Officeソフトで作~る

Office2013(Word・Excel・Powerpoint)の個人用テンプレートを保存・使用する手順

ベースになる部分など何度も使い回したいファイルを自分用のテンプレートとして保存する手順と、保存しておいたテンプレートを利用して新たなファイルを作成する手順を説明していきます。

目次


作成したファイルを個人用テンプレートとして保存する

この操作はWord・Excel・Powerpoint共に同じです。

スポンサーリンク

ファイル1タブを開き、左サイドメニューの「名前を付けて保存」をクリックします。
Officeのファイルから名前を付けて保存
切り替わった右ページの「コンピューター」をクリック。
パワーポイント画面
ダイアログボックスが開いたら、ファイルの種類▼から、「テンプレート」を選びます。
保存するファイルの種類を選択
各ソフトのファイルの種類と拡張子は以下の通りです。
Word・Excel・Powerpointのテンプレートの各名称と拡張子
ファイルの種類にテンプレートを選んだ瞬間に、ドキュメント内に自動的に作成された「Officeのカスタムテンプレート」というフォルダに移動するので、ファイル名を付けたら「保存」をクリックして完了です。
Officeのカスタムテンプレート

個人用テンプレートから新規ファイルを作成する

ファイル2タブを開き、左サイドメニューの「新規」をクリック、切り替わった右ページのお勧めのテンプレート横にある「個人用」という小さな文字をクリックします。Wordファイルの新規
さらにページ内が切り替わり、自分が保存しておいたテンプレートの一覧が表示されるので、その中から利用したいテンプレートを選んでダブルクリックします。Wordの個人用テンプレート
選んだテンプレートが新規ファイルとして開きますから、編集作業を開始しましょう。

スポンサーリンク


    パソコンを購入すると標準装備されていることの多いOfficeのソフト。 中でも高機能表計算Excel=エクセルと文書作成Word=ワードはOfficeを代表する2大ソフトで、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも実に有用。エクセル、ワード、そしてプレゼンテーション作成ソフトのPowerPoint=パワーポイントを活用すれば、あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザインのサンプル、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビしていきます