積み上げ棒グラフ|縦棒・横棒・100 の作り方

積み上げ棒グラフ
Excelグラフ

Excel(エクセル)積み上げ棒グラフ
横・縦・100 の作り方

積み上げ棒は項目別の割合を一本の棒に配分するグラフです。数値をそのまま積み上げる縦棒・横棒グラフは合計値の比較もできます。高さ・幅を揃えた100%縦棒・横棒グラフは項目別の割合を一目で明確に示すことができます。

積み上げ棒グラフを作る基本操作

データの元表を開き、項目名とデータの数値の範囲をドラッグで選択します。
元表の項目名とデータの数値の範囲をドラッグで選択
Excelを「挿入」タブに切り替えます。「グラフ」グループに並ぶアイコンの中から「縦棒/横棒グラフの挿入」を選んでクリック。
挿入タブグラフグループの「縦棒/横棒グラフの挿入」ボタンをクリック
積み上げ棒グラフの8種類は中央にならんでいます。ここから選んでクリックすればグラフの原型が作れます。
「縦棒/横棒グラフの挿入」一覧の積み上げ棒8種類

フラットなデザインの「2-D積み上げ棒グラフ」は以下の4種類です。
「2-D積み上げ棒グラフ」の4種類

立体的ななデザインの「3-D積み上げ棒グラフ」は以下の4種類です。
「3-D積み上げ棒グラフ」の4種類

グラフのラベルを表示する

作成したグラフを選択するとリボンが「グラフのデザイン」タブに切り替わります。
グラフ用のリボン
グラフの編集はほぼここにある機能と作業ウィンドウで操作できます。
例えば色分けした棒の中に数値などのラベルを表示させたい時は、「グラフ要素を追加」→「データラベル」→「中央」をクリックします。
データラベルを表示させる

グラフのラベルを置き換える

グラフラベルは系列名や分類名に置き換えることもできます。
グラフラベルをクリックして選択すると作業ウィンドウが「データラベルの書式設定」に切り替わります。
作業ウィンドウが開いていない時はラベルを右クリックしてメニューから開いて下さい。
「データラベルの書式設定」を開く
作業ウィンドウの「ラベルオプション」→「ラベルの内容」のチェックで表示内容を置き換えます。下図の一番上は系列名を、次は分類名を、一番下には分類名と数値を「改行」して表示させています。
「ラベルオプション」→「ラベルの内容」のチェックで表示を変更
「セルの値」を選択すれば、任意のセルの内容を表示させることもできます。

グラフを積み上げる順序を変える

「グラフのデザイン」タブの「データの選択」をクリックして「データソースの選択」ダイアログボックスを開きます。
「データの選択」をクリック
並んでいる系列名・分類名から位置を修正したい項目をクリックして選択し、「▼」を移動させたい数だけ押します。
「データソースの選択」ダイアログボックスで位置を入れ替える
グラフの積み上げ順序が入れ替わりました。
グラフの積み上げ順序が入れ替わった

1本の積み上げ棒で比率を示す

1本の積み上げ棒を色分けして比率を分かりやすく見せたいと思ってグラフを作成すると、下図のように普通の棒グラフになってしまいます。
1本の積み上げ棒を作ろうとすると普通の棒グラフになる
この場合は、グラフを選択して「グラフのデザイン」タブの「行/列の切り替え」ボタンをクリックします。
「行/列の切り替え」ボタンをクリック
きれいに色分けされた1本の積み上げ棒が作成できました。
1本の積み上げ棒が作成

合計も比較できる積み上げ縦棒/横棒グラフ

データの数値をそのまま積み上げる縦棒・横棒グラフは合計値の比較もできます。例えば店舗別に月ごとの売上データを色分けして積み上げることで、年間の総売上も並べて比較できるわけです。

積み上げ縦棒に2軸で折れ線を追加して合計を表示させる

合計の数値を積み上げ棒グラフに反映させるためには、元表に「合計」の欄を追加し、範囲をコピーします。
元表の合計のデータをコピー
グラフエリアにペーストすると、「合計」の系列が上積みされます。一番上の黄色の系列ですね。
グラフに合計データをペースト、「合計」の系列が上積みされる
グラフを選択して「グラフのデザイン」タブの「グラフの種類の変更」をクリックします。
「グラフの種類の変更」をクリック
「グラフの種類の変更」ダイアログボックスが開いたら、最下部にある窓を下へスクロールして「合計」のグラフの種類を「折れ線グラフ」に変更します。
「合計」のグラフの種類を「折れ線グラフ」に変更
折れ線に変わった合計系列を選択して右クリック、「枠線」から「枠線なし」をクリックして折れ線を消します。
「枠線」を「枠線なし」にして折れ線を消す
合計系列を選択すると、作業ウィンドウが「データラベルの書式設定」に切り替わります。作業ウィンドウが開いてなければ、右クリック→「データラベルの書式設定」をクリックして開きます。
「データラベルの書式設定」をクリック
「データラベルの書式設定」作業ウィンドウの「ラベルの位置」を「上」にします。
「ラベルの位置」を「上」
合計の数値が積み上げ棒の上に表示されました。系列名の「合計」はダブルクリックで選択してDeleteキーで削除します。
積み上げ棒の上に合計の数値が表示された
もう一段分かりやすくさせたいなら、右クリック→「データラベル図形の変更」でデザインを工夫してみましょう。
「データラベル図形の変更」でデザインを編集

積み上げ横棒に2軸で集合横棒を追加して合計を表示させる

合計の数値を積み上げ棒グラフに反映させるためには折れ線は使えません。
元表の「合計」の範囲をコピーし、グラフエリアにペースト、「合計」の系列を上積みします。
積み上げ横棒に合計系列を追加
グラフを選択して「グラフのデザイン」タブの「グラフの種類の変更」をクリックします。
「グラフの種類の変更」をクリック
「グラフの種類の変更」ダイアログボックスが開いたら、最下部にある窓を下へスクロールして「合計」のグラフの種類を「集合横棒」に変更し、その右横の「第2軸」にチェックを入れます。
「合計」のグラフの種類を「集合横棒」に変更し、その右横の「第2軸」にチェック
合計系列が積み上げ横棒グラフを覆うように重なります。
合計系列が積み上げ横棒グラフを覆うように重なる
この合計系列を選択して右クリック、「塗りつぶし」を「塗りつぶしなし」に設定して消します。
「塗りつぶし」を「塗りつぶしなし」に設定
合計系列のラベルを選択して、「データラベルの書式設定」作業ウィンドウを開き、「ラベルの位置」を「外側上」に設定します。
「ラベルの位置」を「外側上」に設定
系列名の「合計」と数値軸はそれぞれ選択してDeleteキーで削除します。
「合計」と数値軸はそれぞれ選択してDeleteキーで削除
縦棒と同じように、右クリック→「データラベル図形の変更」でデザインを工夫してみました。
「データラベル図形の変更」でデザインを編集

比率を明示する100%積み上げ縦棒/横棒グラフ

100%積み上げ棒は構成比を表現するのに適したグラフです。その点は円グラフとも似ていますが、100%積み上げ棒は複数の構成比を並べて更に比較することができます。
100%積み上げ棒グラフ

データラベルにパーセンテージを表示する

100%積み上げ棒にデータの数値ではなく、パーセンテージで比率を表示させたい場合があると思います。
元表を複製して数値をクリアし、空になった最初のセルに構成比を求める数式「=項目別の数値のセル÷合計値のセル」を入力、合計のセル番地を絶対参照(F4を一度押す)にします
複製した表の最初のセルに構成比を求める数式を入力
「ホーム」タブの「数値」グループにある「%」をクリックして表示形式をパーセンテージに替えます。
「%」をクリックして表示形式をパーセンテージに替える
データの範囲までフィルコピー。
データの範囲までフィルコピー
パーセンテージの表から100%積み上げ棒グラフを作成し、データラベルを表示させます。
パーセンテージの表から100%積み上げ棒グラフを作成

100%積み上げ棒グラフに区分線を表示する

100%積み上げ棒で割合の比較を更に明らかにさせる小道具が「区分線」です。
実装方法は簡単で、グラフを選択→「グラフのデザイン」タブに切り替え→「グラフのレイアウト」グループにある「グラフ要素の追加」→「線」→「区分線」をクリックします。
「グラフ要素の追加」→「線」→「区分線」をクリック
デフォルトでは薄いグレーの実線ですが、区分線を選択して「区分線の書式設定」ダイアログから様々なスタイルの区分線にカスタマイズできます。
区分線の編集

ExcelExcel(エクセル)グラフ 記事一覧

タイトルとURLをコピーしました