Excel使いこなしの基礎と応用

タイトル行とタイトル列を指定して印刷

2枚目以降のページにも先頭行の見出しや、No.、顧客名などの項目を入れて印刷する方法を図解します。見出しがないと何のデータだか分からなくなる表を、数ページに分割して印刷する場合に役立つ操作です。

目次


「タイトル行」の設定で列見出しを固定する

縦に長い表を数ページに分けて印刷する場合の設定です。
先頭行に並ぶ見出しを2ページ以降でも印刷されるようにします。
縦に長い表を数ページに分けて印刷
※ 印刷範囲、改ページの設定は既に完了しています。
▶改ページで印刷範囲を区切る

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループの「印刷タイトル」ボタンをクリックします。
「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループの「印刷タイトル」ボタン
「ページ設定」ダイアログの「シート」タブが開きます。
「印刷タイトル」の「タイトル行」の縮小ボタン(上向き矢印)をクリック。
「ページ設定」ダイアログ「シート」タブ
全てのページに固定して印刷したい先頭行を選択します。
固定して印刷したい先頭行を選択
再度縮小ボタンを押してダイアログに戻り、「OK」。
「ページ設定」ダイアログに戻って「OK」
印刷プレビューで2ページ目以降にも列見出しが表示されているかを確認しましょう。
印刷プレビューで2ページ目以降の列見出しの表示を確認
※ 表の向きや余白など、印刷レイアウトに関わる設定も必要に応じて行います。
▶Excel文書をミスなく印刷する基本設定

「タイトル列」の設定で行項目を固定する

次は、横に長い表を数ページに分けて印刷する場合です。
横に長い表を数ページに分けて印刷
▶改ページで印刷範囲を区切る

前章と同じ操作で「ページ設定」ダイアログの「シート」タブを開き、「印刷タイトル」の「タイトル列」の縮小ボタン(上向き矢印)をクリック。
ここでは「コード」と「氏名」の行を固定表示させたいので、A、B列を選択して指定します。
「印刷タイトル」の「タイトル列」に固定したい列範囲を指定
再度、縮小ボタンを押してダイアログに戻ります。
「ページ設定」ダイアログに戻る
印刷プレビューで2ページ目以降にも「コード」と「氏名」が表示されているかを確認しましょう。
印刷プレビューで2ページ目以降の固定項目の表示を確認
※ 表の向きや余白など、印刷レイアウトに関わる設定も必要に応じて行います。
▶Excel文書をミスなく印刷する基本設定

列見出し・行項目の両方を固定する

縦横に展開する大きな表を数ページに分けて印刷する場合は、列見出しと行項目の両方を表示させます。
縦横に展開する大きな表を数ページに分けて印刷
▶改ページで印刷範囲を区切る

前章と同じ操作で「ページ設定」ダイアログの「シート」タブを開き、「印刷タイトル」の「タイトル行」と「タイトル列」に前章、前々章で指定した先頭行と左端2列を指定します。
「タイトル行」と「タイトル列」に先頭行と左端2列を指定
印刷プレビューで2ページ目以降にも列見出しと行項目が表示されているかを確認。
印刷プレビューで2ページ目以降の列見出しと行項目の表示を確認
※ 表の向きや余白など、印刷レイアウトに関わる設定も必要に応じて行います。
▶Excel文書をミスなく印刷する基本設定

特定の範囲を指定し、列見出し(行項目)を入れて印刷する

表の中の特定の範囲を抜き出して、列見出しと行項目を付けて印刷する設定です。

コード「A-130」から「A-149」までの住所データだけを範囲選択します。
▶印刷範囲の設定と修正、取り消しの操作
住所データだけを範囲選択
ページレイアウト」タブの「ページ設定」グループ「印刷範囲▼」から「印刷範囲の設定」をクリックします。
「ページ設定」グループ「印刷範囲▼」から「印刷範囲の設定」をクリック
前章と同じ操作で「ページ設定」ダイアログの「シート」タブを開き、「印刷タイトル」の「タイトル行」と「タイトル列」に先頭行と左端2列を指定します。
タイトル行:$1:$1(1行目全体)
タイトル列:$A:$B
(A列とB列全体)

「タイトル行」と「タイトル列」に先頭行と左端2列を指定
印刷プレビューで確認します。
印刷プレビューで指定範囲に固定見出しと項目が入っているか確認
▶Excel文書をミスなく印刷する基本設定


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。