ワード使いこなしの基礎と応用

自動で目次を作る手順とページ番号の修正

レベル設定が完了した文書なら自動で簡単に目次を作れます。その作成手順と、目次ページのページ番号を消して、内容ページのページ番号を「1」から振り直す方法を図解します。

目次


目次の項目に表示する見出しレベルの設定

Wordには既製の文書から自動で目次を作ってくれる機能が備わっています。
ただ、この機能を活用するためには適切な見出しレベルで構成されていることが前提になります。その見出し情報を基に目次の項目が配置されるからです。

以下の記事を参照して、目次項目に表示したい文字列に見出しスタイル(レベルと書式のセット)を設定するか、アウトラインでレベル設定を完了して下さい。
▶Word文書を見出しとナビゲーションで管理
▶長文のWord文書を完璧に作るなら、アウトラインでレベル設定

見出しの設定

目次の作成

見出しレベルの設定が完了したら、目次を表示させてみましょう。
目次はどこにでも作れますが、通常は、1ページ目の冒頭か表題の下、または目次ページを別に設けるケースが多いと思います。

1ページ目の冒頭に目次を表示する場合

最初のページの冒頭に目次を作る場合は、挿入したい箇所をクリックしてカーソルを点滅させます。
ページの冒頭にカーソルを置く
「参考文書」タブのリボン左端にある「目次▼」をクリックして自動作成の2タイプから選びます。違いは目次の表題が「内容」か「目次」かだけなので迷うほどのことはありません。
参考文書タブの目次ボタンをクリックし、自動作成タイプを選択
目次が挿入されます。
挿入された目次
印刷プレビューで見ると、こんな感じです。
印刷プレビューで見た目次

目次ページを設ける場合

前章の「1ページ目の冒頭に目次を表示する場合」と同様にカーソルを置き、「挿入」タブ「ページ」グループの「ページ区切り」をクリックします。
ページ区切りの挿入
新しいページがができたら、「改ページ」の前をクリックしてカーソルを点滅させ、
新しいページの冒頭にカーソルを置く
「参考文書」タブの「目次▼」から自動作成のタイプを選んでクリック。
参考文書タブの目次ボタンをクリックし、自動作成タイプを選択
目次が挿入されました。
新規ページに挿入された目次
印刷プレビューで見てみましょう。
印刷プレビューで見た新規ページの目次
ここで、ちょっとした問題が生じるかもしれません。
文書にページ番号を振っている場合、目次ページを「1」にせず、内容が始まるページに「1」を振る方が自然ですね。
そこで、ページ番号を振り直しておきます。

ページ番号を修正(途中から振り直す)

ページ番号を振るには、「挿入」タブ「ヘッダーとフッター」グループの「ページ番号▼」から表示場所を選択し、更にデザインを選びます。
挿入→ヘッダーとフッター→ページ番号から表示場所とデザインを選択
ここでは表示場所をフッターにしています。

目次ページのページ番号を消す場合

下図のように1ページ目にある目次ページが「1」、内容が始まる次ページが「2」になっている場合に、目次ページの番号を消去して内容ページに「1」から振り直します。
目次ページに「1」の番号が振られている
ページ番号があるエリア(この場合はフッター)の範囲内をダブルクリックします。(※ヘッダーに番号を入れたんならヘッダーをダブルクリック)
フッターをダブルクリック
「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブが出現し、リボンが切り替わったら、「オプション」グループの「先頭ページのみ別指定」にチェックを入れます。
「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブの「先頭ページのみ別指定」をチェック
目次ページの「フッター」の表示が「1ページ目のフッター」に変わり、ページ番号が消えました。
目次ページのフッターが「1ページ目のフッター」に変わる
このまま「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブのリボン左端にある「ページ番号▼」から「ページ番号の書式設定」をクリックします。
「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブの「ページ番号」→「ページ番号の書式設定」をクリック
「ページ番号の書式」ダイアログボックスが開いたら、「連続番号」の「開始番号」をクリックしてオンにし、▼を一つ押して「にします。
ダイアログでページ番号の開始番号を「0」にする
目次ページから番号が無くなり、内容ページの番号が「1」から開始されました。
目次ページの番号が消え、内容ページに「1」が振られた

表紙・目次ページを除き、3ページ目から番号を振る場合

表紙を設けているなら、表紙と目次のページ番号を消して、3ページ目にある内容ページから「1」を振ることになります。
表紙と目次
この場合は、ページ区切りを挿入して「表紙・目次」と「内容」を分断します。
▶セクションの区切り方の詳細
▶ページ番号を文書の途中からセクションごとに振る方法の詳細
内容ページの冒頭をクリックしてカーソルを点滅させ、
ページの冒頭にカーソルを置く
「レイアウト」タブ「ページ設定」グループの「区切り▼」から「現在の位置から開始」を選んでクリック。
レイアウト→ページ設定→区切り→現在の位置から開始をクリック
同じページのフッター範囲をダブルクリックして、編集モードを切り替えます。
ページのフッターをダブルクリック
右端に「前と同じ」と表示されているのは、「表紙・目次」のセクション1とのつながりが継続しているということです。
フッターに「前と同じ」と表示
この継承を断つために、「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブの「ナビゲーション」グループにある「前と同じヘッダー/フッター」をクリックして解除します。
「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブ→ナビゲーション→前と同じヘッダー/フッターを解除
前と同じ」という表示が消えたら、同じリボンの左端にある「ページ番号▼」から「ページ番号の書式設定」をクリックします。
「ヘッダー/フッター ツール」ー「デザイン」タブの「ページ番号」→「ページ番号の書式設定」をクリック
「ページ番号の書式」ダイアログボックスが開いたら、「連続番号」の「開始番号」をクリックしてオンにします。数値は「」になっていると思うので、そのまま「OK」。
ページ番号の書式ダイアログの開始番号をオンにする
ページ番号「3」が「1」になったのを確認したら、表紙か目次のフッターにあるページ番号をドラッグして選択、DeleteキーかBackSpaceで削除します。どちらか一つを削除すれば、もう一方も消えているはずです。
表紙か目次のページ番号を削除
「表紙・目次」のページ番号が消え、内容ページの番号が「1」から振り直されました。
表紙と目次のページ番号が消え、内容ページに「1」から番号が振られた
▶目次の書式(フォントサイズ・インデント・行間・字間)を修正


    文書作成ソフトWordを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や段組み、描画、宛名印刷に関する解説記事とともにご利用下さい。