ワード使いこなしの基礎と応用

段組みに「境界線」を表示

段と段との間隔を適度に設ければ、文書のコンテンツの区切りを明確にできます。
ですが、内容によっては、もっとはっきり区画を明示したい箇所が出てくると思います。そんな時に役立つのが「境界線」です。

スポンサーリンク

段組みの設定範囲を選択して、(既に設定された段組みに表示させる時は、段組み内にカーソルを置く)「段組み▼」→「段組の詳細設定」をクリックします。
「段組み▼」→「段組の詳細設定」をクリック
「段組み」ダイアログボックスが開いたら、段組みの「種類」を選択し、サンプル画像の上の「境界線を引く」にチェックを入れます。
段組みダイアログで「境界線を引く」にチェック
段と段の間に境界線が引かれました。
境界線が引かれた段組み

※境界線の色や線種を変えることはできません。(2019年現在)
※3段組み以上で、間隔ごとに境界線の表示非表示を分けることはできません。


文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。