Excel使いこなしの基礎と応用

ピボットテーブルの集計方法|合計と並べて個数・平均・最大(小)値・標準偏差を表示

ピボットテーブルに集計方法を様々に変えた集計列を表示させる手順の解説です。「合計」の横に、データの「個数」「平均」「最大(小)値」「標準偏差」を並べていくには、「値フィールドの設定」を操作します。集計値の「表示形式(小数点以下の桁数や桁区切りの使用)」もここから変更できます。

目次


「値フィールドの設定」で集計方法を変える

「合計」以外の集計列を表に置きたい時は、「値フィールドの設定」または「フィールドの設定」画面を開きます。

スポンサーリンク

値フィールドの設定」画面は、ピボットテーブルのフィールド名をダブルクリックすると開きます。
ピボットテーブルのフィールド名をダブルクリック
また、「ピボットテーブルのフィールド」作業ウィンドウで、「」エリアに配置されたフィールド名▼をクリックするとメニューから「値フィールドの設定」を選ぶこともできます。
ピボットテーブルのフィールド作業ウィンドウでフィールド名をクリックしてメニューから値フィールドの設定画面を開く
または、「ピボットテーブル ツール」→「分析」の「フィールドの設定」ボタンをクリックして開くこともできます。
フィールドの設定ボタンをクリック

「合計」の横にデータの「個数」を並べて表示

下図のようなピボットテーブルで、「合計/金額」列の右横に並べて、方法が異なる集計を表示させることにします。
サンプルに使うピボットテーブル
このピボットテーブルの作業ウィンドウの「」エリアには「金額」フィールドが既に配置されています。この下に、同じ「金額」フィールドをドラッグします。
ピボットテーブルのフィールド作業ウィンドウで同じ「金額」フィールドを値エリアにドラッグ
合計/金額2」というフィールド名で配置されました。

スポンサーリンク

※値エリアでフィールドが複数並んでも、行・列エリアでのように階層を示唆することにはなりません。単に列の並び順を示すだけです。
「合計/金額2」が配置される
ピボットテーブルの方も、「合計/金額」の隣に「合計/金額2」ができてますね。
ピボットテーブルに集計列が追加された
この新しい集計列の集計方法を変更します。
作業ウィンドウに戻り、「合計/金額2」をクリック、メニューから「値フィールドの設定」を選択、ダイアログを開きます。
「値フィールドの設定」ダイアログは2つのタブで分けられています。最初に開く「集計方法」タブで「合計」以外の集計方法をリストから選択できます。
値フィールドの設定の画面
ここでは、請け負った案件の個数を表示することにして、「合計」のひとつ下の「個数」を選択しましょう。
値フィールドの設定の集計方法で「個数」をクリック
名前の指定」の小窓にある名称も適宜、変えておきます。ここは、「件数」に変えました。
値フィールドの設定で名前を「件数」に変更
ピボットテーブルで「件数」が集計されました。
請け負った案件の数が集計された

 

平均・最大(小)値・標準偏差を並べて表示

次は「平均」「最大値」「最小値」 「標準偏差」を表示させてみます。
あるクラスの5科目のテストの点数のデータ表から、下図のようにシンプルなピボットテーブルを作成しました。
テストの点数表からピボットテーブルを作成
手順は前章の「個数」の場合と同じです。
」エリアの「合計/点数」の下に同じフィールドを4回ドラッグして配置。
ピボットテーブルのフィールド作業ウィンドウで点数フィールドを4回ドラッグ
合計/点数2」をクリック、メニューから「値フィールドの設定」を開いて「集計方法」を「平均」に変更、名前を「平均点」に修正します。
値フィールドの設定で集計方法を「平均」に、名前を「平均点」に修正
同じく、「合計/点数3」を「最大値」、「合計/点数4」を「最小値」に変更。それぞれ「最高点」「最低点」と名称を修正。
値フィールドの設定で集計方法を「最大値」「最小値」に、名前を「最高点」「最低点」に修正
最後の「合計/点数5」は「標準偏差」に変更します。
値フィールドの設定で集計方法を「標準偏差」に、名前を「標準偏差」に修正
標準偏差とはデータのばらつき度を示す数値で、単に平均点を基準にして状況を測るより実態を正確に把握できます。数値が低ければクラス全体の優劣や理解度に差がないということ、数値が高ければクラスの学力が偏向しているということで、クラス編成や授業内容の見直しを判断する指針にできます。

表示形式の修正:小数点以下の桁数・桁区切りの表示

ピボットテーブルは下図のようになりましたが、「標準偏差」の小数点以下の桁数が長過ぎなので、表示形式を変更します。
最後の集計列が標準偏差に変更された
ピボットテーブルのフィールド名「標準偏差」をダブルクリック
値フィールドの設定」が開いたら、画面左下にある「表示形式」をクリック。
標準偏差をダブルクリック、値フィールドの設定が開いたら、表示形式をクリック
「セルの書式設定」ー「表示形式」画面が開きます。
「分類」で「数値」をクリック、「小数点以下の桁数」を「」に変更。
表示形式で数値の小数点以下の桁数を2に変更
「平均点」の小数点以下は1桁に設定。「合計/点数」の「総計」に桁区切りを入れました。
表示形式の数値で「桁区切りを使用する」にチェック
以上、「集計方法」を変更して、異なる集計列「データの個数」「平均」「最大(小)値」「標準偏差」を並べる手順をまとめました。
合計の横に「データの個数」「平均」「最大(小)値」「標準偏差」が並んだピボットテーブル


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。