索する文字列」のテキストボックスに、蛍光ペンを適用したい文字列を入力します。
ただ、これだけだと「見出し」にも蛍光ペンが塗られてしまうので、検索条件に書式も指定して本文内でだけ適用されるようにします。
「検索オプション」エリアの最下部にある「書式▼」をクリック。リストから「スタイル」をクリックします。(※この操作は、各見出しスタイルが設定されていることが前提です)
「検索オプション」の書式▼から「スタイル」をクリック
文字/段落スタイルの検索」ダイアログが開いたら、リストから「標準」を選択して「OK」。
文字/段落スタイルの検索ダイアログで「標準」を選択
検索する文字列」下の「書式:」に「スタイル:標準」という記述が追加されました。
検索する文字列の「書式:」に「スタイル:標準」
続いて、「置換後の文字列」のテキストボックスにカーソルを置いて、「検索オプション」→「書式▼」→「蛍光ペン」をクリックします。この時、「書式」ボタンの上の文字が「置換」になったことを確認します。
「書式」ボタンの上の文字が「置換」になったことを確認
置換後の文字列」の下の「書式:」に「蛍光ペン」という記述が追加されました。「すべて置換」をクリック。
置換後の文字列「書式:」に「蛍光ペン」という記述が追加
設定完了の告知画面が出るので、Enterを押します。
設定完了の告知画面
見出しに適用されることなく、文書内の同一文字列「恐竜」に蛍光ペンが塗られました。
文書内の同一文字列「恐竜」に蛍光ペンが適用された
▶蛍光ペンを書式で置換|ペン色を一括で変える


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。