Excel使いこなしの基礎と応用

ピボットテーブル|集計アイテムを挿入する基本手順

「集計アイテム」は、あるフィールドに、項目単位で集計したオリジナルなアイテムを追加する機能です。ここでは、同種の項目の総計に対し、個別の項目ごとの構成比を表示させる例題で、集計アイテム挿入の基本操作を解説していきます。

目次


集計アイテムを呼び出す前のセルの選択が地味に重要

下図の集計表の中で、「WEB制作」に係る項目の総計に対し、「スタンダード」「プレミアム」「格安」の各プランごとの構成比を表示させたいと思います。
集計アイテムを追加するピボットテーブル

まず、集計アイテムを追加したいフィールド、及びその項目の一つを選択します。
この最初の手順は重要です。前記事の集計アイテムがうまくいかない事例と対処法で解説しましたが、集計値のセルを選択した状態では機能自体を呼び出せません。
「商品」というフィールドに集計アイテムを追加したいと思うなら、下図の赤枠で囲った範囲内のセルを選択しておく必要があります。
集計アイテムを呼び出す前に選択するセルの範囲

集計アイテムの挿入ダイアログボックス

上述したセルを選択した状態で、「ピボットテーブル ツール」ー「分析」の「計算方法」グループにある「フィールド/アイテム/セット▼」を押して「集計アイテム」をクリック。
フィールド/アイテム/セットの「集計アイテム」をクリック
”商品”への集計アイテムの挿入」と題したダイアログボックスが開きます。
左側の「フィールド」では「商品」が選択され、その配下のアイテムが右側のボックスに一覧表示されていますね。
”商品”への集計アイテムの挿入ダイアログにフィールドとアイテムのリストが表示
ここでの作業は「名前」を入力することと「数式」を組み立てることです。

「総計」の集計アイテム

最初に比率の基になる「WEB制作」の総計を集計アイテムとして追加します。

スポンサーリンク

ピボットテーブルに表示される項目の「名前」を入力します。「WEB制作|総計」としておきました。
集計アイテムの挿入ダイアログで「名前」を入力
次に、「数式」の小窓に入っている「0」を消去、「=」の後にカーソルを置いた状態で「WEB制作・スタンダード」をダブルクリックするか、選択して「アイテムの挿入」ボタンをクリック。アイテム名が数式に表示されたら、「+」を入力。
”商品”への集計アイテムの挿入ダイアログで名前を変更し、数式にアイテムを入力
その後に続けて「WEB制作・プレミアム」をダブルクリック、「+」を入力、「WEB制作・格安」をダブルクリック。
WEB制作・スタンダード+WEB制作・プレミアム+WEB制作・格安」という式が入りました。※「= SUM(WEB制作・スタンダード,WEB制作・プレミアム,WEB制作・格安)」としてもOK
これで「WEB制作」の3つのプランを加算する数式が成立したので、「追加」ボタンをクリックします。
”商品”への集計アイテムの挿入ダイアログで数式を入力し終えたら「追加」をクリック
「追加」をクリックすると「アイテム」のリストが空になりますが、「フィールド」の「商品」を再度選択すると表示されます。※表示されない時は、他のフィールド名を何度かクリックしてみて下さい。
「アイテム」のリストを一番下までスクロールすると、「WEB制作|総計」が追加されたことが確認できます。
アイテムに追加した集計アイテムの名前が追加された

「構成比」の集計アイテム

ダイアログは閉じずに、このまま次の作業へ移ります。

スポンサーリンク

「名前」と「数式」には先程の入力値がまだ残っているので、これを「=」を除いて削除し、「WEB制作|総計」に対する「スタンダード」の構成比を表示させる集計アイテムを新たに設定します。
新しい集計アイテムを設定するため、前の入力値を消去
「名前」を「スタンダード|構成比」とし、「数式」の「=」の後にカーソルを置いて、「アイテム」の「WEB制作・スタンダード」をダブルクリックして入力、続けて「/」、更に続けて新規追加した「WEB制作|総計」をダブルクリックします。
「数式」に「=WEB制作・スタンダード/‘WEB制作|総計’」と入りました。
「数式」に「=WEB制作・スタンダード/'WEB制作|総計'」と入力
ここで、ひとまず「OK」してみましょう。
設定した2つの集計アイテムが行ラベルの末尾に表示されました。
列項目に追加した集計アイテムが表示された
構成比の値の表示形式を「%」に変えましょう。
数値上で右クリック→メニューの「値フィールドの設定」ではなく、「セルの書式設定」→「表示形式」で「パーセンテージ」を選びます。「値フィールドの設定」で表示形式を変更すると、金額の列の値が全て「%」になってしまうので要注意。
セルの書式設定の表示形式でパーセンテージを指定

最終行の「総計」は邪魔なだけなので非表示にしておきましょう。「ピボットテーブル ツール」ー「デザイン」の「レイアウト」グループにある「総計▼」のプルダウンメニューから「行と列の集計を行わない」をクリックします。
「ピボットテーブル ツール」ー「デザイン」の「総計」で「行と列の集計を行わない」をクリック

「プレミアム」と「格安」も同様の操作で集計アイテムを追加します。
分かりやすくするため、追加した4行の集計アイテムに塗り潰しと罫線を適用しました。
集計アイテムを追加したピボットテーブル

集計アイテム込みでグループ化

他の項目も同種の「キャラクター」と「ロゴ」に分けて、「WEB制作」と同じ手順で集計アイテムを追加しました。
他の商品でも集計アイテムを追加
このままでもいいかもしれませんが、せっかくなので同種ごとにグループ化して表の体裁をもう一段整えてみましょう。
「WEB制作」関連を、追加した集計アイテム(総計・構成比)も含めて選択し、「ピボットテーブル ツール」ー「分析」にある「グループの選択」をクリック。
同種のアイテムを選択し、「グループの選択」をクリック
「キャラクター」、「ロゴ」関連も同様にグループ化。
残りの2分類もグループ化
グループ1~3の名前を修正して、WEB制作の書式を他の2グループにコピペ、罫線の追加などを適宜行って完了です。
集計アイテムを追加後にグループ化したピボットテーブル
▶ピボットテーブルのグループ化についてはこちらで詳しく
▶集計アイテムと集計フィールドの違いを徹底解説
次は、▶クロス集計表で列ラベルにも集計アイテムを追加する実例


高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。