XOR関数の使い方|揃うとFALSE、不揃いでTRUE

Excel(エクセル)XOR関数の使い方

Excel(エクセル)XOR関数の使い方|揃うとFALSE、不揃いでTRUE

XOR関数について、その使い方をできるだけ分かりやすく解説しています。

使用関数:XOR

XOR(エクスクルーシブオアまたはエックス・オア)関数とは?

XORはXがExclusive(排他的)の略語で、ORは「論理和」を意味します。XORのExcelの解説には「排他的論理和を返す」とあり、条件を加算するOR関数の変形版と言えます。

XOR関数は奇数の条件が満たされているかどうかを判定します。
条件は比較演算子(等号=、不等号< >)を使って指定し、返されるのは論理値「TRUE(肯定・条件は満たされている)」または「FALSE(否定・条件は満たされていない)」です。

論理式が2つあった場合、どちらか一方が合致すればTRUE、両方とも一致か両方とも不一致だとFALSEを返します。3つ以上の場合は奇数が一致したらTRUEを返し、偶数だとFALSEになります。

IF関数と組み合わせれば、判定結果を文字列で自由にカスタマイズすることができます。

XOR関数の論理式に使う「以上・以下・未満」などを示す等号=・不等号< >の表記一覧

  • = イコール。等しい。一致する
    【表記例】B2=350
  • <> 異なる。一致しない
    【表記例】B2<>350
  • > 大きい。一致を含まない
    【表記例】 B2>350
  • < 小さい。未満。一致を含まない
    【表記例】 B2<350
  • >= 以上。一致を含む
    【表記例】 B2>=350
  • <= 以下。一致を含む
    【表記例】 B2<=350

日付を比較演算子(等号=、不等号< >)で指定する例

  • > 古い日付。一致を含まない
    【表記例】 B2>”2022/5/1″
  • < 新しい日付。未満。一致を含まない
    【表記例】 B2<“2022/5/1”
  • >= 古い日付。一致を含む
    【表記例】 B2>=”2022/5/1″
  • <= 新しい日付。一致を含む
    【表記例】 B2<=”2022/5/1″

文字列を比較演算子(等号=、不等号< >)で指定する例

  • = イコール。等しい。一致する
    【表記例】B2=”合格”
  • <> 異なる。一致しない
    【表記例】B2<>”合格”

XOR関数の仲間AND・OR・NOT関数について

論理関数のAND・OR・NOT・XORは真(TRUE)偽(FALSE)で演算する論理演算からのグループです。

簡単に図で示すと以下のようになります。
AND・OR・NOT・XOR関数のイメージ

XOR関数の引数と書式

「数式」タブ「関数ライブラリ」→「論理」→ XORをクリックします。
「関数ライブラリ」→「論理」→XOR
XOR関数の引数は「論理式1」が必須で、「論理式2」以降は任意です。~「論理式254」までの指定が可能です。

XOR関数の書式の構成はこうなります。
XOR関数の書式の構成

XOR関数の基本的な使い方

では、実際にXOR関数を使ってみましょう。

1次試験と2次試験の点数表があり、既に両方とも350点以上は合格、両方とも350点以下は不合格が決まっています。どちらか一方が350点以上であった場合のみ再試験が受けられます。この再試験資格をXOR関数で割り出してみましょう。
再試験資格をXOR関数で割り出す表

第一引数「論理式1」の指定

「再試験資格」の最初のセルを選択してXOR関数の引数ダイアログボックスを開き、「論理式1」を以上・以下・未満などの等号(=)・不等号(< >)を使って指定します。

この例では、1時試験の最初のセルをクリックで入力し、続けて「>=350」と入力します。B2>=350」は「B2セルにある1次試験の点数が350点以上なら」という論理式です。
XOR関数の引数「論理式1」にB2>=350と入力

第二引数「論理式2」の指定

「論理式2」には2次試験の点数が入ったC2セルをクリックし、続けて「>=350」と入力します。C2>=350」は「C2セルにある2次試験の点数が350点以上なら」という論理式です。
XOR関数の引数「論理式2」にC2>=350と入力

「再試験資格」の列範囲をオートフィルコピーで埋めます。1次と2次試験のどちらか一方だけが350点以上である行にだけTRUEが返っています。
XOR関数の結果

IF関数にXOR関数をネストして判定を特定の文字列で表示

前章ではXOR関数を使って判定結果を取得しましたが、TRUEとFALSEの結果表示では分かりやすいデータとは言えません。多くの場合、IF関数にネストして、一目で判定結果が見て取れるようにします。

IF関数の引数「論理式」に前章で組み立てたXOR関数「XOR(B2>=350,C2>=350)」をネストし、「真の場合」「偽の場合」にそれぞれ好きな文字列を指定します。文字列は「“”」で括る必要がありますが、ダイアログでは引数の入力後にTabキーを押して確定させると「””」は自動で入ります。

ここでは「真の場合」は文字列で「再試験」、「偽の場合」は空白になるよう指定しました。
IF関数にXOR関数をネストしたダイアログの指定

データの最後までオートフィルコピーすれば、XOR関数の判定結果がIF関数に指定した文字列で表示されます。
XOR関数の判定結果がIF関数に指定した文字列で表示された

最終的な数式 =IF(XOR(B2>=350,C2>=350),“再試験”,“”)

IF関数の使い方は以下の記事に詳細にまとめてあります

IF関数の使い方を徹底ガイド
ExcelのIF関数の使い方を初心者にも分かりやすく、徹底ガイドします。IF関数で条件を指定するコツ、等号・不等号で数値の以上・以下の指定方法、IF関数で複数条件の指定方法、計算式をネストせず、3つ、4つの複数条件を指定できる関数など。IFの関数一覧も掲載。
XOR関数の使い方 まとめ
  • XOR関数は、論理式が2つあった場合、どちらか一方が合致すればTRUE、両方とも一致か両方とも不一致だとFALSEを返します
  • 3つ以上の場合は奇数が一致したらTRUEを返し、偶数だとFALSEになります
  • 多くの場合、XOR関数はIF関数にネストして判定結果を文字列で表示させます
  • AND関数、OR関数、NOT関数、XOR関数は論理演算のグループです
タイトルとURLをコピーしました