B0サイズについて詳細解説

B0サイズについて詳細解説
紙のサイズ

B0サイズについて詳細解説|cm・px・inch・比較・解像度・設定

ここではB0のサイズ規格・寸法、解像度、A0サイズ・B1サイズとの比較、B0のサイズ感、Photoshop・IllustratorのアプリケーションでB0ファイルを設定する方法などを分かりやすく図解します。

B0サイズより大きい紙は無い?

用紙にはA判とB判があり、A判は面積1㎡を基準に、B判は面積1.5㎡を基準に規格されています。A判よりB判の方が大きいわけですね。
B0はB判の基準となるサイズで、規格の用紙の中で最大の大きさです。B0より大きいサイズは特別に誂えた規格外の紙しか無いでしょう。

日本で「B0」と言えば日本独自の規格「B0 JIS(日本工業規格)」ですが、もう一つ、世界標準規格の「B0 ISO(国際標準化機構)」というサイズがあり、日本版より少し小さめです。

紙のサイズ(A判・B判の規格)についての詳細は以下の記事をご覧下さい。大きさの一覧、B判についても解説しています。

紙のサイズ|A判・B判の規格と大きさ一覧
紙のサイズには国際標準規格のA判(A3・A4・A5…)とJISが定めた日本独自規格のB判(B4・B5…)があり、どちらも縦横の比率が1:√2(ルート2)となる「白銀比」です。A判・B判の用紙サイズ・特徴・使い途などをまとめています

B判は「B0」「B1」「B2」・・「B8」と続きます。「B1」は「B0」のちょうど半分のサイズです。
用紙サイズのJIS規格B判

コピー用紙で使用する「B4」サイズが16枚で「B0」の大きさになります。
「B4」サイズが16枚で「B0」の大きさ
また、「B5」サイズが32枚で「B0」の大きさになります。
「B5」サイズが32枚で「B0」の大きさ

B0サイズとA0、B1サイズの比較

「A判」と「B判」の大きさの違いは同じ番号「0」同士で比較するとよく分かります。
下は「A0」サイズと「B0」サイズを重ねて比較した図です。「B0」のハーフサイズの「B1」も置いてあります。
B0サイズとA0、B1サイズの比較
「A0」は「B1」より一回りほど大きいですが、この2つはかなり近いサイズです。「B0」は「A0」より二回り以上大きいサイズです。
ポスターサイズにはいろいろありますが、駅構内に貼られたポスターの中で一番大きく見えたら、それがおそらく「B0」判です。

B0用紙のサイズ感は?

B0用紙のサイズ感の目安にするとすれば、駅の構内や映画館、ショップの前などで見かける立て看板・ポスター・パネルが大概A1サイズかB1サイズですから、大きめの立て看板を2枚並べればほぼB0サイズということになります。
B0とB1の立て看板2枚との比較
また、小学校高学年の男子の平均身長がほぼB0サイズの長辺に相当します。
B0の長辺はほぼ12歳男子の平均身長

B0用紙のサイズ縦横の大きさは何cm?

B0の短辺は103.0cm(1030mm)
B0の長辺は145.6cm(1456mm)

B0のサイズ縦横の大きさ(cm)

B0の縦横の比率

B0の縦横比は1:√2(ルート2)

B0の縦横の比率
√2(ルート2)は「1.41421356(ひとよひとよにひとみごろ)」の語呂合わせで覚えましたね。
この比率は「白銀比」と呼ばれ、半分にしても縦横比が変わりません。寸法に無駄がなく、安定感があり、人の目にとても均整の取れた長方形と映ります。他のB判の紙も全て「白銀比」です。

B0用紙のサイズ縦横の大きさは何インチ?

B0の短辺は40.551in(インチ)
B0の長辺は57.323in(インチ)
B0の対角線は70.217in(インチ)

「インチ」という単位は日本では採用されていないため、あまり馴染みがありませんが、イギリス・アメリカではインチ換算が主流です。
因みに、1インチ≒2.54センチ 1センチ≒0.393インチ となります。

B0サイズの画像・ファイルの解像度

パソコンでB0のファイルを作成するとき、特に画像を扱う際には出力・印刷を考慮して解像度を適正に設定する必要があります。

B0の解像度とpx(ピクセル)値

解像度とは「dpi(ディーピーアイ)dot per inch(dot/inch)」を単位とする、画像のキメ細かさの数値です。

ppi(ピーピーアイ)pixel per inch(pixel/inch)」も同等の意味で用いられ、デジタル画像の解像度は本来ならppiで表記するのが正解です。ただ、「dpi」という単位の方が浸透しており、dpiとppiを厳密に分けて扱うとこんがらがるので一般的には300dpi=300ppi相当という解釈でOKだと思います。

画像は細かい格子状か小さな点描で表現されており、その最小の四角い点が「1画素=1px(ピクセル)」で、最小の丸い点が「1dot(ドット)」です。解像度とは、1インチの中にpx(ピクセル)またはdot(ドット)がどれだけあるかを表した数値で、解像度が高くなれば画像の鮮明度が上がり、低くなれば画質が荒くなります。
解像度が高くなれば画像の鮮明度が上がり、低くなれば画質が荒くなる

画質が良くなると言っても、いたずらに解像度を上げればデータが重くなるだけです。例えば、写真データが重いと、Photoshopなどでの作業効率が悪くなります。
また、人間が目視で認識できる画質には限界があり、家庭用のプリンターでは解像度300dpiでも600dpiでも印刷結果に差はありません。

画像の印刷に適したB0サイズの解像度(ピクセル)

※単位はdpiで統一しています。

  • 【300dpi】
    家庭用プリンターの標準解像度、印刷サービスで推奨される最低解像度
    B0の短辺:12165px B0の長辺:17197px
  • 【350dpi】
    印刷サービスで推奨される標準解像度
    B0の短辺:14192px B0の長辺:20063px

B0サイズの設定

主なアプリケーションソフトでB0のファイルを設定する方法です。

Excel(エクセル)/Word(ワード)/Powerpoint(パワーポイント)での設定

ExcelでB0サイズを設定するためにはB0対応のプリンターと接続されている必要があり、Wordでは55.87cm以上、Powerpointは142.24cm以上のファイル設定はできませんので、B0サイズの指定は不可能です。

印刷会社にデータを入稿する場合はB4サイズでデータを作り、依頼先でB0サイズに拡大印刷してもらいましょう。B0が出力できる機種ならB4サイズのWordデータからB0サイズにスムーズに拡大印刷できるプラグインが装備されていると思います。

Photoshop(フォトショップ)/Illustrator(イラストレーター)でB0サイズを設定する

  • Photoshop(フォトショップ)/Illustrator(イラストレーター)を起動すると初期画面が開きます。
  • プリセットのリストには「B0」はないので、初期画面右端の「プリセットの詳細」でB0サイズの幅と高さの数値(1030mm、1456mm)を指定します。
    「プリセットの詳細」でB0サイズの幅と高さの数値(1030mm、1456mm)を指定
  • 「作成」ボタンをクリックします。
  • B0サイズのファイルが作成されます。

B0サイズの郵送

B0サイズのポスターや地図を丸めて定形・定形外で郵送することはできません。
市販されているポスターケースに入れて「ゆうパック」で送るなら、郵便料金は2500円以上になると思います。

タイトルとURLをコピーしました