Excel使いこなしの基礎と応用

ファイルのパスをヘッダーかフッターに入れて印刷する

「この資料の元データはどのフォルダに入ってたっけ?」という状況は結構ありがち。こんな時のためにヘッダーかフッターにファイル-パスを印刷しておくと役立ちます。

目次


ファイル-パスって何?

ファイルの「パス」とはファイルの保存場所を辿る道標(みちしるべ)です。住所と同じですね。パソコン内のどの場所に格納されているかをナビしてくれます。(※ファイルがクラウドなどにある場合はURLが表示されます)

例えば、「D:\Office\顧客情報」というファイル-パスは「DドライブOfficeフォルダに入った顧客情報という名前のファイル」であることを示しています。
ファイルの格納図
このファイルにアクセスする時は、「ファイル」タブ →「開く」 →「参照」 →「ローカルディスク(D:)」 →「Office」フォルダと辿っていけばいいわけですね。

ヘッダー/フッターにファイル-パスを挿入

印刷物の「ヘッダー」か「フッター」にファイルパスを入れておくのは、元データを参照する必要がでてきた時に探し回らずに済むからです。
フッターにファイルパスを印刷した例

ヘッダー/フッター」の領域にアプローチするには幾つかの方法があります。

「ヘッダー/フッター ツール」で実行

挿入」タブを開き、「テキスト」グループにある「ヘッダーとフッター」ボタンをクリックします。
挿入タブ→テキスト→ヘッダーとフッターをクリック
リボンに「ヘッダー/フッター ツール」が出現し、ページの上方と下方に「ヘッダー」と「フッター」の領域が表示されます。この時点ではヘッダー領域の中央部がアクティブになっていて、カーソルが点滅しています。
ヘッダー/フッター ツールが出現
フッターにファイルパスを入れたいなら、「ナビゲーション」グループにある「フッターに移動」をクリック。
フッターに移動ボタン
フッター領域に移動したら、ファイルパスを表示させたい位置のエリアをクリック。
フッターのファイルパスの表示位置をクリック
ヘッダー/フッター要素」グループの「ファイルのパス」をクリック。
「ファイルのパス」ボタン
フッターにファイルパスを表示させるコードが挿入されました。
ファイルパスのコード挿入
任意の場所をクリックしてフッターの選択を解くと、ファイルのパスが表示されます。
ファイルパスの表示

「ページレイアウト」表示から実行

表示」タブ左端にある「ブックの表示」グループの「ページレイアウト」をクリックすることでも、ヘッダー・フッター領域を表示させられます。
表示をページレイアウトにする
「ページレイアウト」表示になったシート上の「ヘッダーを追加」または、「フッターを追加」をクリックします。
ヘッダーを追加かフッターの追加をクリック
ヘッダー、またはフッター領域がアクティブになり、リボンに「ヘッダー/フッター ツール」が出現します。後の操作は前章と同じです。
▶「ページ設定」ダイアログボックスでヘッダー/フッターを編集する


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。