ワード使いこなしの基礎と応用

「印」「秘」「注」「済」などを○や□で囲った文字を作る

配布文書を作るのに、丸印㊞を挿入したい場面は頻繁にあります。これはWordにある「囲い文字」で簡単に実装できます。丸印、マル秘だけでなく、「注」「済」などを四角や三角で囲った文字も作れます。色を変える、影を付けるなどの書式設定もできます。
※この機能の名称は「囲い文字」ですが、一般に「囲み文字」の方が通りがいいので、両方の呼称を記事内で使っています。

目次


丸印㊞を作る

押印の枠内(表セルを中央揃えにしておきます)をクリックしてカーソルを点滅させ、
押印の枠内をクリック
「ホーム」タブ「フォント」グループの「囲い文字」ボタンをクリックします。
囲い文字ボタン
「囲い文字」ダイアログボックスが開いたら、「囲み」の文字一覧にある「」をクリックして選択します。スタイルは初期値の「外枠のサイズを合わせる」、囲みの型は「」のままでOK。
「囲い文字」ダイアログボックスで「印」をクリック
丸印ができました。
丸印の囲み文字ができた

マル秘㊙を作る

ヘッダー部をクリックして「」と入力、ミニツールバーでフォントサイズを大きく(ここでは72pt)し、文字を選択します。
「秘」と入力して、サイズを大きくする
「ホーム」タブ「フォント」グループの「囲い文字」ボタンをクリックします。
囲い文字ボタン
「囲い文字」ダイアログボックスのスタイルを「文字のサイズを合わせる」に変えて「OK」します。
囲い文字ダイアログボックスのスタイルを「文字のサイズを合わせる」に換える
サイズに適応した大きな囲み文字が作成できました。
マル秘の囲み文字が作成できた

囲み文字の書式設定(色を変える・影を付けるなど)

マル秘は赤で表示されることが多いので、文字色を変えます。
テクニックは必要なく、普通にミニツールバーで赤を選べばいいだけです。
囲み文字の色を変更

装飾的な書式を設定するのも通常の文字と同じ操作でできます。
囲い文字に限らず、文字書式の設定は「文字の効果の設定」作業ウィンドウから行うと修正箇所がすぐに反映されるので、目で見ながら分かりやすく操作できます。
▶「文字の効果」規定のデザインを基に文字を加工するコツ
本題から外れるので解説を省きますが、下図にある例はどれも簡単な効果を適用してできます。
囲み文字に書式を設定した例

その他の色々な囲み文字

よく使う囲み文字を挙げておきます。

文字=「注」、囲み=「△」、スタイル=「文字のサイズを合わせる」で実行
△と注の囲み文字

文字=「禁」、囲み=「◇」、スタイル=「文字のサイズを合わせる」で実行
禁と◇の囲み文字

文字=「適」、囲み=「□」、スタイル=「文字のサイズを合わせる」で実行
適と□の囲み文字

文字=「済」、囲み=「○」、スタイル=「文字のサイズを合わせる」で実行
済と○の囲み文字

▶囲み文字で○や□がずれる時の対処法
▶囲み文字(囲い文字)の解除法


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。