TschoolBANK作~るバンク|パソコンで作る!をナビする

表の作り方を実践|初心者が踏み出すExcelの第一歩

表の作り方を実践|初心者が踏み出すExcelの第一歩

簡単な表を作りながら、入力・計算・罫線の引き方など、エクセルの初歩操作を実践してみましょう。
例として、体重体組成計での測定データを表にしていきます。
体重体組成計での測定データ表

「表」作成のプロセス

構成と下準備

「表」を構成するのは主に、「見出し」「データ(値)」「データの計算結果」です。

スポンサーリンク

表の枠を決める
「表」の大枠をイメージしておきましょう。頭の中でイメージしてもいいですが、紙に書いてみるのが一番確かです。
表の最初の列に置く「見出し」を決めます。
体重体組成計で測定するのは「体重・体脂肪率・内臓脂肪レベル・基礎代謝」の4項目。
表データの基準になる項目(この例では「測定日」)は、一番左側A列に置きます。
データから計算する項目(この例では測定値から算出する「BMI」)は、一番右側の列に置きます。

また、個人の測定表なので、別表に「性別・年齢・身長」の固定データを入力します。
表の構成図

「ファイル」タブ→「新規」→「空白のブック」をクリック
「ファイル」タブ→「新規」→「空白のブック」
ブックが開きました。
Excelの空白のブック
Excelの画面構成について確認したい時は、下の記事を参照して下さい。
▶ Excelになつくため最初に覚えるブック・シート・セル

入力する

列(横への項目)に見出しを入力
「表」の「見出し」を1行目に入力していきましょう。
「A1セル」をクリックして選択。選択されたセルの境界線が太線で強調されました。
選択されたセル
「測定日」と入力します。
何文字か入力すると候補が表示されます。この場合、「測定日」が2番目に出てきたのでTabキーを2度押してEnterで確定させます。
見出しの入力操作
列に入力していく時は、Tabキーを押して横へ移動させます。
Tabキーを押してB1セルに移動し、「体重(kg)」と入力。同様にして、「体脂肪率」「内臓脂肪レベル」「基礎代謝」「BMI」まで入力します。
Tabキーを押して横へ移動させながら入力

入力し終えたら、列アルファベットの「A」にマウスでポイントして、ポインタの形が小さな下向き黒矢印になったら右にドラッグ、「F」列までを選択します。
列番号を選択
一番長い見出しの「内臓脂肪レベル」の入った「D」と隣の「E」の境目にポイントし、ポインタが左右両方向の矢印型になったら、右へドラッグして列幅を拡大します。
ドラッグして列幅を拡大
「内臓脂肪レベル」がピッタリ収まる幅でマウスを放すと、他の列も全て、等しい幅になります。
他の列が全て等幅になる

セルのサイズを調整する方法について、もっと詳しく!
▶ 列幅の調整・複数のセル幅を一括で揃える方法
▶ 行の高さを調整・数値を入力して高さを変える

見出しを中央揃え
入力した「見出し」のセル範囲(A1:F1)を選択します。
「見出し」のセル範囲を選択
▶ 複数のセル・特定の範囲のセルを選択する操作いろいろ

「ホーム」タブ「配置」グループ「中央揃え」ボタンをクリックします。
「中央揃え」ボタンをクリック
左寄りだった文字列がセルの中央に配置されました。
見出しの文字列がセルの中央に配置

固定データの表に見出しを入力
別表の「見出し」を入力します。
「H1」セルを選択して、「性別」と入力し、Enterで確定します。
もう一度、Enterキーを押すと、選択セルが一つ下に移動します。
「年齢」と入力、上記と同様にして「身長(m)」まで入力します。
別表の「見出し」を入力
縦への入力移動にはEnterキー、横への入力移動はTabキーと覚えましょう。

スポンサーリンク

行の見出しも「中央揃え」にしておきます。
行の見出しを「中央揃え」

日付を入力
「測定日」に日付を入力します。測定は週1で行うことにします。
「A2」セルに半角英数字で日付を入力。年・月・日をスラッシュ(/)で区切ります。
Enterを押して「A3」セルに移動したら、1週間後の日付を入力。
この2つのセル範囲を選択します。
1週間おきの測定日を2セルに入力し、両方選択
選択範囲のフィルハンドルを下にドラッグしてオートフィルコピーを実行します。
週おきの日付をオートフィルコピー
1週間ごとの日付が連続して入力されました。
1週間ごとの日付が連続して入力

予測可能な連続した値を一気に入力できるオートフィルコピーの操作法は下の記事で詳しく解説しています
▶ 便利機能オートフィルを使いこなそう

データ(数値)を入力
測定値の入力は、日々、1行ずつ行うわけですが、ここではセルへの基本的な入力操作を覚えるという意味で、用意されたデータを転記していきます。
データを入力するセル範囲(B2:E11)を選択します。
データを入力するセル範囲を選択
この選択を解除しないで、このまま入力していきます。
キーボードで「87.02」と打つと、B2セルにその値が入力されます。Tabキーを押すと、C2セルに移動、数値を入力。この操作を繰り返します。
選択された範囲内では、入力→Tab→入力→Tab・・・でデータを入力できます。
選択された範囲内ではTabを押して入力移動できる

数値の小数点を揃える

「体重」のデータの桁が不揃いなので、これを修正しましょう。
縦にドラッグしてセル範囲を選択します。
 縦にドラッグしてセル範囲を選択
「ホーム」タブ「数値」グループの「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタンをクリックします。
「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタンをクリック
桁数は揃いますが、小数点以下が第3位まで表示されているので、今度は、隣りにある「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンをクリックします。
「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンをクリック
全てのデータの小数点以下第2位までで揃いました。
データが小数点以下第2位までで揃った

セルにROUND関数を使った数式を入れて、自動で小数点以下を処理する方法もあります
▶ 小数点を丸める・百円単位や千円単位に揃えるROUND関数の使い方

計算する

Excelの本分は「計算」です。
数式を入力し、算出結果を自動表示する――と聞くと、Excelに慣れていない内は、ちょっと尻込みしちゃうかもしれませんが、とっかかってみると、意外と簡単です。

スポンサーリンク

この例では、肥満度を示すBMI値を算出してみましょう。
関数は使いません。計算の基本「四則演算」で数式を組み立てます。

四則演算についての予備知識を頭に入れたいなら、下の解説へ
▶ Excel計算式の基本(+-×÷)をサラッと覚える

「BMI」の計算式を入れる前に、別表の固定データを入力しておきます。
別表の固定データを入力
「BMI」の計算式は「体重÷身長の二乗」。
最初のセル「F2」を選択して、この数式を入れていきます。

数式を入力する時は、必ず最初に「=(等号・イコール)」を入力します。
これは、Excelで数式を扱う際のお約束です。
数式では必ず最初に「=(等号・イコール)」を入力
続いて、同じ行の「体重」の数値が入ったセルをクリックします。。
「体重」の数値が入ったセルをクリック
「割る」は「/」スラッシュですね。
割る「/」スラッシュを入力
次は、別表の「身長」の数値が入ったセルをクリック。スラッシュの後に「I3」とセル番地が入ります。
「身長」の数値が入ったセルをクリック
ここで、すぐに、F4キーを1回押します。すると、「I3」が「$I$3」に変わりました。
これは「絶対参照」といって、セル参照の形式の一つ。
F4キーを押して絶対参照にする
「絶対参照」とは、平たく言うと、「参照するセルはI3だけ!」という宣言です。
Excelと付き合うために、セル参照を理解することはとても重要です。できれば以下の記事を一読して、この仕組みについて把握して下さい。

使用例を上げて、絶対参照・相対参照・複合参照をどんな時にどうやってどう使うかを詳細に解説しています
▶ 絶対参照・相対参照・複合参照を徹底的にわかりやすく

最後に、「2乗」の数式を「^2」と入力します。
「2乗」の数式を「^2」と入力
「^(べき乗記号)」を使わず、「($I$3*$I$3)」「(身長✕身長)」としても数式として成り立ちます。

これで「BMI」の計算式は完成です。
=B2/$I$3^2」=「体重割る身長の2乗」
または、「=B2/($I$3*$I$3)」=「体重割る(身長掛ける身長)

小数点を四捨五入
Enterで確定させると、数値が入りますが、小数点以下の桁数が多すぎるので、これを四捨五入で丸めます。
小数点以下の桁数を四捨五入で丸める
「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンを数回クリックして、小数点以下第1位まで減らします。
「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンを数回クリック

数式をオートフィルコピー
このセルのフィルハンドルをダブルクリックします。
フィルハンドルをダブルクリック
入力された行まで数式と表示形式がコピーされました。
入力された行まで数式がオートフィルコピーされた

罫線を引く

「表」の見栄えを罫線で整えてみましょう。
※ブックの表示を「ページレイアウト」に変えておくと、罫線のレイアウトが分かりやすいと思います。画面の右下ズームスライダーの隣に並ぶ3つのアイコンの真ん中です。
ブックの表示を「ページレイアウト」に変える

「ホーム」タブ「フォント」グループにある「罫線」ボタンをクリックして、「線の色」をカラーパレットから選択します。
「罫線」ボタンをクリックして「線の色」をカラーパレットから選択
同じく、「線のスタイル」から破線を選択します。
「線のスタイル」から破線を選択
表全体を選択して、「罫線」ボタンから「格子」をクリック
「罫線」ボタンから「格子」をクリック
セルの境界線が全て破線になりました。
セルの境界線が全て破線になった

「見出し」の境界を目立たせるため、「線のスタイル」を「二重線」に変更
「線のスタイル」を「二重線」に変更
マウスポインタがペン型になるので、二重線にしたい線上をなぞるようにドラッグして引いていきます。作業が終わったら、Escキーを押して解除
マウスポインタがペン型になったら、線上をなぞる
同様にして、表の一番上と下の線を実線にします。
また、表の左右の線があると、窮屈な印象なので、これを消します。
「罫線」ボタンから「罫線の削除」をクリック
「罫線」ボタンから「罫線の削除」をクリック
マウスポインタが消しゴム型になるので、線を書く時と同様に線上をなぞるようにドラッグして消していきます。作業が終わったら、Escキーを押して解除
マウスポインタが消しゴム型になったら、線上をなぞる
罫線にはこの他にもいろいろな引き方があります
▶ 罫線の引き方いろいろ基本

最後に、「見出し」のセル範囲をドラッグで選択し、「B」ボタンをクリック
見出しのセル範囲を選択して「B」ボタンをクリック
太字になりました。
見出しが太字になった

「ファイル」タブ→「印刷」で、印刷プレビューを確認します。
「表」の印刷プレビューを確認

見出しのセルに背景色を適用するなら、「ホーム」タブ「フォント」グループにあるバケツ型のボタンをクリックして、カラーパレットから選びます。
バケツ型のボタンをクリックして、カラーパレットからセルの背景色を選択
印刷プレビューで確認します。
印刷プレビューで表の見栄えを確認

「表」と「テーブル」

操作を感覚としてつかむ練習なので、罫線で見栄えも整えましたが、Excelで作る「表」は、本来「データベース」です。
実務で私達が作成するのはデータを淡々と積み重ねていく「表」で、他の作業――デザイン、計算、検索、抽出などはExcelが代行してくれます。その代行作業を請け負う機能が「テーブル」です。
「表」の枠組み(見出しの構築)まで完了したらテーブル化し、データ入力から先はテーブル機能をフルに使って流れるように作業できます。

実務で「表」作成に取り掛かるなら、迷わずに「テーブル」の使い方を習得することをお勧めします。以下の記事では、テーブル化の意義、利点から詳細な使い方までを図解しています。
▶ Excelの表はテーブルにすべき!メリット・設定・使い方