ワード使いこなしの基礎と応用

Wordで書式をコピーする技

書式のコピー技です。まとめてコピー、まとめて貼り付け。段落書式だけ、または文字書式だけを抜き出して貼り付け。コピーした書式を連続して貼り付ける操作。解除方法。書式コピー失敗例と対処法を解説。

目次


書式をコピーする操作

下図の最初の段落には赤の文字色、太字、網かけの背景、左右のインデントと複数の書式が設定されています。この段落内の書式をまとめてコピーします。
複数の書式が設定された段落

刷毛型ボタンと「書式のコピー/貼り付け」ボタン

(1)ミニツールバーの刷毛型ボタン
書式の設定された段落内のどこか1文字を選択すると右サイドにミニツールバーが開きます。その中の刷毛型ボタンをクリックします。
ミニツールバーの刷毛型ボタンをクリック

(2)「ホーム」の「書式のコピー/貼り付け」ボタン
書式の設定された段落内のどこかをクリックしてカーソルを点滅させ
段落内のどこかにカーソルを置く
「ホーム」タブ左端の「クリップボード」グループにある「書式のコピー/貼り付け」ボタンをクリックします。
「書式のコピー/貼り付け」ボタンをクリック

連続して書式をコピー/貼り付け

上記の操作で、ミニツールバーの刷毛型ボタン、「ホーム」リボンの「書式のコピー/貼り付け」ボタンをダブルクリックします。

ダブルクリックでコピーすると、書式をペーストしてマウスを放しても、「書式のコピー/貼り付け」機能はそのまま維持され、何箇所でも続けてペーストできます。

書式の貼り付け操作

書式をコピーすると、マウスカーソルが刷毛と「Ⅰ(文字の入力ポインタ)」の複合型書式のコピー/貼り付けのマウスポインタに変わります。
言い換えれば、マウスカーソルがこの形書式のコピー/貼り付けのマウスポインタであれば「書式の貼り付け」が実行できるということです。

この「書式の貼り付け」は、マウス操作によって「コピーした全ての書式」「文字書式だけ」「段落書式だけ」と使い分けることができます。

コピーした全ての書式を貼り付け

マウスカーソルの「」部分を、書式をペーストする文字列の冒頭(または末尾)に合わせてから(冒頭なら右へ、末尾なら左へ)ドラッグします。
書式のコピーのマウスカーソルを文字列に合わせてドラッグ
コピーしたすべての書式がペーストされました。
コピーしたすべての書式をペースト

段落書式だけを貼り付け

段落全体に設定された書式は、この例では「網かけ」と「インデント」です。
文字書式の「フォントの色」「太字」を除いて段落書式だけをペーストするには、段落の範囲内(余白を含む)をクリックするだけ。瞬間的に段落書式が適用されます。
段落書式だけをペースト

文字書式だけを貼り付け

「フォントの色」「太字」の文字書式だけを貼り付けるには、書式を施したい文字列をドラッグします。
文字書式だけを貼り付け

※ダブルクリックでコピーして、連続して下図の①~③の操作でペーストした場合も、上記と同様に適用書式の内容が変わります。
ダブルクリックでコピー下書式の連続貼り付け操作
こう↓書式がペーストされます。
貼り付け操作に応じた書式の適用

「書式のコピー/貼り付け」の解除方法

操作を解除する時は、キーボードの「Esc」を押すか、「書式のコピー/貼り付け」ボタンをクリックします。
「書式のコピー/貼り付け」を解除

書式コピー失敗例と対処法

複数の書式をまとめてコピーできるとはいえ、並列した同じ種類の書式を同期させるのは無理です。
例えば、「フォントの色」で異なる色を指定した範囲が並列している段落を書式コピーすると、最初の色だけが適用されます。
並列した同じ種類の書式は最初の設定だけが適用される

均等割り付けに注意

コピー元の範囲の一部に「均等割り付け」が適用されていると、貼り付け時に横幅の倍率が大きく縮小されます。
均等割り付けをコピーすると横幅の倍率が大きく縮小
上図の例なら「フォント」ダイアログで「倍率」を100%にすることで対処できますが、最初から「均等割り付け」を避けて書式をコピーすれば余計な手間がかかりません。
均等割り付けを避けてコピー

別ファイルへのコピー

書式は別ファイルにもコピーできますが、完全に同じにならないことがあります。
書式を別ファイルにコピー
「フォントの色」をコピーしましたが、違う色になっています。
「フォントの色」の書式が別色になる
これはコピー先のテーマ・配色が優先されるためです。この例では、「デザイン」タブで「配色」をコピー元と同じにすることで対処できます。
「デザイン」タブで「配色」を変える

付記

文書の作成にあたり、使用頻度の高い書式はできるだけ「スタイル」にまとめて管理することをお勧めします。「書式のコピー/貼り付け」は、その場だけの手直しやちょこっとした装飾に便利なテクニックと捉えた方がいいと思います。


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。