文字列操作

関数

EXACT関数の使い方|文字列の比較

Excel(エクセル)のEXACTは文字列を比較して一致不一致を判定する関数。EXACT関数と比較演算子の=イコールの違い、「大文字小文字」「全角半角」の比較、日付の比較、数式・数値の比較、正誤を判定する応用、複数の範囲、2つのシートの比較などを図解。
関数

Excel(エクセル)で文字コードを確認するCODE関数/UNICODE関数

Excel(エクセル)のCODE/UNICODEは文字から文字コードを確認する関数。CODEで返るJIS・ASCIIコードとUNICODEで返るUNICODEの違い、改行文字の指定、特殊文字・機械依存文字の文字コードについてなど分かりやすく図解しています。
関数

Excel(エクセル)CHAR関数/UNICHAR関数|改行コードでセル内の文字列を改行

CHARは文字コードから文字を取得する関数です。使用頻度が高いのは改行コードでCHAR(10)で改行文字が取得できます。他の関数の中に改行コードを入れ子して文字列を改行させる、改行させながら文字列を結合させるなどいろいろな使い方があります。
関数

LENB関数の使い方|文字数をバイトで数える

LENBはバイト数を単位にして文字数をカウントする関数。1バイト文字は半角。全角文字は2バイト。LENとLENBを組み合わせ、半角・全角それぞれを数えたり、データの半角(または全角)をチェックできます。LENBで文字数を制限する方法も記載。
関数

LEN関数の使い方|文字数を数える

LENは文字数をカウントする関数です。全角でも半角でも文字の数だけ数えます。他の関数と組み合わせたLENの使い方には全角・半角の文字数をカウント、複数のセル内のカウント、特定の文字のカウント、名前の姓と名を分割して抽出などがあります。
タイトルとURLをコピーしました